ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2023.08.29

昼職と夜職の掛け持ちがバレないためには?おすすめの昼職と対策を解説

今より収入が欲しい、将来的に夜職から昼職に転職したいなどの理由で昼職と夜職の掛け持ちを考えている方もいらっしゃると思います。

昼職と夜職は勤務時間が異なるのでスケジュールの調整がしやすく、掛け持ちをしている方は実際多いですが、体力面や身バレなど不安な要素も多いですよね。

そんなお悩みを解決するために、この記事では夜職との掛け持ちにおすすめな昼職、昼職と夜職を掛け持ちする上で心がけたいこと、昼職と夜職の掛け持ちがバレないコツなどをご紹介します。

昼職と夜職の掛け持ちはできるの?

昼職と夜職の掛け持ちは基本的に可能です。
ただし、会社の規則で副業が禁止されている場合は昼職、夜職問わず仕事を掛け持ちすることができません。

副業が禁止されているにも関わらず仕事を掛け持ちしていることが会社にバレてしまった場合、最悪解雇される可能性もありますので、会社の規則は必ず守りましょう。

昼職と夜職を掛け持ちすることのメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は併せてご確認ください。

▶昼職しながら夜職はできる?掛け持ちのメリットとデメリットを紹介

夜職との掛け持ちにおすすめな昼職

夜職と昼職の掛け持ちを考える上で一番重要なのは仕事選びです。

人によっては昼職と夜職をはしごして働くことを考えている方もいらっしゃると思うので、昼職を選ぶ際は「体力的な負担が少なく、残業が少ない」仕事を選ぶのがおすすめです。

夜職との掛け持ちにおすすめな昼職を3つご紹介します。

事務職

夜職との掛け持ちにおすすめな昼職1つ目は「事務職」です。
事務職とは、データの入力や書類の作成、電話や来客の対応など会社の運営をサポートするお仕事です。

事務職はデスクワークメインのため体力的な負担が少なく会社によりますが、基本的に事務職は残業が少なく、定時に退社することができます。
そのため、平日に昼職と夜職をはしごして働きたいと考えている方におすすめです。

接客販売職

夜職との掛け持ちにおすすめな昼職2つ目は「接客販売職」です。
接客販売職とは、お客様に対して対面で商品を販売するお仕事です。

接客販売職はシフト制を採用しているお店が多く、夜職とのスケジュール調整がしやすいことが魅力です。

また、出勤時間が遅めに設定されているお店が多いので、前日夜職に出勤したとしても少し時間に余裕ができます。

システムエンジニア職

夜職との掛け持ちにおすすめな昼職3つ目は「システムエンジニア職」です。
システムエンジニア職とは、一言で説明するとシステムを開発するお仕事です。

システムエンジニア職はテレワーク制度を採用している会社が多く、通勤時間が短縮できるため他の職種より時間に融通がききやすいことが魅力です。

また、システムエンジニアのような技術職は経験を積むことで将来的に独立も目指せるので、働き方次第で高い自由度を手に入れることができます。

昼職と夜職を掛け持ちする上で心がけたいこと

昼職と夜職の掛け持ちには収入アップなど様々なメリットがありますが、その分負担も大きいです。
無理をして体を壊してしまっては元も子もないので、オーバーワークは禁物です。

昼職と夜職を掛け持ちする上で心がけたいことをご紹介します。
ぜひ昼職と夜職の両立をするための参考にしてください。

昼職と夜職どちらを優先するのか考える

「昼職と夜職どちらも頑張って働きたい」方もいらっしゃると思いますが、掛け持ちのスケジュールの調整をする上で優先順位をつけなければならないこともあります。

昼職と夜職どちらを軸にするかによって働き方や求める収入も変わってくるので、本業をどちらにするか決めておきましょう。

昼職を本業にする場合、夜職はノルマのないお店や副業キャストの多いお店を選ぶと良いでしょう。

ノルマのあるお店や夜職一本で働いているキャストの多いお店は、どうしても周囲との温度差を感じる機会が多くなってしまうのでおすすめできません。

夜職を本業にする場合、昼職は雇用形態を工夫したり、時間に融通の利く仕事を選んだりすると良いでしょう。

無理のない勤務スケジュールを組む

昼職と夜職は勤務時間が被っていないので掛け持ちしやすいですが、時間があいているからとつい無理なスケジュールを組んでしまうこともあります。

はじめのうちは頑張れても後々無理がたたって体調を崩してしまったり、精神的に余裕がなくなってしまったり、いずれ限界がきます。

副業の方の出勤日数を週1〜2日程度にして調整するなど、メインの仕事に支障をきたさない程度の無理のないスケジュールを組みましょう。

また、週に1日は必ず完全オフの日を設けるなど自分の中で休息ルールを作り、ハードワークを防ぎましょう。
休息は心身の健康は勿論、仕事のパフォーマンスを上げるためにも大事なことです。

