ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2024.01.03

夜の仕事への世間からのイメージとは?昼職への転職の注意点も紹介

夜の仕事は世間からどのようなイメージを持たれているのでしょうか。
夜の仕事をしていることを周囲の人に言いづらいと感じている方も多いと思います。

また、夜の仕事から昼職に転職する際にはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

そこで今回の記事では、夜の仕事に対する世間からのイメージや昼職へ転職する際の注意点について解説します。

夜の仕事はイメージが悪い?

夜の仕事は世間からどのようなイメージを持たれているのでしょうか。

最近では、夜の仕事に対する世間からの偏見が少なくなっている一方で、一部の方の中では現在でも夜の仕事に対する悪いイメージが残っている傾向があります。

そのため、夜の仕事をしている方や過去にしていた方は偏見を持たれることを恐れて、夜の仕事での経験を隠しているという方も少なくありません。

しかし、昼職への転職をする際に夜の仕事での経験が良いイメージを持たれることも多くあります。
夜の仕事を経験している方は、昼職でも活用できるスキルを多く持っている傾向があり、昼職でも重宝される人材になれる可能性が高いです。

夜の仕事が持たれている悪いイメージ

現在でも夜の仕事に対して偏見を持っている方は一定数存在します。
夜の仕事は偏見を持たれやすく、インターネットなどで憶測を持たれてしまうことも多いです。

この項目では、夜の仕事が世間から持たれている悪いイメージについてご紹介します。

枕営業をしている

夜の仕事をしている方は、お金のために枕営業をしているという偏見があります。

実際には店舗で枕営業を禁止していることが多く、夜の仕事をしている方の中で枕営業をしている方は少ないです。
また、妊娠や病気などのリスクがあることから夜の仕事をしている方に枕営業は避けられている傾向があります。

夜の仕事をしている方が枕営業をしているという偏見は、漫画や映画などの描写の影響を受けて持たれていることが多いです。

教養がない

夜の仕事をしている方は、教養がないと思われてしまう傾向があります。

一般的に夜の仕事をするために学歴は必要とされていないため、夜の仕事をしていることで教養がないと思われてしまうことが多いです。

学歴は必要ない一方で、実際に業務上ではさまざまなスキルが重要視されています。
言葉遣いや礼儀作法などのマナーを始めとして、お客様の興味のある話題を勉強するなど、夜の仕事は教養がない方には難しい仕事内容となっています。

お金の使い方が派手

夜の仕事をしている方は、一般的な昼職の方よりも多くのお金を稼いでいることから、お金の使い方が派手であるというイメージを持たれています。

実際に夜の仕事をしている方の中にはお金遣いが派手な方も多く、自身のブランディングのためにブランド品を多く所持している方もいます。

しかしお金の使い方は人それぞれであり、将来の夢や目標のために貯蓄をしている方も多いです。

人を騙してお金を稼いでいる

夜の仕事は、お客様との疑似恋愛を通してお客様に多くのお金を使わせるといったイメージを持たれることがあります。

そのため、お客様を騙してお金を稼ぐ商売として悪いイメージを持っている方もいます。

しかし、そのようなイメージは漫画やドラマなどに先行されていることが多く、実際に人を騙してお金を稼ぐという事実はありません。

お客様がサービスに対してお金を支払う夜の仕事は立派なビジネスとして成り立っており、人を騙してお金を稼ぐというイメージからは大きくかけ離れています。

夜の仕事への悪いイメージを軽減する方法

夜の仕事への偏見を完全になくすことは難しい一方で、偏見を緩和するためにはいくつかの方法があります。

この項目では、夜の仕事への悪いイメージを軽減する方法についてご紹介します。

教養や礼儀作法を学ぶ

夜の仕事への悪いイメージの1つとして、教養なさや礼儀作法がなっていないことが挙げられます。

教養や礼儀作法を学ぶことで、夜の仕事でのお客様や他のキャストだけではなく、周りの友人などからも一目置かれるようになります。

人として尊敬されるような教養や礼儀作法を学び、偏見を緩和できるようにしましょう。

生活水準に注意する

夜の仕事は、一般的な昼職に比べて多くの給料を稼ぐことができる傾向があり、生活水準が上がりやすいです。
生活水準が上がることで金銭感覚も変化し、周囲の人からの偏見を持たれやすくなってしまいます。

また、普通一度上がってしまった生活水準は元に戻すことが難しいと言われています。
そのため、収入が下がってしまった場合でも今まで通りの生活を過ごすことによって、最終的には自己破産に追い込まれてしまうこともあります。

偏見を緩和するためだけではなく、将来のためにも生活水準の上げすぎには充分に注意するようにしましょう。

一般常識を守る

日常生活を送る上で、社会のルールや常識は守りましょう。
一般常識がない方は周囲の方から偏見を持たれやすい傾向があります。

夜の仕事をしている方は、昼職をしている方と生活リズムが異なっていることが多いです。
そのため、特にマンションに住んでいる方などは、騒音に注意することやゴミ出しの時間を守るなど最低限のルールを守るようにしましょう。

