ガールズバーから昼職に就職
2022.10.27

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問について解説します

逆質問は大切って聞くけど…。
よくわからない。

このような悩みを抱えているガールズバー嬢はいませんか?

逆質問は仕事に対する「熱意」や「意欲」を伝え、面接官に好印象を与えられる絶好のチャンス。

面接が苦手な人でも、逆質問をうまく活用すると簡単にアピールできます。

ですから、自分をうまくアピールできない方は逆質問について学び、しっかりと対策しましょう。

この記事では、転職活動中のガールズバー嬢に向けて「逆質問」について解説していきます。

記事の後半では「逆質問の注意点」や「逆質問で好印象を与えるコツ」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

目次

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問ってなに?

まずは逆質問についてご説明します。

逆質問とは、あなたが面接官にする質問。多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。

逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問です。そのため、うまく答えれば自分をアピールできる絶好のチャンスになります。
その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。ですから、ガールズバーから昼職への転職を成功させたい方は、事前に逆質問を考えておきましょう。

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問は多いほうがいいの?

逆質問は自分をアピールするチャンス。
しかし、あまりにも多くの逆質問をすると、かえって面接官の心象を損ねます。(一人に与えられた面接時間は限られているため)ですから、逆質問の目安としては最低3つ。

多くても5つくらいに考えるといいでしょう。なお、面接官から「いくつ質問してもいいですよ!」と言われた場合は、時間に余裕があると思いますので、たくさんの逆質問をしても大丈夫ですよ。

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問はいくつかのシチュエーションを想定して用意しよう

逆質問は、いくつかのシチュエーションを想定して用意することが大事。

たとえば「面接官が一人のケース」と「面接官が複数のケース」にする逆質問。

「面接官が人事部のみのケース」と「面接官に自分の所属部署の社員がいるケース」の逆質問は違います。

逆質問の内容は面接の状況によって変わりますので、いくつかのシチュエーションを想定して、しっかりと準備しておきましょう。

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問をする目的とは?

続きましては、面接官が逆質問をする目的について解説していきます。

逆質問の目的を知っておくと質問の精度が上がりますので把握しておきましょう。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問をする目的1】応募者の疑問を解消するため

面接官が逆質問をする目的の1つ目は『応募者の疑問を解消するため』です。

一般的に企業は採用した人に「長く働いてもらいたい」と考えており、ミスマッチを避けようとしております。

そのため、面接時に応募者が質問できる機会を与えて疑問を解消し、ミスマッチが起こらないようにしているのです。

逆質問は緊張すると思いますが、ミスマッチを起こさないためにも積極的にしましょう。入社後に後悔しても遅いですよ。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問をする目的2】どこに興味があるかを知るため

面接官が逆質問をする目的の2つ目は『どこに興味があるかを知るため』です。

面接官は逆質問の内容によって「あなたが自社のどこに興味を持っているのか」を判断します。

「企業の将来性」「ビジネスモデル」「職場環境」など、応募者の重視している箇所をチェック。

その結果、自社の社風に合った人物かを確認しようとしております。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問をする目的3】応募意欲をはかるため

面接官が逆質問をする目的の3つ目は『応募意欲をはかるため』です。

意欲のある応募者は「企業ホームページ」や「募集要項」を読み込んでおり、面接で話さなかったことを積極的について質問します。

一方、意欲のない応募者は逆質問をしない。あるいは的外れな逆質問をします。
ですから、逆質問を聞けば、ある程度は応募意欲がわかってしまうのです。

転職面接に臨む際は、このことを踏まえ逆質問しましょう。

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点5つ

ここからは、逆質問する際の注意点を5つご紹介します。

逆質問は自分をアピールできる絶好のチャンス。
しかし、失敗すると面接官に悪い印象を与えます。ですので、この注意点を押さえた上で逆質問をしてくださいね。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点1】調べればわかることは聞かない

ガールズバー嬢が転職面接で逆質問をするときの注意点1つ目は『調べればわかることは聞かない』です。

逆質問で「調べればわかること」を聞くと印象が悪くなります。

たとえば「会社の理念はなんですか?」とかですね。このような逆質問をすると「何も調べないで面接に来たな」と思われます。
くれぐれも逆質問では聞かないようにしましょう。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点2】はい・いいえで答えられる質問はしない

