ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2022.10.26

夜職から昼職への転職!面接の自己紹介と退職理由について解説

夜職から昼職に転職したいのに…。
なぜか面接で落とされる…。

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「面接になるとうまく話せない…」「緊張して言葉に詰まる…」「話す内容を忘れてしまう…」など、ナイトワーカーの中には、面接に苦手意識を持ち、昼職への転職を諦めている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて面接で掴みの部分に当たる『自己紹介』について解説していきます。
掴みがスムーズにいけば、面接官に与える印象がよくなり、内定獲得にグンと近づきます。この記事では、自己紹介と併せて「退職理由の伝え方」も解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

それではいってみましょう!

目次

夜職から昼職への転職面接で聞かれる自己紹介とは?

転職の面接における自己紹介とは、「今から面接を受けるのはこんな人物です」と説明すること。
氏名や趣味・特技などを完結にまとめたものを指します。面接官は自己紹介を通して、応募者の第一印象、コミュニケーション能力、職務経験の概略、その経験が自社で生かせるものなのかを見極めております。そのことを踏まえ、自己紹介は簡潔にハキハキと答えるようにしましょう。

夜職から昼職への転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと

では、続いては自己紹介で伝えるべき内容を軽くご紹介します。この内容を1分程度にまとめて伝えましょう。

【夜職から昼職への転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと1】名前

昼職への転職面接で自己紹介するときに伝えるべきことの1つ目は『名前』です。
名前はフルネームでしっかりと伝えましょう。

【夜職から昼職への転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと2】略歴

昼職への転職面接で自己紹介するときに伝えるべきことの2つ目は『略歴』です。
略歴とは会社名・職種・勤務年数などのこと。履歴書と内容が重複しますが、応募者の多い企業は、面接官が一人一人の履歴書をじっくり見ている時間がありません。ですので、気にせず同じ内容を簡潔に言いましょう。

【夜職から昼職への転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと3】締めの言葉

昼職への転職面接で自己紹介するときに伝えるべきことの3つ目は『締めの言葉』です。
締めの言葉とは、意気込みを語ること。どうして今回の仕事・会社に関心を持ったのかということです。
これを伝えると、その後の自己PRがしやすくなりますので、必ず言いましょう。

以上が自己紹介の内容です。

夜職から昼職への転職面接で聞かれる退職理由について

ここからは、退職理由について解説していきます。
退職理由の「聞かれる理由」や「伝える方法」を知っておくと、面接でのパフォーマンスが劇的に変わります。なので、最後まで目を通してくださいね。

夜職から昼職への転職面接で聞かれる退職理由とは?

退職理由とは、「なぜ退職をしようと思ったのか?」ということ。
転職面接で必ず聞かれます。退職理由は今後の選考に影響する大変重要なもの。間違ったことを言うと、それだけで印象が悪くなります。ですので、これからご説明するポイントを踏まえて答えるようにしましょう。
夜職から昼職に転職する方は特に注意しないと、余計なことを言って失敗する可能性が高いですよ。

夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由3つ

まずは昼職への転職面接で退職理由を聞く理由を紹介します。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由1】短期離職を避けるため

夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由の1つ目は『短期離職を避けるため』です。
面接官は退職理由を聞いて「同じ理由ですぐに辞めてしまわないか」ということを見ています。会社は採用コストや育成にかけた時間を無駄にしたくないと考えておりますので、これは当然のことですね。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由2】活躍できる人材かを見るため

夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由の2つ目は『活躍できる人材かを見るため』です。例えば、退職理由がコミュニケーションの問題だと、応募する職種にコミュ力が必要な場合は活躍できません。
そのため、退職理由を聞き、自社で活躍できる人材か判断しているのです。もちろん、これはあくまで1つの要素。最終的な判断は面接全体を通して(志望動機、自己PRなど)になるため、退職理由だけで「活躍できる人材かどうか」を判断されることはないでしょう。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由3】考え方や性格を知るため

夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由の3つ目は『考え方や性格を知るため』です。面接官は退職理由を通して、あなたが組織や仕事に対してどう考え、どのようなことを大切にしているのかを見ています。
企業や組織にはそれぞれの文化や風土がありますので、考え方が違うと離職する可能性が高い。なので、個人の考え方や性格を知ることは非常に重要なのです。

夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法5つ

続いては、転職面接で退職理由をうまく伝えるポイントを5つご紹介していきます。
ちょっと工夫をするだけで、ずいぶんと印象が変わります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法1】ポジティブに話す

夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法の1つ目は『ポジティブに話す』です。というのも、ほとんどの退職理由に「ネガティブな理由」が含まれております。特に夜職を辞める場合は、その傾向が強い。
なので、退職理由は切り口を変えて、なるべくポジティブに伝えるようにしましょう。それだけで、非常に印象がよくなりますよ。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法2】志望動機とセットにする

夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法の2つ目は『志望動機とセットにする』です。
志望動機とセットにするとは、ストーリーを作るということ。例えば、夜職では「〇〇が実現できないけど、志望する企業では実現できる」だから応募しました。といった感じで、一貫性のあるストーリーを作るのです。
そうすれば、〇〇が実現できないから辞めたという印象より、〇〇を実現したいから応募した、という印象の方が強く残り、退職理由に目がいきにくいでしょう。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法3】行動や努力を伝える

夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法の3つ目は『行動や努力を伝える』です。
というのも、退職理由とは基本的に前職で何かしらの希望が叶わなかったことを意味します。
ということは、その叶わない希望に対して、どう向き合ったのか?これが大事になってくるのです。自分の不満に対して具体的な努力や行動をした人は、改善のための行動ができる人だと思ってもらえますよ。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法4】具体的に伝える

夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法の4つ目は『具体的に伝える』です。
具体的に伝えるとは、何が原因なのかしっかりと伝えることです。というのも、夜職から転職する場合に退職理由を曖昧にすると、不信感を与えかねません。残念ながら、昼職の方はナイトワーカーに対して、良い印象を持っていないことが多い。
ですので、退職理由を具体的に伝え、誤解されないようにしましょう。

【夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法5】自信を持って伝える

夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法の5つ目は『自信を持って伝える』です。
というのも、声が小さく自信がなさそうに話すと、面接官は「大丈夫かな?」と不安に感じてしまいます。
一方、大きな声で元気良く話すと、同じ話でも受け取る印象は違う。以上のことから、たとえネガティブな退職理由でも自信を持ってハキハキと伝えるようにしましょう。

夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由3つ

最後に転職の面接で避けるべき退職理由を3つご紹介していきます。これを言うと面接官に与える印象が悪くなるので、気をつけてくださいね。

【夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由1】愚痴や悪口を言う

夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由の1つ目は『愚痴や悪口を言う』です。
これは当たり前のことですが、転職面接では愚痴や悪口など、ネガティブな退職理由は避けましょう。特に夜職から昼職に転職する場合は気をつけてください。油断すると自分でも気付かずに言っている可能性がありますよ。例えば「変なお客が来るから」とかですね。
くれぐれも退職理由で愚痴や悪口は言わないでください。

【夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由2】嘘をつくこと

夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由の2つ目は『嘘をつくこと』です。
退職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。バレないと思っても、入社後に仲良くなってからバレる可能性があります。なので、退職理由で嘘をつくことはやめましょう。ちなみに、言わないことは問題ないですよ。言いたくないことは聞かれない限り伏せておく。
または、上述したポジティブな伝え方をするといいでしょう。

【夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由3】人間関係を原因にする

夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由の3つ目は『人間関係を原因にする』です。というのも、退職理由を人間関係にしてしまうと、面接官は同じトラブルがあれば、すぐ退職すると思い、警戒します。
なので、退職理由を人間関係にするのはNG。たとえ、あなたに非がなくても言わないほうがいいでしょう。上述した通り、退職理由はポジティブなことを伝えるようにしてください。そうすると面接官に与える印象がよくなりますよ。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

夜職から昼職への転職面接で聞かれる自己紹介とは?
夜職から昼職への転職!面接の自己紹介で伝えるべきこと
夜職から昼職への転職面接で聞かれる退職理由について
夜職から昼職への転職面接で聞かれる退職理由とは?
夜職から昼職への転職面接で退職理由を聞く理由3つ
夜職から昼職への転職面接で退職理由をうまく伝える方法5つ
夜職から昼職への転職面接で避けるべき退職理由3つ

以上になります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。