ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 昼職・夜職掛け持ち 風俗から昼職に就職
2022.10.26

夜職と昼職の両立が辛い。夜職を辞めたい女性が知っておくべきこと【水商売、風俗、キャバクラ、ホステス、ガールズバーを辞めたい方向け】

夜職と昼職を両立している。
だけど、辛くなってきたから夜職を辞めたい…。

このような悩みを抱えている女性はいませんか?

「夜職と昼職の両立で生活が乱れる」「夜職と昼職の両立で遊ぶ時間がない」など、夜職と昼職の両立をしている女性の中には、精神的に辛くなり、昼職1本でやっていこうか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな女性に向けて「夜職をやめるときに気をつけること」をご紹介していきたいと思います。
この記事を読めば夜職をやめる時に「トラブルになりやすいこと」や「うまく辞める方法」がわかりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

目次

夜職と昼職の両立!女性が絶対にやってはいけないこと

夜職を辞めて昼職1本にする。
こう考える場合、ほとんどの女性が真っ当な理由で辞めていきます。しかし、なかには不純な動機で退職する人がいる。それは「ボーイとの色恋」です。夜職では基本的に「ボートとの色恋」は禁止事項になっております。
そのため、お店によっては、ボーイに対して100万円近くの罰金を設ける店もある。また場合によっては、女性の皆さんにも「〇ヶ月分の給与ゼロ」など、の厳しい処分が下されることがあります。
ですので、このような理由で退職することだけは絶対にやめてくださいね。

夜職と昼職の両立!女性が辞める理由7つ

ここでは夜職と昼職の両立をしている女性が、夜職を辞めて昼職に専念する理由をご紹介していきます。
現在、夜職と昼職の両立をしていて、自分でもわからないモヤモヤしたものがある人は、気持ちが整理されると思いますので、ぜひご覧くださいね。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由1】昼職が忙しくなる

1つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『昼職が忙しくなる』です。
最近は企業も女性の管理職を増やしており、有能な方はあっという間に出世します。そのため、できる女性は昼職が忙しくなり、夜職を続けることが困難になる。夜職と昼職の両立をしている方は有能な方が多いので、このパターンで辞める人は結構います。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由2】結婚

2つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『結婚』です。
夜職をしている女性は容姿端麗な方が多く、ほとんどの方にパートナーがいます。そのため、パートナーからの申し出(プロポーズ)により退職するってパターンも多いですね。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由3】家族バレ

3つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『家族バレ』です。
夜職と昼職の両立をしている女性の中には家族に隠している人がいます。
そのため、家族にバレて夜職を辞めるってパターンも結構あるのです。ちなみに会社の人にバレて辞めるパターンもあるそうです。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由4】ノルマの重圧

4つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『ノルマの重圧』です。
夜職と昼職の両立をしている女性にも当然ノルマは課せられます。お店は昼職の忙しさを考慮してノルマを減らしたりしません。ですので、ノルマが辛くなり辞めるってパターンも多いです。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由5】体調不良

5つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『体調不良』です。
夜職と昼職の両立をしていると、どうしても睡眠時間が減ります。そのため、体調不良になり夜職を続けることが困難になるんですね。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由6】客とのトラブル

6つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『客とのトラブル』です。
夜職はお酒を提供する場なのでトラブルはつきものです。基本的にはボーイが仲裁してくれるのですが、なかにはタチの悪いお客様がいるので、直接トラブルになることもあるでしょう。
その結果、精神的に参ってしまい、お店を辞めるというパターンは多いですね。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞める理由7】キャストや店との関係が悪化する

7つ目にご紹介する夜職と昼職の両立している女性が辞める理由は『キャストや店との関係が悪化する』です。これもよくあるパターンの一つです。というのも、キャストやお店のスタッフとはお客様より長い時間を過ごすことになります。
そのため、人間関係が円滑でないとお店にいづらくなってしまうんですね。

夜職と昼職の両立!女性に起こるかもしれないトラブル5つ

続きましては、夜職と昼職の両立をしている女性が夜職を辞めて昼職に専念するときに起こるかもしれないトラブルを5つご紹介します。トラブルを回避するために、しっかりと把握しておきましょう。

【夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブル1】引き止められる

夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブルの1つ目は『引き止められる』です。
売上がズバ抜けて高い方や従業員不足のお店に勤める場合は、お店からの引き止めを受けることがあります。お店側はこれまで何人もの女性を引き止めた経験があり、情に訴える方法を知っておりますので、退職理由をしっかりと伝える練習をしておきましょう。

【夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブル2】独自ルールの存在

夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブルの2つ目は『独自ルールの存在』です。
お店は女性が簡単に辞めないよう『独自ルール』を設けている場合があります。例えば、「入店して一年以内の退職は罰金がある」とかですね。このような場合は個人でお店と話し合うことは困難なので、第三者を間に挟みトラブルを避けるようにしましょう。

【夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブル3】辞めさせてくれない

夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブルの3つ目は『辞めさせてくれない』です。
夜職では退職の意思を伝えても在籍したままの状態にされることがあります。そのため、退職後も「来週〇曜日出勤できませんか?」と聞いてくることも。このような場合も、個人で争うとトラブルのもとになるので専門家に相談するようにしてください。

【夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブル4】最低時給になる

夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブルの4つ目は『最低時給になる』です。というのも、夜職は給料形態が特殊で、「ポイントスライド制」「売上スライド制」といった売上やポイントで一定期間の時給が保証されるシステムが採用されています。

しかし、退職希望を出すと同時に保証期間中にもかかわらず、最低時給に減給させられることがあるのです。

【夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブル5】給料が未払いになる

夜職と昼職の両立をしている女性に起こるかもしれないトラブルの5つ目は『給料が未払いになる』です。
というのも、夜職では退職を受けると同時にクビを宣告し、不良退店扱いとして給料を支払わないといったケースが稀に存在します(不良退店扱いとは、退店報告をお店が定めている期間中に申し出ずに退店することです)。
そのため、悪質なお店だとお給料がもらえません。この場合の対処法は、速やかに弁護士などの第三者の力を有効活用することをおすすめします。

夜職と昼職の両立!女性が辞めるときのポイント3つ

では、最後に夜職と昼職の両立をしている女性が夜職をスムーズに辞めて、昼職に専念する方法を3つご紹介します。
全体的な流れを把握してしっかりと段取りを踏めば、比較的スムーズに辞めることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞めるときのポイント1】退職の伝え方を考えること

夜職と昼職の両立をしている女性が辞めるときのポイント1つ目は『退職の伝え方を考えること』です。
というのも、夜職を退職する場合、内容と同じく伝え方も大切になってきます。いちばん意思が伝わりやすいのは、お店のオーナーや店長に会って口頭で伝える方法。しかし、なかにはどうしても会って言えない方もいるはず。
そういう方は手紙を書くようにしましょう。手紙だとLINEやメールより気持ちが伝わると思いますよ。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞めるときのポイント2】1ヶ月前までに伝えること

夜職と昼職の両立をしている女性が辞めるときのポイント2つ目は『1ヶ月前までに伝えること』です。
というのも、会社を退職する場合、希望日から最低1~2か月前には上司に伝えるのが一般常識。
法律ではお店に退職届を出してから14日間で退店扱いになりますが、2週間後にいきなり辞めるとなるとお店側も困惑するので、早めに伝えるようにしましょう。

【夜職と昼職の両立をしている女性が辞めるときのポイント3】感謝を伝えること

夜職と昼職の両立をしている女性が辞めるときのポイント3つ目は『感謝を伝えること』です。
人間は最後の印象がいつまでも強く残ります。ですので、最終出勤日にはキャスト・スタッフ・お客さんの一人一人に感謝の気持ちを伝えてお別れの挨拶をして回りましょう。

最後のお別れを盛大にすると「もう戻らないです」という意思表示にもなりますよ。ちなにみどうしても自分一人で退職の手続きをすることが不安だという方は「退職代行」というサービスがありますよ。
詳しくは退職代行について紹介しているサイトをご覧ください。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

1夜職と昼職の両立!女性が絶対にやってはいけないこと
2夜職と昼職の両立!女性が辞める理由7つ
3夜職と昼職の両立!女性に起こるかもしれないトラブル5つ
4夜職と昼職の両立!女性が辞めるときのポイント3つ

最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。