昼職・夜職掛け持ち
2022.10.26

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけるべきこと

夜職から昼職に転職したい。
だけど、夜職をやめたくないから両立しよう。

このように考えている男性はいませんか?

「夜職と昼職の両立により高収入を得たい」「夜職と昼職の両立で人脈を広げたい」「夜職と昼職の両立でスキルを高めたい」など、現在夜職をしている男性のなかには、夜職と昼職の両立を考えている人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな男性に向けて夜職と昼職の両立するときに『気をつけること』や『両立しやすい職種』などをご紹介していきたいと思います。
この記事を読めば夜職と昼職を両立するイメージがつくと思いますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

それではいってみましょう!

目次

夜職と昼職の両立を始める前に男性諸君が知っておくべきこと

夜職と昼職を両立する前に知っておくべきこと。それは「就業規則」を確認するということです。
というのも、就業規則には副業についての規則が書いてあり、その決まりは会社によって異なります。ですので、副業を検討している場合には必ず確認するようにしましょう。
なかには副業OKでも、規則で範囲が定められている場合がありますのでご注意ください。また届出が必要な場合もありますよ。

夜職と昼職の両立をしたい男性はフレックスタイム制をチェックしよう

フレックスタイム制とは、一定の期間についてあらかじめ定められた総労働時間があり、その範囲内で日々の始業・終業時刻や働く時間を、労働者自身が自由に決めることができる制度です。
つまり、自分の裁量で働くことができるため、この制度が導入されている昼職に転職すれば、夜職との両立が非常にしやすくなります。といっても、必ずしも、自由な時間に働けるというわけではありません…。

夜職と昼職の両立をしたい男性が知っておくべきフレックスタイム制のポイント

フレックスタイム制とは上述した通りの制度。そのため、例えば、ある1カ月に働く時間が160時間と決められていた場合、1カ月間の合計が160時間になれば、1日10時間働く日や、5時間で仕事を切り上げる日があってもよいということになります。
しかし、そうすると何ヶ月も顔を合わさない社員が出てくる。
そのため、企業は1日の中で必ず出勤していなければならない「コアタイム」時間帯を設けているのです。つまり、「コアタイム」の前後数時間が、自由に出退勤できる「フレキシブルタイム」になります。

夜職と昼職の両立をしたい男性に朗報のスーパーフレックスタイム制とは?

先ほどフレックスタイム制には「コアタイム」があり、いつでも出勤していいわけではないと説明しました。
しかし例外があります。それは「スーパーフレックスタイム制」と呼ばれるものです。
こちらはフレックスタイム制と違い「コアタイム」がない。つまり、勤務時間から出勤する日まで、完全に労働者の裁量に決められるのです。
この制度を導入している企業はごくわずかですが、今後は増えていくと思いますので、夜職と昼職の両立を目指す男性は転職の際にぜひチェックするようにしてください。これなら安心して二日酔いできますよ。笑

夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種5選

続きましては、夜職と昼職の両立を考える男性向けにおすすめの昼職を5つご紹介していきます。
こちらで紹介する職種は、上述した「フレックスタイム制」が導入されているかどうかを基準にして選んでおります。ですので、必ずしもこの職種を選べば両立がしやすいわけはありませんのでご注意ください。

【夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種1】システムエンジニア

1つ目にご紹介する夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種は『システムエンジニア』です。システムエンジニアは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わる仕事。
こちらはフレックスタイム制を導入している企業が多いため、自分の予定に合わせて昼から働ける仕事です。
そのため、夜職と昼職の両立を考えている人におすすめの職種となっております。

【夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種2】プログラマー

2つ目にご紹介する夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種は『プログラマー』です。プログラマーは、システムエンジニアが制作した設計書(仕様書)をもとにプログラミングを行い、機能を実装していく仕事。
こちらも上記同様にフレックスタイム制を導入している企業が多い職種です。そのため、夜職と昼職の両立がしやすくなっております。

【夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種3】Webデザイナー

3つ目にご紹介する夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種は『Webデザイナー』です。Webデザイナーは企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当・制作する仕事。
こちらもフレックス制が導入されている企業が多いため、午後から出勤することが可能だと思います。

【夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種4】Webライター

4つ目にご紹介する夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種は『Webライター』です。
Webライターは企業のWebサイトに掲載するコラム記事、ネット広告の文章、ECサイトに掲載する商品の説明文などのライティングを行う仕事。こちらもフレックスタイム制を導入している企業が多いため、夜職と昼職の両立がしやすいと思います。

【夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種5】Webマーケター

5つ目にご紹介する夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種は『Webマーケター』です。
Webマーケターは、ウェブサイトやスマホアプリ、SNS、などのオンラインチャネルを活用したマーケティングを行う仕事。こちらもフレックスタイム制を導入している企業が多く、自由な働き方がしやすい職種かと思います。

以上が夜職と昼職の両立がしやすい職種です。
尚、上記でお伝えした通り、これらの職種は「フレックスタイム制」を基準に夜職と両立しやすいと紹介しております。そのため、会社によっては残業が多くて「夜職をしている暇がない」ということも考えられますので、鵜呑みにしないようにしてくださいね。
ちなみに、もうお分かりかと思いますが、フレックスタイム制を導入する企業が多いのは、IT系になります。

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること5つ

では、最後に夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけることを5つご紹介していきます。
両立を考えている方はこれらの要素を踏まえたうえで考えるようにしてくださいね。

【夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること1】身心の疲労

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけることの1つ目は『身心の疲労』です。
当たり前のことですが、夜職と昼職の両立をすると身心共に疲労が大きくなります。そのため、収入は増えるけど健康状態を損なうデメリットがあるでしょう。夜職と昼職の両立をする男性は、これまで以上に質の高い栄養管理と運動を心がけるようにしてくださいね。

【夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること2】昼職への支障をなくすこと

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけることの2つ目は『昼職への支障をなくすこと』です。上記でご紹介したフレックスタイム制を導入している職種は、働き方は自由でも決してラクな仕事ではありません。
そのため、夜職と昼職の両立はできても、睡眠不足や疲労によって昼職に支障が出る可能性があります。昼職のパフォーマンスが落ちると悪い噂が立ちますので、支障が出ていると自覚したら夜職と昼職の両立は諦めるようにしてください。

【夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること3】情報漏洩

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけることの3つ目は『情報漏洩』です。
これは本人に情報漏洩する気がなくても、ふとしたミスで起こり得ることです。例えば、昼職で使用しているPCを夜職の職場で誰かに見られるとかですね。最近は、情報漏洩に対して企業も慎重になっておりますので、夜職と昼職の両立をする男性は、身を引き締めるようにしてください。
くれぐれも酔った勢いで昼職の内部事情(個人情報)を話すことがないようにしてくださいね。

【夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること4】人の目を気にしないこと

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけることの4つ目は『人の目を気にしないこと』です。
残念ながら、夜職をしている男性に偏見を持っている人は一定数います。そのため、人の目を気にしないようにしないと、居心地が悪くなり両立を続けていくことが困難になってしまうでしょう。夜職と昼職の両立を目指す男性は、このようなことがないよう人の目は気にしないようにしてくださいね。

【夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること5】税金関連のこと

夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけることの5つ目は『税金関連のこと』です。
仕事が一つの場合は基本的に会社が年末調整をしてくれます。しかし、二つ以上になると自分で確定申告することになる。そのため夜職と昼職の両立をする男性は個人で確定申告をしなくてはいけません。夜職と昼職の両立を目指す男性は、事前に「何が必要で」「何をしておくべきか」を調べ税金関連のミスがないようにしておきましょう。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

1夜職と昼職の両立を始める前に男性諸君が知っておくべきこと
2夜職と昼職の両立をしたい男性はフレックスタイム制をチェックしよう
3夜職と昼職の両立をしたい男性が知っておくべきフレックスタイム制のポイント
4夜職と昼職の両立をしたい男性に朗報のスーパーフレックスタイム制とは?
5夜職と昼職の両立を考える男性におすすめの職種5選
6夜職と昼職の両立を目指す男性が気をつけること5つ

以上になります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。