ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 風俗から昼職に就職
2023.05.31

ホステスを辞めたい時はどうすればいい?辞める際のポイントや悩みについて解説

ホステスは、高級クラブで年収が高いお客様を接客する機会も多く、昼職にはない独特の悩みを抱える方が多いです。

そのため、ホステスを辞めたいと考えたら、すぐに行動に移す必要があります。

この記事では、ホステスを辞めたいと考える理由やホステスを辞める際にとるべき行動について徹底解説します。

ホステスを辞めたいと考える主な理由

ホステスを辞めたいと思う主な理由として、お客様や同僚との人間関係が悪化した・仕事内容が嫌になった・体調不良・将来が不安になった、といった理由が考えられます。

ここでは、ホステスを辞めたいと考える4つの理由について詳しく紹介します。

お客様や同僚との人間関係が悪化した

昼職でも夜職でも言えることではありますが、同僚や店内スタッフとの人間関係が悪くなった時は、辞めたいと考える可能性が高まるでしょう。

また、ホステスクラブでは、人間関係や店の雰囲気が大事なので、お客様との関係も非常に重要になります。

仕事に悪影響を与えるほど人間関係が悪化してしまった場合、辞めたいと考える方は多いです。

仕事内容が嫌になった

ホステスの仕事内容が嫌になった・業務内容に不満を持っている場合、ホステスを辞めたいと思う理由の1つと言えるでしょう。

業務として大量に飲酒しなければいけないことや、多くの売上をあげないと評価してもらえないなど、昼職とは異なる悩みが発生することがあります。

それらの悩みを、重荷に感じてしまうようなら辞めることを検討することをおすすめします。

体調不良

ホステスの仕事は、昼夜逆転の生活や大量の飲酒などが原因となって体調を崩しやすくなってしまいます。

また、勤務時間外にもお客様と同伴して接客をおこなうなどして食生活が乱れてしまうこともあります。

意識して身体によい生活を送らないと、体調不良になりやすく身体に負担がかかってしまい、重度の病気になってしまう可能性もあるため、健康に不安を感じることが多くなったら、ホステスを辞めることを考える方もいらっしゃるでしょう。

将来が不安になった

ホステスの仕事は、自分の売上状況によって収入の変動が激しいため、将来の見通しが立たず不安を感じることがあるでしょう。

また、年を取るごとに売上が上げづらくなる傾向があるので、長く働くことができるかどうか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ホステスを辞める際のポイント

ホステスを辞める際は、早めに退店意志を告げる・誠意を見せて礼儀正しくする・金銭感覚を戻す・昼間の生活に慣れる・トラブルを起こさないようにする、などのポイントがあります。

ここでは、ホステスを辞める際のポイントについて詳しく紹介します。

早めに退店意志を告げる

通常、法律では辞めたい日の2週間前に店に報告すれば退店することが可能になりますが、2週間ではお店側も新しい人材の補填や新人の教育などが間に合わなくなってしまいます。

辞めることを決意したら、出来るだけ早くお店側に退店の意思を伝えるようにしましょう。

辞める際は誠意を見せて礼儀正しくする

どのような職場でも礼儀を尽くして辞めるのは当然のマナーです。

退店日が決定した際は、お店のスタッフや他のホステスに、感謝と簡単な事情を伝えるなどしてホステスの仕事を卒業することを報告しましょう。

また、ホステスの職場は高級クラブであることが多く、特定のお客様と過ごす時間も長いので、自分の馴染みのお客様にも合わせて簡単な事情と感謝を伝えておくとよいです。

金銭感覚を戻す

ホステスの給与は一般的な昼職の方の給与よりも高く客層も年収の高い方が多いため、ホステスを辞めた後についた昼職との金銭感覚のギャップが生じてしまう可能性があります。

