ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 事務職 営業職 接客・販売業 風俗から昼職に就職
2023.11.05

キャバ嬢は若いうちだけ?キャバ嬢を引退する年齢や引退後の進路を紹介

キャバ嬢はいつまで続けることができるのでしょうか。
キャバ嬢の引退や転職を考えているものの、タイミングが分からず悩んでいるという方も多くいると思います。

また、キャバ嬢引退後の進路は人によって様々です。
自分に合った進路選択ができるように是非今回の記事を参考にしてください。

今回は、キャバ嬢を引退する年齢や引退後の進路についてご紹介します。

キャバ嬢として働くことができるのは若いうちだけではない

キャバ嬢には、何歳で辞めなければならないという決まりはありません。
実際に30歳を超えてキャバ嬢として働いている方もいます。

しかし、自身が商品となるキャバクラでは若さが重要な商品価値となります。
そのため、キャバ嬢の年齢層は若く、30歳前に引退する方が多いです。

また、キャバクラは昼夜逆転生活や飲酒の影響で体調を崩しやすい職業のため、年齢にかかわらず、体力の限界からキャバ嬢を引退する方も多いです。

若いうちにキャバ嬢として働くメリット

年齢を重ねることでキャバ嬢を引退する方が多い一方、若いうちにキャバ嬢として働くことには多くのメリットがあります。

給料が高い

キャバ嬢は短い時間で多くの給料を稼ぐことができます。
同年代の昼職の友人に比べて、多くの収入を得ていた方も多いのではないでしょうか。

また、指名数や売り上げによって基本給に加算して給料を貰えることも魅力の1つです。
指名数や売り上げを増やせば増やすほど、多くの給料を貰うことができます。

美意識が高まる

キャバ嬢はお客様や自分のために見た目の美しさに気を使う必要があります。
そのため、美容やスタイル、洋服などに気を使っている方が多いです。

また、美意識の高い他のキャストと一緒に働くことで、自然と自分自身の美意識も高めることができます。

人脈が増える

キャバクラでは様々な業界で働く、普通に生きていたら出会えないような個性的な方々と交流することができます。

自分と異なる業界で働く方の話は勉強になることが多いです。
また、興味がなかった業界でも話を聞くことで興味を持ち、将来のキャリアに大きな影響を受ける可能性があります。

若いうちにキャバ嬢として働くデメリット

キャバ嬢で働くことはメリットばかりではありません。

ここでは、若いうちにキャバ嬢として働くことのデメリットをご紹介します。

金銭感覚が狂いやすい

キャバ嬢は多くの給料がもらえる分、金銭感覚が狂いやすいです。

キャバ嬢はブランド品や美容など、同年代の昼職の女性に比べて多くのお金を消費してしまう傾向があります。
また、キャバ嬢を引退したりキャバ嬢から昼職に転職した場合であっても、キャバ嬢をしていた頃の金銭感覚のままでお金を消費してしまうことがあるため、特に注意が必要です。

不規則な生活になりやすい

キャバ嬢の勤務時間は、夜から翌日の深夜までであることが一般的です。
さらに日によっては帰宅が明け方になることもあり、昼夜逆転の不規則な生活を送っているキャバ嬢の方は多いです。

