ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2023.04.07

夜職はローンが組めない?カードローン審査に通るコツ

夜職は昼職に比べて時期や情勢の影響を受けやすく、収入が不安定というイメージを持たれてしまいがちです。

そのため、夜職をしているとローンを組めない、ローンを組みにくい話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、夜職の方でもローンを組むことは可能です。
しかしながら、夜職の方はローンの審査に通りにくい現状もあります。

今回は、夜職のローンが厳しいと言われる理由、カードローンを組む際の注意点やそのコツについてご紹介します。

これからローンを組もうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

夜職でもローンを組むことができる

夜職の方でも、収入が安定していればローンを組むことは可能です。
しかし、いくつか厳しい点があるので紹介していきます。

夜職の方がローンを組む上で大切なのは、借入先を選ぶことです。
借入先によってローン審査の通りやすさがかなり違ってきます。

例えば、銀行の審査は他の会社に比べて基準が高く設定されているため、おすすめしません。
その影響で自動車ローンや住宅ローンなどの大型ローンは審査が厳しい傾向にあります。

特に、自動車ローンは勤続年数の申告も必要になります。
昼職と比べて夜職は、1つのお店や会社に対する平均勤続年数が短いです。
そのため、定期的に勤務先を変えている方は審査に通らない可能性があります。

また、大型ローンの審査にあたって保証人を求められるケースもあるようです。
一方でカードローンは、条件次第で比較的簡単にローンを組むことができます。

夜職のローン審査が厳しいと言われる理由

夜職は、一般的にローン審査が厳しいとされています。
ではなぜ、ローン審査が厳しくなってしまうのでしょうか。

その理由とローン審査での注意点について、紹介していきます。

収入が不安定と思われやすい

夜職は、「時給制」「歩合制」「日給制」といった給与形態を採用している場合が多いです。

頑張った分だけ収入を得ることができるというのは夜職の魅力ですが、基本給や固定給がないという点がローン審査でマイナスにはたらいてしまう可能性があります。

加えて、報奨金や罰金制度があるお店で働いている場合は、収入が不安定と思われやすい傾向にあるようです。

実力主義の風潮がある夜職では、人気によって売り上げが大幅に変わります。
今人気があって高収入を得られていても、いつまでも収入が変わらないとは限りません。

また、ホステスやキャバ嬢の方は売り上げの〇%を報酬として渡されるケースもあります。
しかし、このような場合は「個人事業主」という自営業の方と同じ扱いの雇用形態になります。

そのため、どれだけ収入があってもローン審査は通常より慎重に行われます。

人員の入れ替わりが激しい

夜職の場合、昼職と違って定年までずっと同じ店で働き続けるのは稀なケースです。

夜職をする年齢に上限はありませんが、一般的には30歳前後で引退する方が多いとされています。
平均年齢が低い業界であることに加え、収入アップを目指して条件の良いお店に移籍したり、夜職の中で職種を変える方も多いです。

また、勤務時間が夜のため生活リズムが乱れることや、お酒による接客によって体調を崩す方も多いです。

ローンの審査は収入に加え、勤続年数も評価対象になるため、長く続けることに向いていない夜職はどうしても審査が厳しくなってしまう傾向があります。

在籍確認しづらい

ローンを組む際は、利用者が本当に職場で働いているかどうかの在籍確認が行われます。
しかし、大手銀行や消費者金融、カードローン会社の営業時間は21時までです。

夜職の場合、22時以降に出勤する方も多いです。
そのため電話に出ることができず、審査を通過できないといったケースが多いです。

収入証明書が発行できない

ホステスやキャバ嬢の方は売り上げの〇%を報酬として渡されるケースもあります。
このような場合は「個人事業主」という自営業の方と同じ扱いの雇用形態になるため、自身で確定申告を行う必要があります。

融資や借入額が50万以上になると収入証明書類が必要になる場合があります。

この際確定申告を怠っていると、収入証明書という公的な書類を発行することができません。

夜職がカードローンを組む際の注意点

住宅ローンなどの大型融資に比べ、カードローンは夜職の方でも比較的審査が通りやすい傾向にあります。
ここからは、カードローンを組む際の注意点について解説します。

借入希望額は出来るだけ小さくする

借入する金額が大きいほど審査は慎重になります。
夜職は特に、収入が不安定というイメージを持たれがちなため、可能な限り借入希望額を少なめにして申し込むことをおすすめします。

