ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2022.10.26

夜職から昼職への転職!面接の逆質問はいくつまでOKなの?

夜職から昼職に転職したいのに…。
面接で自己アピールができない。

このような悩みを抱えている方はいませんか?

「自分にはアピールするものがない…」「うまくアピールできない…」など、転職を考えている方のなかには、面接でつまずき頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて「面接の逆質問」について解説したいと思います。
逆質問は面接で自分のことを最大にアピールできるチャンス。面接で失敗しても、逆質問をうまくすれば面接官に好印象を与えることができます。この記事では『逆質問のポイント』や『逆質問の注意点』など、細かく丁寧に説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

目次

夜職から昼職への転職!面接の逆質問について語る前に

面接の逆質問について語る前に、まずは逆質問とは何か?について軽くご説明します。
逆質問とは、応募者(あなた)が面接官に向けてする質問のこと。面接は一般的に面接官が質問して応募者が回答。
このスタイルで進んでいきます。
しかし終盤に差しかかると「あなたから何か質問はありますか?」と、応募者に質問が投げられることがある。
これが逆質問です。逆質問をうまくできれば、自分を強くアピールできます。
つまり、逆質問は面接で自分のことをアピールする最大のチャンスなのです。

夜職から昼職への転職!面接の逆質問はいくつまでOKなの?

逆質問は自分をアピールするチャンス。
では、いくつ質問していいのか?結論から申し上げますと、逆質問はいくつあっても問題ありません。明確なルールはないのです。
といっても何個も逆質問すると面接官は面倒に感じます。

なので、目安としては最低3つ。多くても5つくらいに考えるといいでしょう。

夜職から昼職への転職!面接で逆質問をする前にいくつかのシチュエーションを用意
逆質問の基本は、事前にいくつかの質問内容を用意すること。
そして、それを面接の状況に合わせて選択するということです。
例えば、「面接官が一人のケース」と「面接官が複数のケース」にする逆質問。「面接官が人事部のみのケース」と「面接官に自分の所属部署の社員がいるケース」の逆質問はちがいます。

逆質問は面接の状況によって変わりますので、あらかじめいくつかのシチュエーションを想定して準備しておきましょう。

夜職から昼職への転職!面接で逆質問をする目的はいくつある?

続きましては、逆質問をする目的について解説していきます。
逆質問の目的を知っておくと質問の精度があがるので把握しておきましょう。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする目的1】応募意欲をはかるため

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする目的の1つ目は『応募意欲をはかるため』です。
というのも、意欲のある応募者は、事前に企業ホームページや募集要項を読み込んでおり、面接で話さなかったことを積極的に質問します。
翻って、意欲のない方は逆質問をしない。あるいは内容の薄い逆質問をします。

面接に臨む際は、このことを踏まえ逆質問するようにしましょう。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする目的2】応募者の疑問を解消するため

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする目的の2つ目は『応募者の疑問を解消するため』です。
というのも、企業は採用した人に「長く働いてもらいたい」と考えており、ミスマッチを避けようとしております。

そのため、面接時に応募者が質問できる機会を与え、疑問を解消し、ミスマッチが起こらないようにしているのです。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする目的3】自社のどこに興味があるかを知るため

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする目的の3つ目は『自社のどこに興味があるかを知るため』です。
面接官は逆質問の内容によって、「応募者が自社のどこに興味を持っているのか」を判断します。「労働条件」「職場環境」「キャリアステップ」など、応募者の重視している箇所をチェック。その結果、自社の仕事や社風に合った人物かを確認しようとしております。

夜職から昼職への転職!面接で逆質問をするポイントをいくつか紹介

ここでは、面接で逆質問をする際のポイントをいくつかご紹介します。
昼職の面接に臨む際はこのポイントを抑えるようにしてくださいね。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際のポイント1】労働意欲をアピール

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際のポイント1つ目は『労働意欲をアピール』です。
上述したように面接官は逆質問で「労働意欲」を知ろうとしております。
なので、労働意欲をアピールすれば、それだけで好印象。最大のアピールになるのです。

