ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 事務職 人材業 受付・秘書 営業職 接客・販売業 美容職 風俗から昼職に就職
2024.01.25

タトゥーがあっても昼職はできる?できる昼職・できない昼職を紹介

昼職はタトゥーがあるとできないのでしょうか。
タトゥーがあることで昼職に就くことができないのではないかと不安に思っている方もいると思います。

今回の記事では、タトゥーに対する世間からのイメージやタトゥーがあるとできない昼職・タトゥーがあってもできる昼職についてご紹介します。

タトゥーに対するイメージ

タトゥーは近年、若年層を中心にファッションの一部として受け入れられている傾向があります。
一方で、高齢層にとっては刺青としての印象が強くあり、タトゥーに関して恐怖心や嫌悪感を持っている方が多いです。

タトゥーがあると昼職はできない?

日本ではタトゥーに対する古い考え方が残っています。
イメージが重視されている企業や職種では、グレーな印象を持つタトゥーが認められず禁止されていることが多いです。

また、タトゥーを理由に会社での昇進を見送られたという事例もあり、タトゥーはファッションとしてリスクの大きい一面を持っています。

タトゥーがあるとできない昼職

世間ではタトゥーから反社会勢力を連想させるイメージが強いです。
そのため国の仕事である公務員を始めとして、反社会勢力との関係を懸念して採用を見送る昼職も多くあります。

この項目では、タトゥーがあるとできない昼職についてご紹介します。

エステティシャン

エステティシャンは清潔感や安心感が求められるため、タトゥーは禁止されています。
業務は半袖で行うことが多く、タトゥーを隠すことができない点でも採用されることは難しいです。

受付関係

受付業もタトゥーが禁止されていることが多いです。

受付業は外部の様々な人と関わることが多いため、タトゥーがあることで会社全体が偏見を持たれてしまう可能性が高いです。
そのため、会社の顔として受付業はタトゥーが見えていない場合でもタトゥーを禁止にしている会社が多いです。

警察官

警察官は公務員としてタトゥーが禁止されています。

反社会勢力との関わりが疑われることもあり、市民を守り安心感を与える仕事としてタトゥーは基本的に認められていません。
海外では地域によって警察官のタトゥーが認められていることもあります。

教職員

タトゥーは生徒を怖がらせてしまう可能性もあるため、教職員として相応しくないものとして基本的に禁止されています。

また、近年では教職員の服務に関するガイドラインが改訂されるなど、ルールやそれに対する処罰が明確に決められており、タトゥーに対する理解は一層薄れている傾向にあります。

営業職

営業職は営業先でのイメージを大切にするためにタトゥーを禁止していることが多いです。

しかし、見えなければ良いなどのルールが設けられている会社もあり、ファッションとしてのタトゥーへの理解が進んでいる職種の1つとされています。

客室乗務員

客室乗務員はタトゥーが禁止されています。
採用試験では語学力や知識だけではなく、身体検査でタトゥーがあるかどうか厳しくチェックされます。

知性だけではなく外見や容姿が重要視されているため、タトゥーをはじめとする身だしなみのルールは厳しく設けられています。

力士

日本の国技である相撲では、規約上タトゥーが禁止されています。

日本相撲協会では2019年2月の理事会で力士の刺青を禁止することを明記しました。
土俵は神聖な場所として、誰が見ても気持ちがよいような見た目であるべきだという考え方を背景に、同規定で刺青・伸びた爪・過度な髭などが禁止されました。

