ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2023.12.20

夜職者の貯金は?お金が貯まりにくい理由やその解決方法をご紹介

夜職をしている方の貯金事情はどのようなものなのでしょうか?

同じお店の先輩や同僚に聞きたくても、貯金に関してはなかなか触れづらい内容だと感じる方も少なくありません。

自分の貯金額が周りと比べてどうなのか、このままの生活や貯金でよいのかどうか気になる方も多いと思います。

今回の記事では、夜職をしている方の貯金事情や、お金が貯まりにくい理由とその解決方法を詳しく解説していきます。

夜職者の貯金額は両極端

夜職者の貯金額は人によって異なるものの、多くの人は全く貯金がないか、かなりの額を貯金しているかのどちらかです。

全体の平均では、貯金合計額は約200万ほどとなっています。

しかし、全くない人もいれば数千万の貯金がある方もいるため、夜職者の貯金額は、かなり両極端となっています。

夜職の方が貯金できない理由

夜職は、給料が昼職と比べて高いことから、貯金もすぐに貯まると思われがちです。

しかし、夜職の方が貯金できない理由は多いのです。

目標金額を決めていない

いつまでにどのくらい貯金するのかという目標金額がない場合、貯金をすることは難しいです。

毎月に貯金する額が決まっていないとある分だけ使い切ってしまうからです。

貯金をする際で大切なのは、どのくらいの金額をいつまでに貯めるのかをしっかりと決めておくことです。

美容代にお金をかけすぎている

夜職の方にとって、美容にお金をかけることは必要不可欠です。

しかし、それにこだわりすぎてしまうと、その分出費もかさみます。

そのため、毎月の美容代でかなり費用がかかってしまうことから、貯金ができないという方も多いです。

タクシーの利用頻度が高い

夜職をやっている方で頻繁にタクシーを使っているのを多く見かけます。

しかし、このタクシーの利用も頻度によっては、その距離によってかなりの出費になってしまいます。

便利でついつい使いたくなってしまうタクシーですが、その頻度を考えて使うようにするのが大切です。

食費の無駄遣いが多い

夜職をしている方の中には自炊をほぼせずに、外食やデリバリーなどで食事をとっている方も少なくありません。

しかし、この食費も日々の積み重ねで大きな出費になります。
特に、宅配サービスなどを利用している場合は、日々の生活で使いすぎていないかなどしっかりと把握しておきましょう。