残業の少ない昼職を選ぶ

昼職と夜職を掛け持ちするのであれば、残業の少ない昼職を選びましょう。
事務職などは他の職業に比べて残業が少ないのでおすすめです。

また、普段は残業が少ない仕事であっても、業界によっては繁忙期の忙しさが尋常ではないお仕事もあるので、昼職を選ぶ際は職種だけでなく業界選びも慎重に行いましょう。

掛け持ちの負担が少ない夜職を選ぶ

昼職と夜職を掛け持ちするのであれば、掛け持ちの負担が少ない夜職を選びましょう。
例えば、同伴やアフターがなかったり売上ノルマが緩かったりするお店などが、比較的掛け持ち時の負担が少ない夜職になります。

昼職と夜職の掛け持ちがバレないコツ

昼職と夜職の掛け持ちをしていることを上司や同僚、お客様にバレたくないとお考えの方は多いです。
昼職と夜職の掛け持ちがバレないコツをご紹介します。

掛け持ち先から離れた職場を選ぶ

昼職と夜職の職場同士の距離が近い場合、職場にうっかり掛け持ち先の上司や同僚、お客様が来店してしまう可能性があります。

職場間の距離が離れていると昼職と夜職をはしごして働く際は負担になりますが、リスクを考えると、ある程度移動時間は妥協した方が良いでしょう。

また、客引きをしなければならないお店は立っているところを知り合いに見られてしまう可能性があるので避けた方が良いです。

夜職での顔出しをなるべく控える

夜職は職種やお店にもよりますが、SNSの稼働やお店のホームページに顔写真を掲載することを求められる場合があります。

昼職の職場の人やクライアントにバレてしまうリスクを考慮して、顔出しはなるべく控えたほうが良いです。
どうしても顔出しが必要な場合は加工で顔の一部を隠すことをおすすめします。

掛け持ちをしていることを周囲に言わない

噂話はどう回るかわかりません。
どれだけ信用している人であっても、昼職と夜職を掛け持ちしていることをむやみに周囲の人に話さないようにしましょう。

身バレしそうな情報や写真をSNSや日記に載せない

夜職は職種やお店にもよりますが、SNSの稼働や日記の投稿を求められることがあります。

投稿内容に親しみやすさを持たせるためにプライベートな情報を入れる方は一定数いらっしゃいますが、住んでいる地域や職場が特定されるような内容は控えましょう。

プライベート用のSNSにも昼職と夜職の掛け持ちをにおわせるような投稿(仕事の愚痴、仕事用のSNSで投稿した内容と似た内容を投稿するなど)はしないほうが良いです。

また、私物やネイルなどから身バレする可能性もあるので、写真を投稿する際は十分注意しましょう。

副業を疑われるような言動をしない

夜職の掛け持ちを疑われるような言動は控えたほうが良いです。

例えば、高いお酒に詳しい、ハイブランドのアイテムを大量に持っているなどは夜職を掛け持ちしているのではないかと疑われる可能性あります。

昼職と夜職の掛け持ちをする場合は昼職への転職を視野に入れておく

夜職は「一生の仕事にできるのは限られた一部の人間だけ」といわれるほど人の入れ替わりが激しい業界です。

昼職と夜職の掛け持ちをする場合は、将来的に夜職を引退して昼職一本で生活していく可能性が高いことを視野にいれておいた方が良いでしょう。

夜職から昼職への転職を考えている方はぜひ「昼ジョブ」にご相談ください。
昼ジョブは夜職経験者の昼職への転職支援に特化した転職エージェントです。

昼ジョブには夜職経験のあるエージェントが多数在籍しているため、夜職経験者にしか分からない悩みや不安を相談しながら一緒にキャリアプランを考えることができます。

また、昼ジョブに掲載されている求人情報の全ては応募者が夜職経験者であることが前提なので、履歴書や面接で経歴を隠す必要はありません。

夜職経験が採用のマイナス要素にならないよう、夜職をしていた経歴を隠すべきかどうかで悩まれている方にも安心してご応募いただけます。

ご興味のある方は、ぜひ実際の求人情報をチェックしてみてください。
※昼ジョブのご利用はこちらから

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。