ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2023.03.20

ガールズバーをやめたい方必見!やめたい時にする準備と理由の伝え方

「ガールズバーを辞めたい」という方も多いと思いますが、辞める際にはできるだけトラブルを起こさずスムーズにやめたいですよね。

実はガールズバーをスムーズに辞めるためには、辞めるための準備をしておくことと辞めたい理由の伝え方を工夫することが重要になります。

今回は、ガールズバーをやめたいと思った時にしておくべき準備と辞める際に伝える理由とその伝え方について紹介します。

ガールズバーを辞めたいと思った時にする準備

辞めることを決めたら辞めるための準備をしておくと安心です。
ガールズバーをやめたいと思った時にする準備をご紹介します。

入店時の契約書を確認する

入店時にサインした契約書には、退店する際の規約が記載されている場合があるため、ガールズバーを辞めたいと思った時にはまず最初に契約書を確認しましょう。

契約書に退店時の規約が記載されていた場合は、その規約に則って退店手続きを進めるようにしてください。

契約書を失くしてしまった場合は、信用できる同僚に聞いてみたり、辞めることを伝えずに契約書を再発行していただいたりするとよいでしょう。

辞めたい時期を決める

お店を辞めるためには店長やオーナーに辞める旨を伝える必要があります。

自分が辞めたい時期を明確に決めておくことで、何日までに店長やオーナーへ辞めることを伝えるべきか予定を立てやすくなります。

転職を考えている時は気持ちが次の職場に向かっているため、辞める時期を決めることを後回しにしがちです。

しかし、辞める時期を決めておかないと次の仕事の初出勤日に影響が出てしまうため、辞める時期についてはできるだけ具体的かつ早めに決めておくことが大切です。

辞めたい理由を深堀しておく

店長やオーナーに辞めたい意思を伝えた際、多くのの場合で辞めたい理由を聞かれます。

理由を聞かれた際に、何となく、友達がやめたからなど曖昧な理由だと引き留められてしまう可能性があります。
そのため、なぜガールズバーをやめたいと思ったのか理由を深堀しておきましょう。

正直な理由を話すことはもちろんですが納得してもらえなさそうな場合は、親や恋人にバレてしまったから引っ越すからなど、お店がしょうがないと思ってもらえる理由を伝えるのもひとつの方法です。

シフト数を減らしておく

ガールズバーをやめたいと思ったら、徐々にシフト数を減らしておくようにしましょう。

出勤が少ないキャストは辞めても売上に影響がありませんが、出勤数が多いキャストが急に辞めてしまうとお店の運営が大変になるため引き留められてしまうないケースが多いです。

シフトを減らしておくと、あなたが辞める影響や店長やオーナーからの期待を少なくすることができ、やめやすくすることができる傾向にあります。

逆に最後だからと出勤を増やしてしまうと、「この調子で来月も頼むね!」と続けさせられてしまう可能性が高いので注意しましょう。

家族や友人に相談しておく

夜の仕事を辞める時には、しつこく引き止められたり、脅されたりなどトラブルが起こりやすい傾向にあります。

そのため、ガールズバーで働いていることを家族や友人に話している方は、もしもの事態に備えてガールズバーを辞めることを伝えておくと安心です。

事情を知っている家族や友人であれば、トラブルが起こった際にアドバイスをくれたり、助けてくれたりしてもらえる可能性があります。

転職先を探しておく

ガールズバーを辞める前に転職先を探しておくとよいです。

転職先を探さずにガールズバーをやめてしまった場合、次の仕事が決まるまで収入が無くなるため貯金を切り崩して生活をしなければなりません。

転職活動は早くても1ヵ月程度かかることが多いので、辞める前に転職先を探しておくことで少しでも生活費を抑えることができ、精神的にも金銭的にも余裕をもってガールズバーを辞めることができます。

転職先をお探しの方は、ぜひ「昼ジョブ」にご相談ください。
昼ジョブは夜職経験者に特化した転職エージェントのため、夜職経験のある方に適性のある求人を多数取り扱っています。

夜職経験のあるエージェントも在籍しており、夜職経験者にしか分からない不安や悩みについて相談しながら、転職活動を進めることが可能です。

ご興味のある方はまずこちらから昼ジョブがご紹介している求人をチェックしてみてください。
※「昼ジョブ」がご紹介している求人情報はこちらから

具体的に考えよう!ガールズバーをやめたい理由

お店にやめたい意思を伝えると、必ずといっていいほどやめたい理由について詳しく聞かれます。

理由を聞かれた際に、答えに詰まってしまわないよう具体的な理由をあらかじめ考えておきましょう。

親にバレた

ガールズバーをやめたいと思った時、多くのキャストが辞めるための口実に使うのが「親にバレた」です。

親がやめろと言っているにも関わらずお店を辞めることを認めない場合、お店が訴えられてしまう可能性もあるため、お店側は従う事しかできずスムーズにやめられる傾向にあります。

