風俗から昼職に就職
2022.10.26

風俗嬢の転職面接!逆質問するときのポイントと注意点

風俗嬢から昼職に転職したいけど…。
自己アピールが苦手…。

このような悩みを抱えている方はいませんか?

「面接官を前にすると緊張する…」「面接官に自己アピールすることが恥ずかしい…」など、風俗嬢から昼職への転職を考えている人の中には、自己アピールに苦手意識を持ち、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな風俗嬢に向けて『逆質問』について解説したいと思います。
逆質問は、転職面接で自分をアピールできる最大のチャンス。逆質問がうまくできると、面接官に好印象を与えることができますよ。この記事を読めば、逆質問への理解が深まり、面接でうまく答えられるようになると思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

風俗嬢の転職面接!逆質問ってなに?

はじめに、「逆質問とは何か?」について説明します。逆質問とは、あなたが面接官にする質問のこと。
多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。
逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。
ですから、うまく答えれば、自分をアピールできる絶好のチャンスになります。

その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。
風俗嬢から昼職への転職を考えている方は、しっかりと自己アピールができるよう、逆質問の対策をたて、準備をしておきましょう。

風俗嬢の転職面接!逆質問に答えなくても大丈夫?

逆質問は自分をアピールできる最大のチャンス。
しかし、逆質問をしないと最大のピンチになります。
というのも、面接官は、あなたがどんな逆質問をするかによって、入社意欲やコミュニケーション能力を見極めようとしています。
なので、面接官の「何か質問はありますか?」という問いに対し「特にありません」と答えるのはNG。
それだけで、面接官の心証を害してしまいます。
転職面接で逆質問をされたら、必ず答えるようにしましょう。

風俗嬢の転職面接!逆質問するときのポイント3つ

ここからは、面接で逆質問するときのポイントを3つご紹介します。
逆質問をする際は、以下のポイントを意識して答えるようにしましょう。
尚、例文を載せておりますので、逆質問を考える際の参考にしてくださいね。

【風俗嬢の転職面接!逆質問するときのポイント1】意欲をアピールする

風俗嬢が転職面接で逆質問するときのポイント1つ目は『意欲をアピールする』です。
上述したように、面接官は逆質問で「意欲」を知ろうとしております。
なので、意欲をアピールすれば、それだけで好印象。
最大のアピールになります。転職面接で逆質問をする際は、このポイントを意識して質問しましょう。

<風俗嬢の転職面接!意欲をアピールする場合の逆質問例文1>
御社の〇〇といった商品に憧れております。経験を積めば、その商品に携わる仕事に就けますか?

<風俗嬢の転職面接!意欲をアピールする場合の逆質問例文2>
入社までに少しでもスキルを高めたいと考えております。何か勉強しておいたほうがいいことはありますか?

<風俗嬢の転職面接!意欲をアピールする場合の逆質問例文3>
御社の〇〇といった仕事にも興味を持っています。経験を積めば、そういった業務に仕事の幅を広げていくことは可能でしょうか?

【風俗嬢の転職面接!逆質問するときのポイント2】今後の展望や戦略を絡めて聞く

風俗嬢が転職面接で逆質問するときのポイント2つ目は『今後の展望や戦略を絡めて聞く』です。
面接を受ける企業の、今後の展望や戦略を絡めて逆質問をすることも効果的。
たとえば、応募企業が化粧品業界の場合は、国内だけでなく欧州や欧米への経営戦略、ECサイトの展開などについて質問することで、業界の将来を見ていることをアピールできます。
なので、転職面接で逆質問をする際は、今後の展望や戦略を絡めてするといいでしょう。

<風俗嬢の転職面接!今後の展望や戦略を絡めて聞く場合の逆質問例文1>
御社の最大の強みは○○だと思っていますが、これを活かして今後はどのような展開をお考えでしょうか?

<風俗嬢の転職面接!今後の展望や戦略を絡めて聞く場合の逆質問例文2>
御社は中国への進出を積極的に進めておられますと思います。差し支えなければ、今後の海外での事業展開を教えていただけますか?

<風俗嬢の転職面接!今後の展望や戦略を絡めて聞く場合の逆質問例文3>
御社のビジネスモデルの特徴は〇〇にあるのではないかと理解しています。今後もこの強みに注力し、事業展開していくお考えなのでしょうか?

