ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 事務職 営業職
2023.10.22

ナイトワークはいつまでできる?卒業時期や卒業後の進路について解説

ナイトワークはいつまで続けることができるのでしょうか。
年齢を重ねるにつれて、ナイトワークの卒業や昼職への転職を考えている方も多いと思います。
また、昼職に転職する場合は、ナイトワークでの接客経験を活かせる仕事が多くあります。

そこで今回はナイトワークを卒業する年齢や、卒業後の進路について解説します。

ナイトワークはいつまでできる?

ナイトワークは何歳でも続けることができます。
年齢の下限は18歳とされていますが、年齢上限は具体的に定められていません。

しかしながら、ナイトワークは若い方が活躍する業界のため一般的には30歳前後で夜職を卒業する方が多いとされています。
30歳を超えてナイトワークを続ける方は、年齢層の高いキャストが求められるナイトワークに転職することが一般的です。

ナイトワークをいつまでも続けるメリット

昼職への転職とナイトワークを続けることでは、どちらの方がよいでしょうか。

この項目では、ナイトワークをいつまでも続けるメリットについて解説します。

髪型や服装などオシャレに制限がない

ナイトワークは髪型や服装などを自由に決めることができます。

昼職ではスーツや黒髪などが指定された会社がある一方で、ナイトワークでは基本的にオシャレに制限がありません。
プライベートでも仕事でもオシャレを楽しむことができることが、ナイトワークのメリットの1つです。

様々な人と知り合うことができる

ナイトワークでは様々な人と話す機会が多くあります。

お客さんの年齢も職業も幅広く、昼職では聞くことのできないような話を聞くことができます。
様々なお客さんの話を聞くことで知らなかった世界を知ることができ、新しい趣味が見つかることや価値観が広がることにつながります。

勤務時間や日数を調整できる

ナイトワークは昼職に比べて、勤務時間の融通が利きやすい傾向があります。

昼職は勤務の曜日や時間があらかじめ決まっていることが一般的です。
一方でナイトワークはシフト制であることが多く、アルバイトのように勤務時間や日数の調整をすることが可能です。
日程調整によっては、平日に休むことや土日に働くこともできます。

ナイトワークをいつまでも続けるデメリット

ナイトワークを続けることは昼職と比較してマイナスな側面もあります。

この項目では、ナイトワークをいつまでも続けるデメリットについて解説します。

徐々に収入が減る

ナイトワークは昼職に比べて多くの収入を得ることができます。

しかし、年齢を重ねることによって一般的には収入が減るとされています。
夜職の世界には若い女性と話すことを目的にしているお客様が多いことから、若さは人気の秘訣として重要な点です。

年齢の影響で営業努力を重ねても結果がついてこない場合には、ストレスを感じてしまう恐れがあります。

心身への負担が大きい

ナイトワークは体調不良の起こりやすい職業です。

ほぼ毎日お酒を飲み、1日で大量の飲酒をすることもあるため、人によっては翌日以降に体調不良を起こすことが多いです。
さらに勤務時間は夜から翌日の深夜までであることが一般的であり、昼夜逆転生活による身体への負担から体調不良を起こしやすいです。

また、お客様とのトラブルの対応や他のキャストとの人間関係によって、精神的にも負担が大きいことがあります。
特にキャスト同士は売り上げを競っているため、緊張感が高く人間関係のトラブルが起こりやすいです。

周囲の目が気になる

年齢も相まって周囲の目が気になる方も多いのではないでしょうか。

職業に対する偏見は今でも残っていることがあります。
友人などに職業を聞かれた際に、ナイトワークであるということを躊躇ってしまう方もいらっしゃると思います。

福利厚生があまり充実していない

昼職では退職金や施設の割引など、福利厚生が充実している企業が多いです。

一方でナイトワークは一般的に退職金が出ることはなく、保険料なども自身で負担することが多いです。
昼職よりも多くの収入を得ることができる分、福利厚生はあまり充実していません。

カードやローンの審査が厳しくなる可能性がある

一般的にナイトワークは歩合制であり、収入が不安定です。

カードやローンの審査には収入が安定していることが重視されるため、ナイトワークでは審査が不利になる可能性が高いです。
特に、収入が不安定で、一定の貯蓄がない場合は不利になる可能性が高いので注意しましょう。