ガールズバー嬢が転職面接で逆質問をするときの注意点2つ目は『はい・いいえで答えられる質問はしない』です。

はい・いいえで答えられる質問は「クローズド・クエスチョン」と言って、大きな話の発展が望みにくいと考えられております。

そのため、面接では不適切。面接官によってはコミュニケーションスキルがないと思われてしまいます。

ですので、この手の質問はしないように注意してください。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点3】抽象的な質問はしない

ガールズバー嬢が転職面接で逆質問をするときの注意点3つ目は『抽象的な質問はしない』です。

抽象的な質問は答えにくいため、面接官が困ってしまいます。

たとえば「職場の雰囲気はどうですか?」「社員の満足度はどうですか?」といった感じです。面接で逆質問をする際は、答える面接官のことも考えて聞きましょう。

そうしないと、コミュニケーション能力がないと思われますよ。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点4】面接官の部署や役職を考慮する

ガールズバー嬢が転職面接で逆質問をするときの注意点4つ目は『面接官の部署や役職を考慮する』です。

転職面接では、人事部の社員が面接官とは限りません。

一次面接は人事部の方が対応。二次面接では「経営層が面接を行う」といったケースがあります。

ですので「販売職の1日のスケジュールを教えてください」のような、特定の部署しかわからない質問は避けましょう。面接官が答えられないと話題が広がらず、アピールの場を無駄にしてしまいますよ。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点5】面接官が話したことを聞かない

ガールズバー嬢が転職面接で逆質問をするときの注意点5つ目は『面接官が話したことを聞かない』です。

当たり前ですが、面接官がすでに話した内容を質問すると「人の話を聞いてない」と思われます。

ですので、面接官が話した内容を繰り返し聞くことはNG。逆質問によって面接官の心象を損ねる可能性がありますので、注意しましょう。

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問で好印象を与えるコツ3つ

最後に「逆質問で好印象を与えるコツ」を3つご紹介します。

このポイントを抑えて逆質問すれば、面接官に好印象を与えることができますよ。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問で好印象を与えるコツ1】自分の考えを含める

ガールズバー嬢が転職面接の逆質問で好印象を与えるコツ1つ目は『自分の考えを含める』です。

逆質問は聞きたいことを聞くより、自分の考えを含めたほうが好印象。面接官はそれだけで「しっかりと考えて逆質問している」と感じます。

なので、面接で逆質問をするときは自分の考えを含めましょう。

たとえば「御社に入社したら〇〇をしていきたいと考えております。事前に準備しておくべきことは何かありますか?」などですね。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問で好印象を与えるコツ2】入社後の働き方について聞く

ガールズバー嬢が転職面接の逆質問で好印象を与えるコツ2つ目は『入社後の働き方について聞く』です。

入社後の働き方について聞くことは、入社に対して強い意志がある証拠。

ですから、入社意欲がしっかりと伝わります。逆質問を通して入社意欲をアピールしたい方は今後の働き方について聞きましょう。

【ガールズバー嬢の転職面接!逆質問で好印象を与えるコツ3】労働意欲を見せる

ガールズバー嬢が転職面接の逆質問で好印象を与えるコツ3つ目は『労働意欲を見せる』です。

先で述べた通り、面接官は逆質問から「労働意欲」を知ろうとしております。なので、労働意欲をアピールすれば好印象。最大のアピールになります。

ですので、逆質問では労働意欲が伝わる質問をしましょう。なお、労働意欲が伝わる質問には「御社の〇〇といった仕事にも興味を持っています。

経験を積めば、そういった業務に仕事の幅を広げていくことは可能でしょうか?」などがありますよ。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

ガールズバー嬢の転職面接!逆質問ってなに?
ガールズバー嬢の転職面接!逆質問は多いほうがいいの?
ガールズバー嬢の転職面接!逆質問はいくつかのシチュエーションを想定して用意しよう
ガールズバー嬢の転職面接!逆質問をする目的とは?
ガールズバー嬢の転職面接!逆質問の注意点5つ
ガールズバー嬢の転職面接!逆質問で好印象を与えるコツ3つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。