タトゥーがあってもできる昼職

この項目ではタトゥーがあってもできる昼職についてご紹介します。

職種だけではなく会社によっても考え方は異なるため、ここでご紹介する職種をもとに実際に自分が受ける会社のルールを確認するようにしてください。

コールセンター

コールセンターは、顧客からの問い合わせやクレームの対応を電話で行う仕事です。

基本的にお客様などと顔を合わせることがなく、声が重要視される仕事であるためタトゥーを認めている会社は多いです。

IT関係

webデザイナーやプログラマーなどのIT関係業は、社内でのタトゥーが認められていることが多いです。

クライアントと対面する際にはタトゥーを隠すように決められている会社もあるため、そのような会社では隠すことができる範囲内でのタトゥーが認められています。

製造業

製造業は外部の人と会う機会が少ないため、タトゥーが認められている会社が多いです。

作業着は長袖を用いている会社が多く、仕事中はタトゥーを隠して仕事をすることができます。

アパレルスタッフ

アパレルスタッフはファッション関係の仕事であるため、ファッションとしてタトゥーを認めている会社が多いです。

国内ブランドやセレクトショップはルールが比較的厳しい傾向があるので、あらかじめタトゥーが認められているかどうか調べておきましょう。

事務職

基本的に接客のない事務職では、タトゥーが認められていることが多いです。
お客様の対応が稀である場合は、タトゥーを隠すことが決められているところもあります。

事務職のように、社内ではタトゥーが認められる一方で社外の人と会うときは隠すことが義務付けられている会社が多いです。

警備員

警備員は基本的に制服を着て業務を行うため、タトゥーが禁止されている会社は少ないです。

夏場でも長袖を着ることが多く、タトゥー自体が問題になりにくい職種の1つです。

運転手

運転手は人と接する機会が少ないため、基本的にはタトゥーが認められています。

業界自体がタトゥーに対する偏見が少ないという特徴があり、真面目に仕事を行えばタトゥーがあっても雇ってもらうことができる比較的寛容な業界の1つです。

建築関係

土木や建設などの建築関係の仕事は、見た目ではなく人柄や仕事の力量が重要視されます。
そのため、タトゥーがある場合でもやる気のある方は採用されることが多いです。

また、作業着が長袖のところも多くあり、屋外での作業も人の目を気にすることなく行うことができます。

家電販売員

家電販売員は仕事着がスーツであることが多く、見えない場合のみタトゥーが認められていることが多いです。

メーカーによって服装やタトゥーのルールに大きな違いがある特徴があるため、あらかじめ会社や店舗に確認を取るようにしましょう。

夜職から昼職への転職をするなら「昼ジョブ」

夜職から昼職への転職を検討している方は「昼ジョブ」がおすすめです。
昼ジョブは、夜職経験者の昼職への転職活動のサポートに特化した転職エージェントです。

所属エージェントが全員夜職経験者

昼ジョブに所属しているエージェントは、全員が夜職経験者です。
そのため、夜職経験者ならではのお悩みに沿った転職活動のサポートを行うことができます。
また、タトゥーに関するお悩みがある方も、昼ジョブのエージェントに相談することができます。

夜職経験が前提の求人を多数掲載

昼ジョブの求人の全ては応募者の夜職経験を前提として掲載しているので、履歴書や面接で夜職経験を隠す必要はありません。

夜職経験が昼職への転職でマイナス要素になるのではないかと心配に思っている方も安心して転職活動を行うことができます。

応募書類の作成・添削サポート

昼ジョブでは応募書類の作成や添削のサポートを行っています。
そのため、昼職の応募書類を書いたことがないという方でも、夜職での経験で得た強みを最大限にアピールした応募書類を作成することができます。

利用者満足度が高い

昼ジョブは、利用者の方の満足が非常に高い転職エージェントです。

「昼職転職サービス」部門で「口コミ満足度No.1」「理想の会社に出会えると思うNo.1」「サポート満足度No.1」の部門で3冠を達成しています。

1分でできる適職診断などもあるので、興味のある方は是非ホームページをご覧ください。
※昼ジョブのご利用はこちらから

まとめ

今回の記事では、タトゥーに対する世間からのイメージやタトゥーがあるとできない昼職・タトゥーがあってもできる昼職についてご紹介しました。

タトゥーはファッションとして若年層に受け入れられている一方で、世間ではタトゥーに対する偏見が多く残っています。
公務員や客室乗務員などは、仕事柄タトゥーを入れることができないため注意してください。

また、タトゥーに対する考え方は業界や職種だけでなく会社によって異なることが多いです。
この記事でご紹介した職種をもとに、実際に自分が受ける会社のタトゥーに関するルールを確認するようにしてください。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×