インタビュー記事 キャバクラから昼職に就職 人材業 営業職
2022.10.26

キャバクラから営業系の昼職に転職!カスタマーサクセスってなに?

こんにちは!昼ジョブ編集部の高橋です! いつも昼ジョブの昼職コラムをご覧いただき、ありがとうございます。 今回は昼ジョブで夜職のキャバクラから営業系の昼職に転職したK
さんにお話を聞いてきました!
夜職から昼職への転職を考えている方、営業職に興味のある方、カスタマーサクセスに興味のある方、ぜひ参考にしてみてください!
それでは!スタートです〜!

夜職のキャバクラから営業系の昼職に転職してみて

(ライター:高橋) Kさん、昼ジョブ編集部の高橋です!
本日はよろしくお願いします。
(Kさん)よろしくお願いします。
まずは、営業系の昼職へのご転職、おめでとうございます!
昼職への内定が出たのはいつごろですか?
ありがとうございます!
先月の2月の中旬くらいですかね。それで3月から働いてます。
ではちょうど入職されてから1ヶ月くらいですね!
実際に働いてみてどうですか?
意外と楽しくやれてます!笑
仕事内容は先輩社員さんに教えてもらいながらですが、精神的にかなり楽ですね!
夜職とはどういったところが違いますか?
全部違います!笑
朝の9時前に出勤して少し残業があったとしても19時には終わって、
そのあとは自分時間、その生活リズムがそもそも新鮮です。
仕事終わりに会社の人とご飯食べに行ったり、友達と会ったりできるのがすごく嬉しいです!
夜職だとそういう時間を確保するのが難しいですもんね。
そうなんです!
どうしても売上をあげるためにはプライベートな時間を確保するのが難しかったので、
自分の時間が作れるのはすごくありがたいですね!
昼職ならではの大変なところはありますか?
最初はその生活リズムに慣れるのが大変でした。
満員電車も高校生ぶりに乗ったんですが、あれは何回経験しても大変ですね。
あとはパソコンをまだ完全に使いこなせていないので、そこが大変です。
やはり最初は慣れないことが多いので大変ですよね。
そうですね、大変ですが、全部が新鮮なので毎日楽しく仕事ができています。
よかったです!
慣れないことも前向きに取り組む姿勢が大切ですよね!
ホストから営業系昼職に転職したT様にインタビューさせて頂きました!

カスタマーサクセスとは?

Kさんは現在、営業職の中でも「カスタマーサクセス」という職種で働かれていますが、
実際はどのような業務をしてるんですか?
はい、カスタマーサクセスは直訳すると「顧客の成功」となるように、
新規営業が獲得したクライアントや、既存のお客様の成功体験をサポートする仕事です。
カスタマーサクセスって、サブスクリプションモデルのサービスにおいて設置されることが多いかと思いますが、
Kさんもサブスクモデルのサービスを取り扱っているんですか?
はい、そうです!
サブスクモデルって売り切り型じゃなくって、
契約してからサービスの利用が開始するじゃないですか。
なので、契約後の対応が重要になってくるんです。
そうですよね、契約した途端に連絡なし、とかだとすぐに契約解除したくなりますもんね、、、
お客様がそうならないためにも、私たちが対応しています。
よく聞く「カスタマーサポート」とは違うんですか?
違いますね。カスタマーサポートはコールセンターのようなイメージで、
お客様からの問い合わせやクレームが発生した場合に、対応する部隊ですよね。
私たちカスタマーサクセスは、
弊社のサービスを通してお客様の課題解決をサポートしています。
サービスの使い方や活用方法はもちろんですが、お客様と一緒に課題解決のために尽力しています。
カスタマーサクセスは対応件数や問題解決を目的としているのに対し、
私たちは顧客の満足度向上や解約率の低下、アップセルやクロスセル件数など、顧客と自社に対しての価値提供を目的としています。
なるほど!
顧客の成功体験をサポートしながら、自社の業績向上にも貢献されているんですね!
だから「サポート職」ではなく「営業職」となるわけですね。
その通りです。
私たちカスタマーサクセスチームは毎月売上目標があります。
顧客を成功体験へ導くことで顧客満足度が向上し、
解約率の低下、アップセルやクロスセル案件が発生し、その結果としてカスタマーサクセスチームの売上が達成されます。
顧客満足度を上げることで売上を上げる部隊、ということですね!
カスタマーサクセスの求人

カスタマーサクセスのやりがい・大変なこと

カスタマーサクセスとして働いている中で感じるやりがいについて教えてください!
やはり、お客様から「ありがとう」と言われたときはとても嬉しかったです。
私たちは人事部向けのシステムを運用しているのですが、
システムの利用方法からお客様の採用課題のご相談まで、さまざまな対応があります。
その中であるお客様から、
「中途社員の採用がうまくいかない」という相談があったのです。
「中途採用がうまくいかない」という課題に対して「サービスを通して対応できること」と「私が対応できること」があります。
サービスを通して対応できることはすぐにお伝えできますが、
私が対応できることはなにか?を深く考えました。
Kさんにできることはなんだったんですか?
私はまだ知識があまりないので、とにかくいろんな人にアドバイスをもらいにいきました!
まず、人事をしている先輩に仕事内容から課題、利用中ツールの話など、いろいろヒアリングしました。
次に、人材系会社に勤めている友人がいたので、相談してみたんです。
そこで教わった市場感や採用手法、中途採用のポイントなどをすべてお客様にお伝えし、私が考える1番良い方法をお伝えしました。
すごい行動力ですね!
まずは実際に働いている方の声を聞きにいったんですね。
はい!まずは現場の声を聞くのが1番いいと思ったので、まずはヒアリングから始めました。
どちらの話も今後の業務の中で活かせるので行動に起こしてよかったと思っています。
自分にできることを考えて行動に起こしているのはさすがです!
ありがとうございます!
まだ稼働を始めて1ヶ月弱ですが、
お客様から「Kさんのおかげで1人中途社員さんを採用できそうなんです!ありがとうございます、これからもよろしくお願いします。」と言われた時はとっても嬉しかったです!
それは嬉しいですね。
Kさんの顧客満足度向上のための姿勢が反映されていると思います!
カスタマーサクセスの仕事の中で大変なことはありますか?
ありがとうございます!
大変なことはたくさんあります笑
特に、私がまだわからない内容のサポートに関しては、
「確認します」と対応するのですが、自分でどうにもできない感じがとても歯痒いです。
まだ1ヶ月くらいなのでわからないこともありますよね。
そうなんです。
カスタマーサクセスはサービス理解していないことには仕事が進みません。
サービスもそこまでシンプルなものではないので仕事しながら学ぶことも多いんです。
複雑なシステム理解は大変ですし、まだ完全な理解には時間がかかりそうです。
そうなんですね!
でもKさんならすぐ理解できそうな気がします。
本当ですか?ありがとうございます。
これからも日々勉強しながらがんばります!

夜職から昼職に転職したい方へ

Kさんの仕事に対して真摯に向き合う姿に感動しました!
それでは、最後に夜職から昼職に転職したい方へメッセージをお願いします!
そうですね、、、
夜職をやめて昼職に転職ってなかなか勇気がでない人も多いと思います。
たしかに、最初は慣れないことも多いと思いますが
やってみると意外と楽しく仕事できるのでぜひ一歩踏み出してみてください!
Kさん、ありがとうございました!
まずは無料会員登録からでも昼職への転職をご検討ください!

昼ジョブ会員登録はこちら

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。