ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2022.10.26

夜職から昼職への転職!面接の自己紹介について解説(事務職編)

事務職に転職したい。
それなのに、自己紹介がうまくできない…。

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「事務職が求めている人材がわからない」「事務職で活かせるスキルがわからない」など、事務職への転職を目指す人の中には、うまく自己紹介できずに困っている方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて『事務職に転職する際の自己紹介』について解説していきたいと思います。自己紹介は面接の掴み。ここで面接官の心を掴めば、相手に好印象を与えることができますよ。
この記事を読めば、事務職に転職する際に役立つと思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

目次

昼職への転職!面接の自己紹介について語る前に

面接の自己紹介について語る前に、まずは自己紹介について軽くご説明します。これは事務職への転職に限らず、どの職種でも共通になりますよ。

昼職への転職!自己紹介とは?

自己紹介とは、皆さんの所属や人柄などを簡単に伝えるためのもの。
氏名や現職を簡潔にまとめたものが自己紹介になります。面接官より「自己紹介をしてください」と言われたときは、1分〜3分程度でこれらの要素を伝えましょう。自己紹介が長いと、かえって印象が悪くなるのでご注意くださいね。

昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけること3つ

続きましては、自己紹介する時に気をつけることを3つご紹介していきます。事務職への転職を考えている方は注意してくださいね。

【昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけること1】感謝を伝えること

昼職への転職面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけることの1つ目は『感謝を伝えること』です。
というのも、面接は企業が忙しい時間を割いて行っているもの。なので、まずはそこに対する感謝の気持ちを述べましょう。たったひと言ですが、「本日はお時間をいただきありがとうございます」と冒頭に加えるだけで、ずいぶん印象が違いますよ。
くれぐれもいきなり名前を言わないでくださいね。

【昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけること2】話し方や表情を意識する

昼職への転職面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけることの2つ目は『話し方や表情を意識する』です。
というのも、面接担当者は話す内容だけでなく、話し方や表情も見ています。話し方ははっきり、ゆっくりと。表情は口角を軽く上げ、明るい表情を意識しましょう。事務職は様々な部署と関わるので、特に話し方は大事です。
普段からはっきり、ゆっくりと話すクセをつけておきましょうね。

【昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけること3】応募先に合わせること

昼職への転職面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけることの3つ目は『応募先に合わせること』です。というのも、自己紹介で一番重要なのは応募先企業が採用したいと思うスキルや強みを簡潔に伝えること。
なので、企業研究をしっかり行い、どんな人材を求めているか、どんなスキルが必要なのかを把握することが大切です。例えば、夜職から事務職への転職を目指す場合、前職は「キャバクラで勤めていました」というのではなく、キャストをやりながら「契約書関係の作成を手伝っていた」って感じですね。事務職では「書類の作成・処理」という作業が必ず発生しますので、少しパソコンが使えるだけでも、面接官に与える印象は変わります。ですので、そのことを踏まえて自己紹介をするといいでしょう。

昼職への転職!面接で自己紹介する前に事務職希望者が知っておくこと4つ

では、ここから事務職希望者が「知っておくこと」を4つご紹介していきます。
「知っておくこと」とは、事務職で求められるスキルと資質のこと。事務職で求められるスキルと資質を事前に知っておけば、それに合わせて自己紹介ができます。なので、自己紹介をする際はこの点を踏まえておきましょう。

【昼職への転職!面接の自己紹介前に事務職希望者が知っておくこと1】PCスキルが必要

昼職への転職面接で自己紹介する前に事務職希望者が知っておくことの1つ目は『PCスキルが必要』だということです。
というのも、事務職の主要な業務である、書類作成やデータ入力・管理、メール対応は、どれもパソコンで行います。そのため、WordやExcel、メールソフトを一定レベルで使いこなせることは、必須条件といえるでしょう。

【昼職への転職!面接の自己紹介前に事務職希望者が知っておくこと2】コミュニケーション能力が必要

昼職への転職面接で自己紹介する前に事務職希望者が知っておくことの2つ目は『コミュニケーション能力が必要』だということです。というのも、事務職は、電話・メール応対から来客対応など、人と接することが多くなります。
そのため、コミュニケーション能力がないと、仕事を進めていくことは難しいでしょう。

【昼職への転職!面接の自己紹介前に事務職希望者が知っておくこと3】スピードが必要

昼職への転職面接で自己紹介する前に事務職希望者が知っておくべきことの3つ目は『スピードが必要』だということです。というのも、事務職は、依頼された仕事を素早く処理することで、他の部署をサポートします。
そのため、作業には常にスピードを求められます。仕事のスピードに関しては、夜職時代に「業務の効率化を図る〇〇をした」っていうといいかもしれませんね。そうすれば、「スピードを意識して仕事に取り組んでいた」ということが伝わり、印象がいいと思いますよ。

【昼職への転職!面接の自己紹介前に事務職希望者が知っておくこと4】管理能力が必要

昼職への転職面接で自己紹介する前に事務職希望者が知っておくべきことの4つ目は『管理能力が必要』だということです。
管理能力とは、スケジュールを管理する能力のこと。これは会社の規模にもよりますが、事務職は一般事務、営業事務、経理事務など、様々な仕事を任されることが多い。
そのため、たくさんの仕事を処理することになり、必然的にスケジュール管理能力が求められるのです。ナイトワーカーの中には「キャストの管理をしていた」って方もいると思いますので、そういう方は自己紹介に盛り込むといいでしょう。

昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が伝えるべきこと2つ

続きましては、自己紹介する時に伝えるべきことについてご紹介していきます。
事務職への転職を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

【昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が伝えるべきこと1】選考への意欲

昼職への転職面接で自己紹介する時に事務職希望者が伝えるべきことの1つ目は『選考への意欲』です。自己紹介とは面接の冒頭に行うもの。なので、ここで選考への意欲を述べれば、面接官に対して好印象を与えることができます。
選考への意欲は簡単なものいいので、やる気や熱意を正直な言葉で表しましょう。もし、何もいい言葉が浮かばなければ、元気よく「本日はよろしくお願いします」とあいさつすればOK。それだけで熱意は伝わりますよ。

【昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が伝えるべきこと2】パーソナルな情報を入れる

昼職への転職面接で自己紹介する時に事務職希望者が伝えるべきことの2つ目は『パーソナルな情報を入れる』です。というのも、自己紹介は、自分のことを知ってもらうことが目的。そのため、パーソナルな情報を盛り込むとより伝わります。
例えば、趣味や特技、学生時代に夢中で取り組んだことを伝えるって感じですね。事務職と関係がないことでも、話してみると興味を持たれるかもしれませんよ。

昼職への転職!面接で自己紹介する前に事務職希望者は練習をしよう

最後に大事なことを述べて終わりにします。それは事務職の面接に行く前には「自己紹介の練習をしよう」ということです。何度もお伝えしていますが、自己紹介は面接の冒頭で行うもの。
最初に自分のことをアピールできる大事な部分です。自己紹介の良し悪しが面接の結果を左右するといっても過言ではありません。なので、事務職の面接前には必ず自己紹介の練習をしておいてくださいね。練習は嘘をつきませんよ。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

昼職への転職!面接の自己紹介について語る前に
昼職への転職!自己紹介とは?
昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が気をつけること3つ
昼職への転職!面接で自己紹介する前に事務職希望者が知っておくこと4つ
昼職への転職!面接で自己紹介する時に事務職希望者が伝えるべきこと2つ
昼職への転職!面接で自己紹介する前に事務職希望者は練習をしよう

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。