将来に不安を感じる

収入が不安定な仕事では、将来に不安を感じる方も多いと思います。

ナイトワークでは徐々に収入が減ることで、昼職への転職を迫られる可能性があります。
また、カードやローンの審査が通りにくいことから、将来設計が立てづらいことが多いです。

ナイトワークを卒業した後の進路

ナイトワークを卒業した方は、その後どのような進路に進んでいるのでしょうか。

この項目では、ナイトワークを卒業した後の進路について解説します。

結婚する

卒業後、結婚して子供を産む方もいます。

ナイトワークをしていたときのお客さんと結婚する方も多いです。

経営者になる

卒業後、会社を経営する方もいます。

ナイトワークをしていたときに貯めたお金で企業をする方や、ナイトワークをしていたときの人脈を生かして経営する方も多いです。

昼職に転職する

卒業後、昼職に転職する方もいます。

基本的に出勤・退社時間が定められているため、ナイトワーク時に比べて生活リズムを整えやすいです。
資格を取得して転職活動をする方も多いです。

ナイトワーク経験者に人気の昼職

ナイトワークでの経験を生かした昼職の仕事は多くあります。

この項目では、ナイトワーク経験者に人気の昼職をご紹介します。

事務職

事務職は書類の作成やファイリング、電話対応などを通して会社の運営を支える仕事です。

事務職は黙々と作業をする側面がある一方で、社内外でのコミュニケーションが多く発生する側面もあります。
他の社員を支える役割があるので、ナイトワーク経験者は接客で培ったコミュニケーションスキルを活かし、業務を円滑化させることが期待されます。

営業職

営業職は自社のサービスや商品の魅力を伝え、購入を促して契約を取り付ける仕事です。

営業職は基本的に人とのやり取りが発生するため、対人スキルが非常に重要です。
コミュニケーションスキルなど、ナイトワークでの接客経験を活かせる方は営業職として強みになります。

アパレルスタッフ

アパレルスタッフはお客さんに衣類を販売する仕事です。

資格や経験なしに、ナイトワークでの接客スキルを活かすことができます。
転職の幅を広げたい方は、ファッション販売能力検定やパーソナルカラリスト検定などの資格取得をおすすめします。

ファッションや流行に敏感なナイトワーク経験者の方が多いことから、アパレルスタッフは人気の昼職の1つとなっています。

ナイトワークから昼職に転職するためのポイント

ナイトワークから昼職に転職する際のポイントについてご紹介します。

転職活動のスケジュールを立てる

昼職に転職する前にスケジュールを立てましょう。

ナイトワークのお店には事前にやめることを伝える必要があります。
店舗によっては退職を申し出る期間に規定を設けている場合があるため、あらかじめ聞いておきましょう。

また転職の前に資格の取得を試みている方は、資格の取得に要する期間の目安を考える必要があります。
ナイトワークを続けながら、昼職への転職のために資格の勉強をしている方も多いです。

学歴や職歴を重視する企業を避ける

昼職を探す際に、学歴や職歴重視の企業は避けるようにしましょう。

学歴や職歴重視の企業は、ナイトワークでの経験がマイナスに働く恐れがあります。
職歴差別的な考え方は、中小企業に比べて歴史の長い大企業に多い傾向があるので、転職活動の際に事前によく調べるようにしましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは採用企業と求職者を仲介し、転職を支援する人材紹介会社です。
転職のプロであるキャリアアドバイザーが、個人に合った職業を紹介してくれます。

また、ナイトワークから昼職への転職支援を専門的に行っている転職エージェントもあります。
ナイトワークに対する知識も多いので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

ナイトワークから昼職に転職するなら「昼ジョブ」

ナイトワークから昼職に転職するなら昼ジョブがおすすめです。

昼ジョブはナイトワーク経験者の昼職への転職支援に特化した転職エージェントで全国の正社員の求人を多数掲載しています。

また、所属エージェント全員がナイトワーク経験者なので、ナイトワーク経験者ならではのお悩みに沿ったサポートを行うことができます。

ナイトワークから昼職に転職する際は、ナイトワーク経験が採用のマイナス要素にならないように夜職をしていた経歴を隠すかどうか悩まれる方も多いです。

しかし、昼ジョブに掲載されている求人情報の全てはナイトワーク経験者であることが前提なので、履歴書や面接で経歴を隠す必要はありません。

うしろめたさを感じず、堂々と求人に応募することができます。

1分でできる適職診断もございますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。
※昼ジョブのご利用はこちらから

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×