一般的な金銭感覚を取り戻して、昼職で働いた際の生活に支障をきたさないようにしましょう。

昼間の生活に慣れる

ホステスは昼夜逆転の生活になってしまうため、ホステスを辞めてから昼職に就いた際に、生活リズムを整えるのに苦労することが考えられます。

朝型の生活リズムを習慣づけるようにしておくと、朝に起きることも辛く感じないようになるかもしれません。

ホステスの仕事をやめた直後から昼職の仕事を始める前の期間で、朝型の生活を週刊にしておくとよいでしょう。

お店とトラブルを起こさないようにしよう

ホステスを辞める際にトラブルを起こしてしまうと、お店をスムーズにやめることが難しくなってしまいます。

契約書などをよく見直す・お店との給与トラブル・ホステス間の金銭トラブルにも注意して、遺恨なく退店できるようにしましょう。

退店拒否されることも考えておく

辞めたいという意思を伝えた際にすぐに受け入れてもらえない場合があります。

退店拒否されることを未然に防ぐために、あらかじめ何か月前に退店意志を告げればよいか確認しておく・できるだけLINEやメールなどを使って記録に残すなどするようにしましょう。

転職の意思があるなら辞める前から転職活動を始める

ホステスを辞めて昼職に転職する意思がある方は、辞める前から転職活動をしておくことをおすすめします。

それは、金銭的な心配をせずに転職活動をおこなうことができるからです。

ホステスから昼職へ転職がしたいと考えている方はぜひ「昼ジョブ」へご相談ください。

昼ジョブは夜職経験者に特化した転職エージェントのため、「自分で調べるのは不安」「自分はどんな職業に適性があるのか知った上で転職活動を始めたい」という方も安心して利用することが可能です。

昼ジョブには夜職経験のあるエージェントが多数在籍しているため、夜職経験者にしか分からない悩みや不安を相談しながら一緒にキャリアプランを考えることも可能です。

昼職に必要なビジネスマナー研修やPC研修も積極的におこなっているため、昼職が初めての方でも安心してチャレンジすることができます。

まずはこちらからお気軽にご相談ください。
※「昼ジョブ」はこちらから

ホステスを辞めた後にオススメの職業

ホステスを辞めた後に就くオススメの職業として、営業職・飲食店・アパレルや美容系が挙げられます。

ここでは、ホステスを辞めた後にオススメの3つの職業について詳しく解説します。

営業職

営業職は、ホステス時代に身につけたコミュニケーションスキル・接客姿勢などを最大限に活かして働くことができる職業です。

また、他の職業より成果が収入に反映されやすいこともあって、ホステス時代の給料体制と共通するものがあるため、仕事へのモチベーションも保ちやすい職業ということもできるでしょう。

年収の高いお客様を数多く接客してきた経験を活かして、h動産や車といった高額の商品を取り扱う営業職もおすすめです。

飲食店

飲食の店員も選択肢として挙げることができます。

ホステスはお酒や料理を扱うことも多いため、その経験を活かして飲食店員として即戦力として働くことが可能です。

ホステス時代に培った接客スキルも活かすことができますので、より活躍することができるでしょう。

お客様を上手に接客できる可能性が高いです。

アパレル・美容系

ホステスで売上を伸ばすためには外見を磨くことも求められます。

そのため、現役時代に自分に似合う服・化粧品・髪型などを追求した経験を活かすことができる、美容や洋服に関する職業もおすすめです。

ホステス時代に培ったファッションセンス・豊富な知識・接客スキルを活かして働くことで、即戦力として働くことも可能になるでしょう。

ホステスを辞めたいと思ったら即行動しよう

ホステスの仕事は、精神的・体力的にも負担になることが多い職業なので、辞めたいと悩みを抱える方もいらっしゃるかもしれません。

その際は、金銭感覚をただす・生活リズムを整えるなど、辞めた後に昼職に就いた場合の生活に合わせる努力をする必要があります。

ホステスを辞めたいと思った際はすぐに行動に移すようにしましょう。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。

×
×