ガールズバーから昼職に就職
2022.10.27

ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット13選

ガールズバー嬢から昼職に転職したいけど…、心配。
何かデメリットってある?

このような疑問を抱えている方はいませんか?

「昼職に転職したら後悔しそう…」「昼職に転職しても続きそうにない…」など、ガールズバー嬢の中には昼職に不安を感じ、転職をためらっている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなガールズバー嬢に向けて『昼職に転職するデメリット』をご紹介したいと思います。

事前にデメリットを知っておくと入社後に後悔する確率が減ります。
ですから、しっかりと昼職のデメリットを把握しておきましょう。

この記事では、昼職のデメリットを分かりやすくご説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット13選

では早速、昼職に転職するデメリットをご紹介します。
ぜひ最後までご覧くださいね。(正社員を想定して書いております)

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット1】労働時間が長くなる

1番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『労働時間が長くなる』です。

ガールズバーの場合、平均的な労働時間は20時から深夜1時くらい。
5時間程度が基本的な労働時間かと思います。
一方、昼職の営業時間は9時から18時。(1時間のお昼休憩あり)

実働時間は8時間程度になります。ですので、ガールズバー嬢から昼職に転職すると労働時間が長くなるかもしれません。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット2】収入が下がる可能性がある

2番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『収入が下がる可能性がある』です。

一般的に夜職は昼職よりも給料が高い。
そのため、昼職に転職すると収入が下がってしまう可能性があります。

ですから、ガールズバー嬢から昼職への転職目的が「収入アップ」なら覚悟して転職しましょう。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット3】仕事終わりに飲み会がある

3番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『仕事終わりに飲み会がある』です。

一般的に昼職は夕方に終業します。
そのため、仕事終わりの飲み会は当たり前。
高い確率で誘われます。

近年、飲み会への参加を強制することはパワハラにあたるので、減ってはおります。

しかし現在でも「飲み会強制参加」の会社は存在します。
ですので、昼職に転職したら仕事終わりに誘われることを覚悟しておきましょう。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット4】明るい髪色にできない

4番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『明るい髪色にできない』です。

一般的に昼職では髪色の指定があります。(髪色は黒が基本)

ですので、ガールズバーから昼職に転職すると「髪色を自由にできない」と考えておいてください。

なお、求人の中には「髪色自由」という企業もありますので、自由な髪色で出社したい方は応募前に確認しましょう。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット5】服装に制約がある

5番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『服装に制約がある』です。

髪色と同様、昼職では服装の指定があります。(スーツの着用必須など)

そのため、ガールズバーから昼職に転職すると、好きな服装で働けない可能性が高いでしょう。

なお、求人の中には「髪色自由」という企業も存在しますので、好きな服装で働きたい方は応募前に確認しておきましょう。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット6】早起きしなくてはいけない

6番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『早起きしなくてはいけない』です。

一般的に昼職では朝から仕事が始まります。
そのため、9時出社は当たり前。

会社によっては8時出社のところも存在します。ですので、朝が弱いガールズバー嬢は覚悟しておきましょう。

なお、前もって朝型の生活に切り替えておくと、転職後に辛い思いをすることはなのでおすすめです。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット7】長期休暇をとりづらい

7番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『長期休暇をとりづらい』です。
ガールズバーは歩合制や時給制が基本。
一方、昼職では月給制が基本になります。

そのため、自己都合によって休むことが難しい。
会社によっては有給を取らせないところも存在します。

ですので、昼職に転職したら長期休暇を自由に取れないことを覚悟しておきましょう。
なお、会社の有給取得率は「転職エージェント」に聞くと教えてくれますよ。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット8】残業がある

8番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『残業がある』です。

残念ながら昼職では、ほとんどの企業で残業があります。
残業ゼロを目標に掲げていても、実現できている企業はごく僅か。

ですので、昼職に転職する際は残業を覚悟しておきましょう。

なお、残業に関しては求人情報に掲載していることもありますが、実際には違うかもしれません。
十分に注意してくださいね。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット9】思った仕事と違う可能性がある

9番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『思った仕事と違う可能性がある』です。

昼職の経験がない場合、どうしても仕事へのイメージがつきにくい。

そのため、実際に働いてみたら「イメージしていた仕事内容と違った」ということも珍しくありません。ですので、ガールズバー嬢から昼職に転職する際はしっかりと業務内容を確認することをおすすめします。

なお、転職エージェントを活用すると「どんな職場で」「どんなスキルが必要なのか」など、細かいことまで丁寧に教えてくれます。

昼職経験のない方は積極的に転職エージェントを活用しましょう。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット10】辞めるときの手続きが大変

10番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『辞めるときの手続きが大変』です。

一般的に昼職では福利厚生が充実しております。(社会保険や年金、住宅手当など)

そのため、入社後にはたくさんの書類を提出する必要があります。
ということは、辞める時も同じ。

たくさんの書類を記入して提出しなくてはいけません。
ですので、昼職は夜職より辞めるときの手続きが大変だと言えるでしょう。

なお、会社によっては引き継ぎの関係上すぐに退職できない可能性がありますので、ご注意くださいね。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット11】学び続ける必要がある

11番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『学び続ける必要がある』です。

昼職では経験を積むと難易度の高い仕事をどんどん任されます。
そのため、会社以外でも学習する必要があるでしょう。

もちろん、向上心の低い方はずっと同じ仕事をしていても構いません。

しかし、それでは会社に居づらくなりますし、最悪の場合は解雇の対象になります。
ですので、昼職に転職後は学び続けることをおすすめします。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット12】堅苦しい社風かもしれない

12番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『堅苦しい社風かもしれない』です。

昼職の中には、いまだに「お茶出しは女性」「朝礼で声出し」など堅苦しい社風の会社が存在します。

ですので、ガールズバー嬢から昼職に転職すると堅苦しさを感じるかもしれません。

堅苦しい社風の会社で働きたくない方は、転職前に確認しておきましょう。
なお、社風に関しても転職エージェントに尋ねれば教えてくれますよ。

【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット13】転勤や配置転換があるかもしれない

13番目にご紹介するガールズバー嬢から昼職に転職するデメリットは『転勤や配置転換があるかもしれない』です。

昼職では、ガールズバーと違い人事異動があります。
そのため、転勤や配置転換を命じられるかもしれません。

転勤や配置転換は新たに人間関係を構築する必要があるため、精神的負担が大きい。

ですので、昼職に転職するデメリットだと言えるでしょう。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット13選
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット1】労働時間が長くなる
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット2】収入が下がる可能性がある
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット3】仕事終わりに飲み会がある
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット4】明るい髪色にできない
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット5】服装に制約がある
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット6】早起きしなくてはいけない
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット7】長期休暇をとりづらい
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット8】残業がある
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット9】思った仕事と違う可能性がある
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット10】辞めるときの手続きが大変
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット11】学び続ける必要がある
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット12】堅苦しい社風かもしれない
【ガールズバー嬢の転職!昼職のデメリット13】転勤や配置転換があるかもしれない

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。