【夜職から昼職への転職!面接の逆質問対策3】自分のメッセージを伝える

3つ目にご紹介する転職面接の逆質問で意識することは『自分のメッセージを伝える』です。
逆質問では単に質問するだけでなく、自分のメッセージを伝えると効果的。
それだけで、面接官はあなたの意欲をより大きく受け止めてくれます。
なので、逆質問をするときは、質問と同時に自分のメッセージを伝えるよう心がけましょう。

<風俗嬢の転職面接!自分のメッセージを伝える場合の逆質問例文1>
私はチームに貢献すると喜びを感じる性格です。配属先の部署で私に求められる役割はどのようなものでしょうか?

<風俗嬢の転職面接!自分のメッセージを伝える場合の逆質問例文2>
接客業に従事していたので、お客様と早期に信頼関係を築ける自信があります。営業職ではコミュニケーション能力以外に、どのような能力が求められますか?

<風俗嬢の転職面接!自分のメッセージを伝える場合の逆質問例文3>
御社の社風は○○だと伺っており、私もそれに魅力を感じています。〇〇様から見て、何かそれを象徴するような具体的なエピソードはありますか?

風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点6つ

最後に、転職面接で逆質問する際の注意点を6つご紹介します。
逆質問は成功すれば自分をアピールできます。
しかし、失敗すると面接官に悪い印象を与えかねません。
ですので、この注意点を踏まえ、逆質問をするようにしてくださいね。

【風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点1】逆質問をしすぎない

風俗嬢が転職面接で逆質問をする際の注意点1つ目は『逆質問をしすぎない』です。
転職面接において、逆質問は最大の「アピールチャンス」だと言いました。
しかし、だからといって、質問しすぎるのは逆効果。
質問のしすぎで面接時間をオーバーするようなことになれば、面接官に悪印象を与えます。
なので、転職面接で逆質問する際は、状況に応じて2、3個程度におさめましょう。

【風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点2】はい・いいえで答えられる質問はしない

風俗嬢が転職面接で逆質問をする際の注意点2つ目は『はい・いいえで答えられる質問はしない』です。
この手の二択で答えられる質問は「クローズドクエスチョン」といわれ、大きな話の発展が望みにくいといわれています。
そのため、面接では不適切な質問と言えるでしょう。
面接官によってはコミュニケーションスキルがないと思われてしまいますので、逆質問では避けるようにしてくださいね。

【風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点3】抽象的な質問は避ける

風俗嬢が転職面接で逆質問をする際の注意点3つ目は『はい・いいえで答えられる質問はしない』です。
抽象的な質問は答えにくいため、面接官が困ってしまいます。
例えば、「社内の雰囲気はどうですか?」「社員の満足度はどうですか?」といった感じです。
転職面接で逆質問をする際は、答える面接官のことも考えて聞くようにしましょう。
そうしないと、コミュニケーション能力がないと思われますよ。

【風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点4】調べればわかる内容は聞かない

風俗嬢が転職面接で逆質問をする際の注意点4つ目は『調べればわかる内容は聞かない』です。
逆質問で「調べればわかること」を聞くと印象が悪くなります。
例えば「年間休日はどのくらいですか?」とかですね。
このような逆質問をすると「それをわざわざ聞く必要性があるのか」と思われますので、聞かないようにしましょう。

【風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点5】面接官が話したことを聞かない

風俗嬢が転職面接で逆質問をする際の注意点5つ目は『面接官が話したことを聞かない』です。
当たり前ですが、面接官がすでに話した内容を質問すると「人の話を聞いてない」と思われます。
なので、面接の会話の中で既に出た内容を繰り返し聞くことがないようにしましょう。

【風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点6】相手の部署や役職を考慮する

風俗嬢が転職面接で逆質問をする際の注意点6つ目は『相手の部署や役職を考慮する』です。
転職面接では、常に人事部の社員が面接官とは限りません。
一次面接は人事部の担当者や関係する部署の社員が対応。
二次面接では専務などの経営層が面接を行うようなケースがあります。

そのため、いくら面接官とはいえ、全くジャンルが異なるような質問だと答えられない可能性があります。
ですから、「営業職の方の1日のスケジュールを教えてください」のような、特定の部署しかわからないような質問は避けるようにしましょう。
面接官が答えられないと話題が広がらず、アピールの場を無駄にしてしまいますよ。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

風俗嬢の転職面接!逆質問ってなに?
風俗嬢の転職面接!逆質問に答えなくても大丈夫?
風俗嬢の転職面接!逆質問するときのポイント3つ
風俗嬢の転職面接!逆質問をする際の注意点6つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。