労働意欲は、若い方の場合、管理職の年齢を聞くとOK。それだけで面接官は「早く出世したいんだな」と受け取り、意欲があると感じます。
ぜひ試してみてください。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際のポイント2】業界の今後について聞く

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際のポイント2つ目は『業界の今後について聞く』です。
面接官に業界のことを尋ねると「業界の将来を見ていること」をアピールできます。
ですので、逆質問では応募先が該当する業界について必ず逆質問しましょう。

尚、この時に注意しなければいけない点が、逆質問の内容とその企業が注力する分野が一致しているか、ということ。これがズレていると企業分析が甘いと思われます。
面接に臨む際は企業研究を徹底的に行い、今後の経営戦略を加味したうえで、逆質問するようにしましょう。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際のポイント3】自分の考えを含める

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際のポイント3つ目は『自分の考えを含める』です。
というのも、逆質問は聞きたいことを聞くより、自分の考えを含めたほうが好印象。
面接官はそれだけで「しっかりと考えて逆質問している」と感じます。

なので、面接で逆質問をする際は自分の考えを含めるようにしましょう。
例えば「御社に入社した暁には、〇〇をしていきたいと考えております。そのために、今から準備しておくべきことは何かありますか?」などですね。

夜職から昼職への転職!面接で逆質問をする際の注意点をいくつか紹介

最後に面接で逆質問する際の注意点をご紹介します。逆質問はうまくできれば、アピールできますが、失敗すると悪い印象を与えます。ですので、この注意点を踏まえ逆質問をするようにしてくださいね。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点1】抽象的な質問をすること

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点1つ目は『抽象的な質問をすること』です。
抽象的な質問は答えにくいため、面接官が困ってしまいます。
例えば、「企業の雰囲気はどうですか?」「社員の満足度はどうですか?」といった感じですね。

逆質問をする際は答える面接官のことも考えて聞くようにしましょう。
そうしないと、コミュニケーション能力がないと思われますよ。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点2】調べればわかることを聞かない

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点2つ目は『調べればわかることを聞かない』です。
逆質問で「調べればわかること」を聞くと印象が悪くなります。
例えば「年間休日はどのくらいですか?」とかですね。
このような愚問をすると「それをわざわざ聞く必要性があるのか」と思われますので、聞かないようにしましょう。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点3】面接官が話したことを聞かない

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点3つ目は『面接官が話したことを聞かない』です。
当たり前ですが、面接官がすでに話した内容を質問すると「人の話を聞いてない」と思われます。

なので、面接の会話の中で既に出た内容を繰り返し聞くことがないようにしましょう。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点4】待遇に関する質問は避ける

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点4つ目は『待遇に関する質問は避ける』です。
待遇に関する質問は逆質問に限らず、面接で聞かないのがベター。
例えば、「有給は取得できますか」「残業や休日出勤はどれくらいですか」など、給与や福利厚生、勤務形態に関する質問ですね。

これらの質問はネガティブな印象に映る可能性があるので避けるようにしましょう。
どうしても気になる方は、転職エージェントをご利用ください。
転職エージェントにならいくつ質問をしても大丈夫ですよ。それに応募先に関する待遇について詳しく教えてくれます。

【夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点5】はい・いいえで答えられる質問はしない

夜職から昼職への転職面接で逆質問をする際の注意点5つ目は『はい・いいえで答えられる質問はしない』です。
この手の二択で答えられる質問は「クローズドクエスチョン」といわれ、大きな話の発展が望みにくいといわれています。
そのため、面接では不適切な質問と言えるでしょう。
面接官によってはコミュニケーションスキルがないと思われてしまいますので、逆質問では避けるようにしてくださいね。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

夜職から昼職への転職!面接の逆質問について語る前に
夜職から昼職への転職!面接の逆質問はいくつまでOKなの?
夜職から昼職への転職!面接で逆質問をする前にいくつかのシチュエーションを用意
夜職から昼職への転職!面接で逆質問をする目的はいくつある?
夜職から昼職への転職!面接で逆質問をするポイントをいくつか紹介
夜職から昼職への転職!面接で逆質問をする際の注意点をいくつか紹介

以上になります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。