昼夜逆転の生活は、太陽の光を浴びる機会が少なく鬱になりやすいなど様々なデメリットがあります。

大量飲酒などで体調を崩しやすい

昼夜逆転や大量飲酒など、キャバ嬢は体調を崩しやすい職業です。
2日酔いの状態で出勤をしたり、2日酔いで食事をまともに取ることができないという方も多くいます。

また大量飲酒などの影響で肝臓の病気になるなど、若いうちの無茶が将来的に回ってくる危険性もあります。

将来に不安を感じやすい

キャバ嬢はいつまでも続けることが難しい職業です。
体調面や将来的なことを考えて、多くの方はキャバ嬢を30歳前で辞めてしまいます。

そのため、いつまで働けるのかという不安から将来設計を立てることが難しいです。

若いうちだけキャバ嬢をしていた方の進路

若いうちだけキャバ嬢をしていた方はその後どのような進路を辿っているのでしょうか。

ここでは、若いうちだけキャバ嬢をしていた方の進路についてご紹介します。

他の夜職に転職や裏方業に回る

キャバ嬢を引退して他の夜職に転職する方は多くいます。

30歳を超えて夜職を続ける方は、年齢層の高いキャストが求められる夜職に転職することが一般的です。

年齢層の高い夜職として挙げられるのがスナックのママです。
スナックのママには年齢制限がなく、中には50代で働いている方もいます。

また、自分のお店を持って経営者になる方もいます。
一般的にはキャバ嬢で働いていた際の資金を利用して自分のお店を開く方が多いです。

結婚・出産

キャバ嬢引退後、結婚や出産をする方もいます。

結婚後に昼職などで働く方や、出産して子育てに注力する方など、その後の進路は人それぞれです。
また、キャバ嬢の中にはキャバ嬢時代のお客様と結婚する方もいます。

昼職への転職

若いうちだけキャバ嬢をしていた方の進路として最も多いのが、昼職に転職するパターンです。
体調面などの問題から規則正しい昼職での生活を希望する方は多く、職種は事務職やアパレルスタッフ、飲食店などキャバ嬢によって様々です。

若いうちにキャバ嬢を経験した方に向いている昼職

昼職は、若いうちにキャバ嬢として培ったスキルを活かすことのできる職種が多くあります。

自分の希望と適性を考えた昼職選びを心がけてください。

営業職

営業職は元キャバ嬢の経験が大きなアドバンテージになる可能性が高いです。

キャバクラで培ったコミュニケーションスキルやお客様との関係構築能力は、営業職でも重要なスキルです。
既存のお客様との信頼構築だけでなく、新規のお客様の獲得に貢献することも期待されます。

また、営業職は売り上げを上げるほど昇進や昇給が見込まれます。
そのため、キャバクラでの売り上げシステムに親しんでいる方は営業職でもモチベーションをもって仕事をすることができる可能性が高いです。

一方で、キャバクラの競争的な面を好ましく思っていない方は注意が必要です。
営業職はキャバクラと同様に売り上げが重視されるので、そのような方は職場でストレスを抱えてしまうことが多いです。

事務職

事務職では会社の文書作成やデータ管理、電話対応などを行います。
事務職はマルチタスクが求められるだけでなく、多くの業務では円滑に遂行するためのコミュニケーションスキルが重要です。

キャバクラでコミュニケーションスキルが培われている人は、事務職での業務の円滑化に貢献することが期待されます。

また、キャバクラでは忙しい状況下のお客様の対応などに追われていた方も多いのではないでしょうか。
そうした多忙な状況での業務対応能力は事務職でも活かすことができます。

接客販売職

接客販売職とはお客様の対応をして商品やサービスを売り上げる仕事です。

キャバ嬢はお客様の話を聞いて理解する傾聴力に長けた方が多いです。
そのため、お客様のニーズに合わせた商品やサービスの提供を行うという点において、接客販売職は向いていると言えます。

また、接客販売職も他の昼職と同様にコミュニケーションスキルが重要です。
キャバ嬢で培ったコミュニケーションスキルと営業力を駆使することで、即戦力となることも期待されます。

さらに、キャバ嬢をしていた中で自分が知識を持っている業界の販売職に就くこともおすすめです。
服飾などのアパレル関係の仕事はキャバ嬢の方に人気の職種の1つです。
また、美容に興味のあるキャバ嬢の方は美容関係の職種を選ぶこともあります。
キャバ嬢をする中で得た知識を、昼職の販売職でも活かしてみてはいかがでしょうか。

コールセンター

コールセンターは、お客様からの問い合わせやクレームの対応を電話で行う仕事です。

コミュニケーションスキルを始めとして、お客様の意図を読み取るための傾聴力も必要です。
お客様をおもてなしすることに慣れているキャバ嬢の方はコールセンターを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、キャバ嬢を引退する年齢や引退後の進路についてご紹介しました。

キャバ嬢に年齢制限はない一方で、体調面などの問題などから30歳前にはキャバ嬢を辞めるという方が多いです。
また、若いうちだけキャバ嬢をしていた方の引退後の進路として最も多いのは昼職への転職です。
自分の希望する職種と自分の適性を照らし合わせて、自分に合った昼職選びをしてください。

キャバクラから昼職に転職するなら「昼ジョブ」

キャバ嬢から昼職への転職を検討している方は「昼ジョブ」がおすすめです。

昼ジョブは夜職経験者の昼職への転職のサポートに特化した転職エージェントで、全国の数多くの正社員の求人を掲載しています。

夜職経験が原因で昼職への就職が不利になるのではないかと考えている方もいると思います。
しかし、昼ジョブでの求人は夜職経験者であることを前提に掲載しているので、そのような心配は必要ありません。

夜職経験者の所属エージェントが夜職経験者ならではのお悩みに沿って、夜職から昼職への転職をサポートします。

興味のある方は是非ホームページをご覧ください。
※昼ジョブのご利用はこちらから

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×