夜の仕事から昼職へ転職をする際の注意点

夜の仕事は、勤務の時間帯や給与などが昼職と異なっていることに影響して、転職する際にはいくつかの注意点があります。

この項目では、夜の仕事から昼職へ転職をする際の注意点についてご紹介します。

夜の仕事に悪いイメージを持っている企業を避ける

企業によっては、夜の仕事に対する悪いイメージを持っていることがあります。
そのような企業では、転職活動時に夜の仕事での経験がマイナス要素に働く可能性が高く、採用を見送られてしまうことも多いです。

夜の仕事に悪いイメージを持っている企業として、堅いイメージの企業やイメージを重視している企業、職歴重視の企業などがあります。
一方でベンチャー企業は、夜の仕事に対する偏見が少ない傾向にあり、転職活動をする際にはおすすめです。

転職活動をする際には事前に企業を充分に調べて、夜の仕事に悪いイメージを持っている企業は避けるようにしましょう。

生活リズムを整える

一般的に夜の仕事の勤務時間は当日の夜から翌日の深夜までありますが、昼職の勤務時間は日中とされています。
そのため、昼職に転職を検討している方は生活リズムを昼職に合わせるようにしましょう。

また、昼職の面接も同様に面接時間が日中に設けられていることが多いです。
夜の仕事をしながら転職活動をしている方は、生活リズムを整えることが難しいため特に注意してください。

金銭感覚に気を付ける

昼職に転職する際には金銭感覚に注意しましょう。

一般的に昼職の給料は、夜の仕事で得ていた給料よりも少ない傾向があります。
そのため、夜の仕事をしていた時と同じ金銭感覚を持つことで、昼職への転職後に生活が苦しくなってしまう方も多いです。

支出を管理するなど、昼職で働く前に金銭感覚を昼職に合わせましょう。

夜の仕事から昼職へ転職をする際のコツ

昼職へ転職活動をする際には様々なコツがあります。

自分の適性を活かして昼職へ転職をしたいと考えている方は、是非この項目を参考にしてください。

自己PRの方法を工夫する

昼職の就職活動をする際には自己PRの方法を工夫しましょう。

面接では応募者の自己PRを元に職場での活躍を想像することが多いです。
そのため、夜の仕事での経験をして継続したことや昼職で活かすことができるスキルなどを中心に自己PRをすることが効果的です。

また、自己PRでは複数人で協力して達成したことをアピールすることがおすすめです。
多くの昼職の職場では、対人や集団としての協調性が欠かせないため、人との関係性において成し遂げた出来事もアピールするようにしましょう。

また、自分の強みが分からないという方は、自己分析を行って自分の価値観や強みを明らかにすることをおすすめします。

また、下記の記事では昼職の面接マナーについてご紹介しています。
面接のマナーを知らない方やマナーに不安を抱えている人は、是非併せてご確認ください。

▶昼職の面接マナーとは?面接のマナーや面接に受かるコツを紹介

資格やスキルを取得する

資格やスキルの取得によって転職活動を優位に進めることができます。
転職したい昼職の職種が決まっている人は、それに合わせた資格やスキルを取得することがおすすめです。

また、日本では転職に役立つスキルを無料で身に付けることができる公的制度として、職業訓練校が設けられています。
事務やIT系など様々な職種に対応しているため、転職に向けたスキルの取得を目指している方にはおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、自分の適性や希望に合わせた転職活動のサポートを行ってもらうことができます。

一般に公開していない求人を紹介して貰えることもあるため、転職に手詰まりしている方は転職エージェントの利用をおすすめします。

また、転職エージェントの中には夜の仕事を経験している人に特化した転職エージェントも存在します。
夜の仕事ならではのお悩みがある方は、是非一度利用してみることをおすすめします。

夜の仕事から昼職への転職をするなら「昼ジョブ」

夜の仕事から昼職への転職を検討している方は、「昼ジョブ」がおすすめです。
昼ジョブは、夜の仕事を経験している方が昼職に転職するためのサポートに特化した転職エージェントです。

昼ジョブでは、応募者の夜の仕事での経験を前提として全国の求人を多数紹介しています。
そのため、夜の仕事での経験がマイナス要素になることはなく、履歴書や面接で夜の仕事を経験していることを隠す必要もありません。

無料相談や適性診断も行っているので、興味のある方は是非ホームページをご覧ください。
※昼ジョブのご利用はこちらから

まとめ

今回の記事では、夜の仕事に対する世間からのイメージや昼職へ転職する際の注意点について解説しました。

夜の仕事を始めとして特定の職業に対する偏見は少なくなっている一方、一部の企業では夜の仕事に対する悪いイメージが残っている傾向があります。

昼職へ転職する際には、生活リズムや金銭感覚を整えた上で、自分が受ける企業の分析を慎重に行うようにしましょう。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×