デリヘルから昼職に就職
2022.10.27

デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード9選

志望動機を伝えたけど…。
面接官の反応がよくない。どうしてだろう…。

このような悩みを抱えているデリヘル嬢はいませんか?

「志望動機が長すぎなのかな?」「それとも何かまずいことを言ったのかな?」など、転職活動をしているデリヘル嬢のなかには、志望動機のことがわからず、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『志望動機のNGワード』をご紹介していきたいと思います。

この記事では、志望動機のNGワードとあわせて「面接官が志望動機を聞く理由」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

デリヘル嬢の転職面接!志望動機とは?

はじめに、志望動機について説明します。

志望動機とは、応募した企業でなぜ働きたいのかを伝えることです。面接官は、応募者から志望動機を聞き、確認することによって自社への理解度や入社意欲の高さを見ようとしています。

ですので、志望動機で大切なことは面接官に「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかどうか。これがポイントになります。

デリヘル嬢から転職するときは、このポイントを意識して志望動機を伝えましょう。

デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード9選

それでは、志望動機のNGワードを9つご紹介していきます。

デリヘル嬢から昼職への転職を考えている方は、この言葉に注意して志望動機を伝えましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード1】御社で勉強したい

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の1つ目は『御社で勉強したい』です。

この言葉には前向きなニュアンスがあり、問題のないように聞こえます。しかし志望動機で言うのは危険。

なぜなら、会社は勉強をしに行くところではないからです。

そのため、本人的には前向きな姿勢をアピールしているつもりでも「会社を学校と勘違いしている」と思われて印象が悪くなるかも。

向学心をアピールすることは悪いことではありませんが、志望動機に含めることは避けましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード2】いつかは独立したいと思っている

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の2つ目は『いつかは独立したいと思っている』です。

独立を目指す志は立派ですが、企業側はいい気持ちになりません。

なぜなら、企業側は長く働いてくれる応募者を求めているからです。将来設計は大事ですが、まずは応募先で一生懸命はたらくことを考えましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード3】残業がないから

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の3つ目は『残業がないから』です。

残業の少なさを志望動機にすると、待遇面にしか興味がないと思われ、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

ですので、面接の志望動機ではくれぐれも残業に関することを言わないようにしてくださいね。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード4】例文通りの言葉

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の4つ目は『例文通りの言葉』です。

志望動機が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸暗記するのはNG。

面接官は何人もの応募者を見ているため、すぐに気づいてしまいます。ネットに掲載されている例文は汎用性が高く、つい使いたくなりますが、丸暗記はしないでくださいね。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード5】御社の将来性に惹かれて

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の5つ目は『御社の将来性に惹かれて』です。

応募先の将来性に触れることは面接官に好印象を与えそうです。

しかし一見聞こえの良い「将来性に惹かれた」というワードを用いるのは危険。なぜなら、この言葉には積極性がありません。

ある意味「自分は何もせず、ただ安定した企業に乗っかればいい」とも捉えることができます。ですので、面接官に積極性のない人物と評価されてしまうかもしれません。

企業の将来性を志望動機にすることはやめておきましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード6】給料が高いから

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の6つ目は『給料が高いから』です。

当たり前のことですが、給料の多寡を志望動機にすると、待遇面にしか興味がないと思われてしまいます。

ですので、志望動機で給料に関することを言うのはNG。たった一言で印象が悪くなる可能性がありますので、注意してくださいね。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード7】通いやすいから

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の7つ目は『通いやすいから』です。

仕事内容や企業そのものではなく、働く場所を志望動機に挙げてしまうのはNG。たしかに「働く場所」は企業選びの重要なポイントの一つ。

しかし、企業側から見ると「その企業で働きたい理由」にはなりません。

ですから、志望動機では「家から近いから」「丸の内に憧れがありまして」など、働く場所を理由にするのは避けましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード8】人の役に立つ仕事がしたくて

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の8つ目は『人の役に立つ仕事がしたくて』です。

この言葉には社会に貢献したいという思いがあり、立派に聴こえます。しかし志望動機で言うのはNG。なぜなら、世の中の職業・仕事は、人の役に立っているからこそ成り立っています。

ですので、応募先の仕事のみが「人の役に立っている仕事」ともとれるこの発言は、視野が狭いと思われるかもしれません。人の役に立ちたいという思いは大事ですが、志望動機での使用は控えましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード9】転職エージェントから紹介を受けた

デリヘル嬢が転職面接で志望動機を伝える際に言ってはいけない言葉の9つ目は『転職エージェントから紹介を受けた』です。

たとえ転職エージェントを利用しても、このワードはNG。なぜなら、転職エージェントは「企業に志望したきっかけ」に過ぎません。

つまり、志望動機にはならないのです。なので、転職エージェントを利用したことを伝えるなら、紹介された後に「どこに興味を抱き、選考を決意したのか」まで言いましょう。

デリヘル嬢の転職面接!志望動機を聞く理由3つ

最後に、面接官が志望動機を聞く理由を3つご紹介していきます。

デリヘル嬢から昼職への転職を考えている方は、この点を踏まえて志望動機を作成しましょう。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機を聞く理由1】会社への志望度を確認するため

面接官が転職面接で志望動機を聞く理由の1つ目は『会社への志望度を確認するため』です。

志望動機を聞けば、応募者がどれだけ熱意を持っているか一発でわかります。それだけ志望動機には、本人の意気込みや熱意が表れやすいのです。

志望度が高い人は、入社後に高いモチベーションで仕事に取り組む傾向が強いので、面接官は良い印象を持ってくれますよ。

デリヘル嬢から転職する際はこの点を意識して志望動機を作成してくださいね。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機を聞く理由2】会社の方針と照らし合わせるため

面接官が転職面接で志望動機を聞く理由の2つ目は『会社の方針と照らし合わせるため』です。

企業は応募者の志望動機を聞いて、会社の事業方針と一致しているかを確認します。

なぜなら、いくら熱意があっても、会社の事業方針と志望動機が一致していないとお互い不幸になるからです。

例えば、海外で活躍したい人が、日本市場1本で戦うタイプの企業に就職しても、意見の食い違いが起こるだけ。ですから、志望動機を聞きミスマッチがないようにしているのです。

【デリヘル嬢の転職面接!志望動機を聞く理由3】人柄を知るため

面接官が転職面接で志望動機を聞く理由の3つ目は『人柄を知るため』です。

企業は志望動機の「会社のどこに惹かれるのか?」という点に注目。これを通じて応募者の人柄を知ろうとします。

たとえば「若手でも活躍できる環境に魅力を感じた」という人と「福利厚生に魅力を感じた」という人では、人柄がまったく違います。

みなさんは気づいていないかもしれませんが、志望動機は意外と人柄が出るもの。ですので、デリヘル嬢から転職する際の志望動機は慎重に作成してくださいね。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

デリヘル嬢の転職面接!志望動機とは?
デリヘル嬢の転職面接!志望動機のNGワード9選
デリヘル嬢の転職面接!志望動機を聞く理由3つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。