キャバクラから昼職に就職
2024.05.31

【キャバクラを辞めさせてくれない】元キャバ嬢に聞いた退店トラブルやその対処法を解説!

元々キャバクラで働いていた過去を持つ女性数名に、実際にあった退店時のエピソードを聞いてみました。

 

本記事では、そんな元キャバ嬢からの生の声を元に、キャバクラを辞めさせてくれない理由やよくある退店トラブル、また引き止められた際の対処法などを解説します。

キャバクラを辞めさせてくれないということはあるの?その理由とは

 

実際、キャバクラの退店の相談をした際、引き止められて簡単に辞めさせてくれなかったという実態はあるようです。

 

辞めさせてくれない理由として「 キャストが足りない 」や「 他の店舗に人気の子を取られたくない 」などが挙げられます。

 

辞めさせてくれない理由や、起こり得る退店トラブルを理解しておくと、対処しやすいかもしれません。

よくあるキャバクラ退店トラブルとは?

 

よく耳にする退店トラブルや、元キャバ嬢が実際に体験したエピソードを聞き、どのようなことが起こり得るのかをご紹介します。

退店の意思を伝えると時給を下げられる

 

退店の意思を伝えたあと、給料を東京都のアルバイトの最低賃金まで下げられたと教えてくれたYさん。

 

働いていたときから薬物問題があったり、連絡を返さないなら大学まで行くと脅されたりと、いろいろトラブルが多かったお店だったようです。

 

また、1ヶ月以上前に退店の申し出をしているのに、無理矢理理由をつけられて給料が払われないなどのケースも、実は少なくありません。

 

入店前に信頼できるお店かどうか見極めるのはなかなか難しいですが、評判をチェックしたり働いているキャストに聞いてみるなど、慎重にお店選びをすることも退店トラブルを防ぐためには重要です。

 

悪い噂を流される

 

元キャバ嬢のYさんは、ただ仲が良かっただけの店員さんと風紀してる( 業界用語で、お店のキャストと男性スタッフが恋愛関係になること )と疑われ問題にされたとのこと。

 

夜職を卒業して昼職への転職をするのであればあまり気にしなくて良いかもしれませんが、噂が広まりやすい夜の世界でほかのお店に移動することが難しくなるように、わざと悪い噂を流されてしまうということもあるようです。

退店ではなく掛け持ちの提案をされる

 

今回聞いてみた元キャバ嬢のKさんの場合、昼職との掛け持ちの提案をされて引き止められたそうです。

 

これは大きなトラブルではありませんが、想定外の提案をされることもあるようなので、頭に入れておくと良いでしょう。

 

ただ実際に、まずは昼職と掛け持ちすることから始めて、段階を踏んで辞めていくというやり方もあります。

 

過去記事では、昼職と夜職をバレずに掛け持ちする方法を紹介しています。

また、掛け持ちを隠すことなくいられる副業OKの昼職求人も多数取り扱っています。

罰金を請求される

 

退店時だけでなく、欠勤時にも罰金の支払いを命じてくるお店は少なくないでしょう。

しかし実は、夜職でよくあるこの「 罰金制度 」は、法律上は違法です。

 

労働基準法第十六条で、「 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。 」と定められているため、キャストから罰金を支払わせるお店は罰則の対象となるのです。

 

そのようなトラブルになった場合、労働基準監督署に相談しましょう。

 

参考:労働基準法( 昭和22年04月07日法律第49号) – 厚生労働省

キャバクラを円満に辞めるための対処法

 

実際に起こり得る退店トラブルなどをご紹介してきましたが、ここではキャバクラを円満に辞めるための対処法を解説します。

正直な理由を伝えて誠意を見せる

 

退店の際は「 昼職に転職したい 」や「 転居のため出勤が難しくなった 」など、正直な理由を伝えるのがおすすめです。

 

仮にお店に対する不満などが理由の場合も、できるだけポジティブな理由に転換して伝えられると、円満に退店することができます。

 

例えば、お店での人間関係のストレスが退店理由である場合でも、次の職が決まっていれば「 他にチャレンジしてみたいことができた 」などの理由に転換すると、受け手も応援してくれたりスムーズに了承してくれるでしょう。

退店希望日の1ヶ月以上前に伝えておく

 

夜職に限らず、退職の意思が固まっている場合は、早めに職場に伝えることをおすすめします。

キャバクラでは、新たなキャストを募集するなどお店側の準備も必要になります。

退店トラブルの実態も前述しましたが、できるだけ余裕を持って「 ◯月に◯◯の理由で辞めます。 」と、正直に伝えると、了承してもらえて円満に退店できる場合がほとんどです。

 

過去記事では、キャバクラをトラブルを起こさず辞める方法についても解説しています。

 

キャバクラを辞めたい方必見!トラブルを起こさず辞めるための準備

それでも辞めさせてくれない場合は・・・

 

退職代行を利用したり、弁護士への相談することも検討すると良いでしょう。

退職代行は年々認知度が高まってきており、利用者も増えてきています。

 

キャバクラの退店に必要なやり取りを代行してくれるため、依頼をしてから2週間程度で退店が完了します。

夜職に特化した退職代行会社も出てきているので、どうしても辞めさせてくれない場合は利用を検討してみましょう。

 

辞め方に迷ったり、辞める前に転職先を探しておきたいという方は、お気軽に昼JOBにご相談ください。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。