また、借入希望額が少ないと在籍確認が省かれることもあります。
借入金額を考慮することで、ローン審査通過の可能性を高めることができます。

虚偽の申告や間違いをしない

ローン審査において1番大切なのは信用です。
勤務先を明かしたくない、審査が通りやすいよう収入を多めに申告したいなどと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、いかなる事情があっても虚偽の申告はやめましょう。

勤務先を隠ぺいしてくれる「アリバイ会社」というものも存在しますが、利用した場合詐欺罪が適用されます。

消費者金融は個人信用情報の確認や在籍確認などを行って申告内容との信憑性を図っているため、嘘はすぐにバレてしまいます。

嘘をついてしまった場合、今後その会社での審査は通らなくなります。
加えて、審査落ちの情報が個人信用情報に記録されるため、他社でローン審査を申し込んだ際にその記録がマイナスにはたらいてしまうことがあります。

また、故意ではなくても誤字や脱字など申告内容に間違いがあった場合、その確認作業によって審査に時間がかかってしまいます。
最悪の場合は申し込み書類の書き直しが必要になります。

すぐにでもローンを組みたい方は、申し込み内容に不備がないか確認してから審査を申し込みましょう。

あらかじめ在籍確認に対応するための準備をする

在籍確認が取れないとローン審査に通過することができません。
そのため、自分(本名)あてに在籍確認の電話があることを勤務先の方にあらかじめ伝えておきましょう。

また、源氏名での電話対応、在籍確認の日時指定などを行ってくれる消費者金融会社もあります。
書類提出など電話以外の方法で在籍確認をしてくれることもあるので事前交渉や、そもそも電話で在籍確認をしない会社を選ぶというのも良いでしょう。

カードローンを組むためのコツ

ここからは、実際にカードローンを組むためのコツについて解説します。

Web完結で申し込む

Web完結申し込みができる会社では、在籍確認の電話対応や自宅への書類郵送なしでローンを組むことができます。

その代わり、WEB上で職場の在籍証明書を提出する必要があります。

稀に、提出書類の確認等で職場に電話連絡が入ってしまうことがあります。
そのため、証明書類提出後は、事前にカード会社に在籍確認の電話連絡を避けたい旨を伝えておくことをおすすめします。

また、下記のカード会社は24時間いつでもWeb完結申し込みが可能です。

    アコム
    プロミス
    アイフル

安定して継続的な収入の証明をする

カードローンを組むためには、安定して継続的な収入の証明が必要です。

収入証明書には以下の書類のうち、1つの提出を求められる場合がほとんどです。

    源泉徴収票
    給与明細書
    確定申告書
    青色申請書
    収支内訳書
    住民税決定通知書
    納税通知書
    所得(課税)証明書
    年金証書
    年金通知書

それぞれ最新の書類を用意しましょう。

また、給与明細書など用意できるものに関しては直近2か月分のものを用意しておくと良いでしょう。

夜職から昼職への転職をお考えの方は「昼ジョブ」にご相談ください

夜職の方でもローンを組むことはできますが、審査が厳しいのは事実です。

ローン審査に通過するためには、借入希望額を最低限にする、虚偽の申告をしない、申告内容に不備がないよう確認する、在籍確認への対策をするなどを心がけると良いでしょう。

それでもローン審査に通らないという方は、思い切って夜職から昼職に転職してみるというのも一つの選択肢です。

「夜職しか経験がない私でも昼職に転職できるの?」と不安に思う方は、ぜひ「昼ジョブ」にご相談ください。

夜職経験者特化型転職エージェントの「昼ジョブ」では、夜職から昼職へ転職を目指している方のサポートを積極的におこなっています。

「昼ジョブ」には夜職経験のあるエージェントが多数在籍しているため、求職者の希望や不安をヒアリングしたうえで、適性のある求人をご紹介できます。

昼職経験がない方に向けてビジネスマナー研修やPC研修も随時おこなっていますので、昼職に不安や抵抗がある方も安心して転職活動を進めることができます。

ご興味のある方はまずはこちらから「昼ジョブ」へご相談ください。

※夜職経験者に特化した転職エージェント「昼ジョブ」はこちらから

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×