「スマホを見られてしまい親にバレてしまいました」、「名詞を見られてしまい怒られて、辞めるように言われました」などバレてしまった経緯を合わせて伝えるのがポイントです。

恋人が出来た

恋人が出来たという理由も、ガールズバーをやめたい時に伝えるおすすめの理由です。

お店は「恋人に反対されてでも、働き続けろ」とは言う事ができないため、「親にバレたから」と同じようにスムーズに辞めることができる可能性が高いです。

ストレスを感じるようになった

ガールズバーで働き始めるとお酒を飲むことが増えたり、夜型の生活になったり、男性の喜ぶ接客をしなければならなったりとストレスが溜まりやすくなります。

しかし、「ストレスを感じるのでやめたい」と伝えても「それは皆同じだから」と引き止められてしまったり、受け流されてしまうケースが多いです。

そのため、「ストレスから体調不良が続き出勤することが難しい」、「病院に行ったら過重なストレスがかかっていると診断された」など、お店側が「それならしょうがないか」と納得するように伝えるのがポイントです。

やりたいことが見つかった

ガールズバーで働いている内に、本当にやりたいことが見つかったからやめたい方も多いでしょう。

その場合は、「~に挑戦したいのですがガールズバーとの両立が難しいのでやめさせてください」など具体的な目標を交え応援してもらえるようにするのがポイントです。

ガールズバーを辞める時の伝え方

ガールズバーを辞める時の伝え方について、状況別にご紹介します。

直接会って伝える場合

店長やオーナーと直接会って、辞めることを伝える場合は以下のような流れになるでしょう。

・自分「今少しお時間よろしいですか?」
   「お店をやめさせて貰いたいのですが、、、」

・店長「やめたいと思った理由とかある?」

・自分「実は親にガールズバーで働いていることがバレてしまって、やめなさいと怒られてしまったのでやめさせて頂きたいです。」

・店長「それならしょうがないね、いつまでシフトに入れる?」

電話で伝える場合

時間が合わない場合や、直接会って伝えるのが怖い場合など電話で伝えたい方もいらっしゃるでしょう。

やめたい旨を電話で伝える場合は、直接会って伝える場合と流れは変わりませんが、「電話でのご報告になってしまいすみません」、「直接お話したかったのですが、」のように直接会えず申し訳ない思いを伝えられるようにしましょう。

メールやLINEで伝える場合

メールやLINEで挨拶をしてバイトを辞める方も近年増えています。

メールやLINEで辞める場合は、
・理由
・いつまで働けるのか

についてはもちろん、「メールやLINEでのご報告になってしまって申し訳ない」という思いと、感謝の気持ちを文面で伝えるようにしましょう。

プロに頼る

どうしても自分でやめたいことを伝えるのが難しい方は、プロの力を借りるのも一つの手段です。

退職代行サービスを利用すれば退職のために必要な手続きを代行してもらえますし、弁護士に依頼すれば法に則って辞めることができるのでトラブルが起こる可能性が低いです。

ただし退職代行サービスや弁護士に頼る際は、お金がかかってしまうため、誰でも簡単に利用できるとはいえません。

何も伝えずに飛ぶのは危険!一度冷静に考えてみて

ガールズバーをやめたいと思った時、「やめたい旨を伝えたり手続きが面倒くさいから飛んじゃおう!」と考える方も多いですが、飛ぶのはできるだけ避けるようにしましょう。

・しつこく連絡が来る
・家まで押しかけてくる
・悪い噂を流される
・周辺で働けなくなる

飛ぶという行為には上記のようなリスクも伴うので、飛ぶ前に一度冷静に考えるようにしてください。

ガールズバーをやめたいと思ったら1人で悩まず「昼ジョブ」に相談を!

ガールズバーをやめたいと思った時には、スムーズに辞めるために以下の準備をしておくとよいでしょう。

・入店時の契約書を確認する
・やめたい時期を決める
・やめたい理由を深堀しておく
・シフト数を減らしておく
・家族や友人に相談しておく
・転職先を探しておく

特に辞める理由は絶対に質問されるので、引き止められないようにするためにも「その理由だったらしょうがない」と店長やオーナーに思って貰えるような理由を準備しておくことが大切です。

夜職は辞める際にトラブルが起こりやすいので、ガールズバーをやめたいと思ったら1人で悩まず第三者に相談するとよいでしょう。

夜職経験者特化型転職エージェントの昼ジョブでは、夜職から昼職への転職を成功させたい方を積極的にサポートしています。

夜職経験のあるエージェントが在籍しているので、ガールズバーを辞める際の流れや注意点についても相談しつつ、転職活動を進めることが可能です。

※昼ジョブはこちらから

またこちらの記事では、ガールズバーの詳しいやめ方やガールズバーを続けるデメリットについて解説しているので、ガールズバーをやめたいけれどやめさせてもらえない、辞めるかどうか悩んでいるという方は合わせてご覧ください。

▶ガールズバーで働くのはやめたほうがいい?辛い理由とやめる方法

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×