趣味にお金をかけすぎている

最近では、ホストやアイドルなどの推し活に多額をつぎ込む方も多いです。

趣味にお金をかけることは悪いことではありませんが、自分の許容範囲を超えてまで金銭的にのめりこんでしまうのは危険なため、気をつけましょう。

収入が安定していない

夜職の多くは収入が歩合制であり、月々に入る額が安定していません。

イベントや年末などでは団体客も増えるため稼ぐことができますが、閑散期と呼ばれる客の出入りが少ない時期には稼げないことが多いのです。

そのため、今月から貯金しようと思っても、入ってくる額が思ったよりも少なかったなどの理由でお金を貯めることが難しくなってしまうのです。

貯金できない夜職者が貯金を成功させる方法

夜職をしている方が貯金を成功させるためには、いくつかの方法があります。

ここからは、貯金をするために実践すべき方法や重要なポイントについて解説します。

目標貯金額を決める

まずは、いつまでにどのくらい貯金をするのかという目標金額を決めましょう。

目標金額を決め、それを自分で把握していないことには貯金をすることはかなり難しいです。

また、貯金の期間も設定していないと結局貯金を後回しにしてしまい、まとまったお金を貯めることが厳しくなってしまいます。

いつまでにいくら貯金するという明確な目標があれば、月々にどのくらい貯金すればよいかなどの目安を立てることもできるのです。

家計簿をつける

毎月の家計簿をつけることもおすすめです。

どこにどれだけお金を使っているのかを把握することができ、どこで使いすぎていて何の支出を減らせるかが一目でわかるからです。

例えば、毎回の出勤の際にコンビニで軽食や飲み物を買っている場合は、自分で水筒を持っていったり、軽めのご飯を自分で作ったりするなどで節約することができます。

家計簿をつけることに慣れるまでは少し面倒に思うかもしれません。

しかし、お金の流れを見える形で把握することは、節約をし貯金をするうえで非常に大切なことであるためぜひ考えてみてください。

生活水準を下げる

収入をこれ以上上げることが難しいと思う方は、貯金のために生活水準を下げるのも1つの方法です。

今かかっている固定費を見直し、その中からプランを変更したり、不要なものは解約することを行いましょう。

また、家賃にかかる費用がかなりの負担になっている場合は、引っ越し費用はかかってしまいますが、家賃が今より低めの物件に移ることも1つの方法です。

また、勤務の際や外出時にタクシーを頻繁に利用している人はその頻度を減らして公共交通機関を使うなどの工夫を行いましょう。

仕事終わりの寄り道を控える

勤務後の寄り道を控えることも貯金をするためにとても大切です。

その頻度が高ければ高いほど、毎月にかかる支出の合計が多くなってしまいます。

退勤後で疲れているときに何かを食べに行きたくなったり、飲みに行きたくなるのは仕方のないことですが、それを毎日続けているとその分支出も増えてしまいます。

全てを我慢するのもよいことではないため、今まで週5で行っていたのを週3にするなどして退勤後の出費を抑えることも大切です。

口座を使い分ける

お給料が振り込まれたり、生活費として使っている口座に加えて、貯金専用の口座を使うのもよいでしょう。

多くの人は、自分が使えるお金がすぐ下ろせる状況になっているとそれを貯金に回すことは難しいです。

そのため、貯金用の口座を用意し、お給料が振り込まれたらそれに今月分の貯金額を入れるのはとても良い方法です。

どのくらいを使ってよいのかをしっかりと自分で把握することができ、なおかつ貯金額は別の口座に移してあるため、自分で支出を管理しやすいのです。

特に、なかなか自分でお金を管理するのが難しいという方の場合、口座を生活用と貯金用に使い分けるこの方法はとてもおすすめです。

貯金できないなら転職や昼職との掛け持ちも1つの手段

現状の夜職だけでは貯金をすることが難しい場合、転職をしたり、昼職と掛け持ちをするのも1つの手です。

昼職をするメリットに関しては、基本的に毎月入る額が決まっているため、収入面で安定することです。

そのため、貯金をする際に月々どのくらい貯めるかの見通しを立てやすくなります。

その方法は様々ですが、夜職と掛け持ちの場合は、昼職で働いた分は貯金に回すこともできるため、ぜひ一度検討してみて下さい。

これについては以下に記載の記事で詳しく解説しています。
更に詳しい情報を知りたいという方はぜひご覧ください。
昼職と夜職の掛け持ちがバレないためには?おすすめの昼職と対策を解説

夜職との掛け持ちに向いている昼職

今やっている夜職と掛け持ちする昼職はどのようなものがよいのでしょうか。

ここからは夜職と掛け持ちをする際に向いている昼職をご紹介します。

事務職

企業の書類管理や受付、電話対応などを行う事務職は夜職と掛け持ちするのに向いています。

派遣社員で事務職に勤める場合、残業もなく、仕事内容も決まったものを行うため夜職の勤務に支障をきたす恐れがないからです。

また、その企業によってはリモートで行える仕事内容などもあるため自分に合った形で働くことができるのもよい点です。

接客販売職

接客業や販売の仕事も夜職の方が掛け持ちするのに向いています。

夜職で培ったコミュニケーションスキルは接客業でもとても役に立ちます。
そのため、夜職の経験のある方は接客業で成果を残せることも多いのです。

また、夜職をしている方は、自分を売り込むことに優れていることが多いです。
そのため、営業などでその力を発揮し、商品を売り込むことができるのです。

システムエンジニア職

システムエンジニア職も夜職と掛け持ちするのにおすすめです。
システムエンジニアとは、一言でまとめるとシステムを開発する仕事のことです。

一見、難しそうに思う方もいると思います。
しかし、資格がなくても研修を受けることができる企業もあることや、働く時間に融通が利きやすい点から夜職と掛け持ちするのにとても向いているのです。

また、夜職を引退した後でもシステムエンジニアの場合、再就職がとても見つかりやすく独立も目指せるためおすすめなのです。

夜職経験者が昼職を探すなら「昼ジョブ」がおすすめ

夜職をしている方で昼職への転職を考えている方には「昼ジョブ」がおすすめです。
昼ジョブは、夜職経験者が昼職に転職するためのサポートに特化した転職エージェントです。

応募者が夜職経験者であることが前提であるため、将来的に昼職への転職を考えている方にとてもおすすめです。

また、夜職で培ったスキルを思う存分発揮できる転職先を見つけやすいのも一つの特徴です。

無料相談や適性診断も行っているので、少しでもご興味のある方は是非一度ご相談ください。
※昼ジョブのご利用はこちらから

まとめ

今回の記事では、夜職をしている方の貯金事情や、貯金方法について詳しく解説しました。

夜職だけではなかなか毎月決まった額を貯めることができないという方には昼職との掛け持ちや転職がおすすめです。

すこしでも興味をお持ちの方は、ぜひ一度昼ジョブへお気軽にご相談ください。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×