ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 昼職・夜職掛け持ち 風俗から昼職に就職
2022.10.26

夜職と昼職の両立って可能?メリットとデメリットを解説!

将来を考えると不安になる。
そうだ、副業をしよう!

このように考える人はいませんか?

「今の収入ではやっていけないから…」「時間が余って暇だから…」「違う環境で働いて気分転換したい…」など、ビジネスパーソンのなかには、将来のことを見据え、副業として夜職を始めようとする人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて夜職と昼職を掛け持ちすることの『メリットとデメリット』をご紹介していきたいと思います。
この記事を読めば、きっと夜職と昼職を両立するイメージがつき、考えが整理されると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。尚、この記事は昼職を始めようと思っているナイトワーカーにとっても役に立つ情報となっておりますので、気になる方は見てくださいね。

それではいってみましょう!

目次

夜職と昼職の両立って可能なの?

まず結論を申し上げますと、夜職と昼職の両立は可能です。
多くの方が気にする体力的な問題も、明確な目標があれば気合いで乗り越えられると思います。ただし、注意するべきことが一点。
それは副業が禁止されている場合です。これに関しては会社の規則なので、絶対にやめてくださいね。

夜職と昼職の両立で仕事選びのポイント

夜職と昼職の両立を考える場合、仕事選びが重要になってきます。
仕事内容があまりにもハードだと半年も続かないでしょう。そのため、副業として夜職を選ぶ際は「ノルマがない」「同伴が少ない」「急遽休める」という条件を基準に選ぶといいかもしれません。

夜職と昼職を両立することのメリット7つ

では、ここからは夜職と昼職を両立するメリットを7つご紹介していきます。

【夜職と昼職を両立することのメリット1】社会勉強になること

1つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『社会勉強になること』です。
夜職は基本的にお店を訪れたお客様を気分よくさせ、帰ってもらうことが仕事。
そのため、お客様を不快にさせない言葉遣いや所作、上質なマナーなどを手に入れることができるでしょう。つまり、非常に社会勉強になるということですね。もちろん、これは職種やお店に左右されますので一概には言えませんが…。夜職の種類については、夜職と昼職の両立について解説しているサイトをご覧ください。

夜職と昼職の両立について解説しているサイトを見る

【夜職と昼職を両立することのメリット2】人脈ができること

2つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『人脈ができること』です。
というのも、夜職の仕事を始めると昼職では出会えないような人に会います。
特に高級クラブでは、客層のレベルが高くなり「著名人」や「セレブ」など社会的地位の高い方がたくさん訪れます。そのため、夜職を始めると昼職では知り合えないような人との人脈づくりができると言えるでしょう。夜職と昼職の両立について紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

夜職と昼職の両立について紹介しているサイト

【夜職と昼職を両立することのメリット3】コミュ力が上がること

3つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『コミュ力が上がること』です。
夜職を始めると様々なタイプのお客様と話すことになります。なかには苦手なタイプもいるかもしれません。
しかし、だからと言って逃げるわけにもいかない。そのため、夜職をしていると自分でも気づかぬうちに、言葉の使い方や間合い、うまい切り返し方などのスキルが上達します。
また、相手の表情から考えを読む能力も鍛えられますので、非常にコミュニケーション能力が上がるのです。

【夜職と昼職を両立することのメリット4】キレイになれること

4つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『キレイになれること』です。夜職は常に人に見られる仕事です。
そのため、否が応でも容姿を気にするようになり、美意識が高くなります。人間は美意識が高くなると自然とキレイになるため、ほとんどの方が夜職を始めると垢抜けます。
また、外見だけでなく、仕草や言葉遣いも女性らしくなり、女性としての魅力を高めることができるでしょう。

【夜職と昼職を両立することのメリット5】収入が上がること

5つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『収入が上がること』です。
これは当たり前のことですが、念の為メリットとしてご紹介します。というのも、夜職は副業の中でも、かなり稼げる部類に入ると思うからです。
夜職は基本的に時給3000円以上が当たり前。そのため、稼ぎのある方だと昼職の収入をあっさりと超えてしまうことも珍しくありません。
ですので、他の副業と比べても格段に収入が上がると言えるでしょう。(ネットビジネスで大儲け的な副業は特殊なケースなので含まないで下さいね。笑)

【夜職と昼職を両立することのメリット6】効率的に働けること

6つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『効率的に働けること』です。
夜職は上述したように時給が高い。そのため、1日4時間勤務でも、かなりの金額を稼ぐことができるでしょう。
そう考えると他の副業より効率的に働ける職業だと思います。尚、お店によってはドリンクバックやフードバックなど、頑張った分だけお給料に反映してくれるところもありますので、努力次第で高収入が望めるでしょう。

【夜職と昼職を両立することのメリット7】会社に依存しないこと

7つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのメリットは『会社に依存しないこと』です。
というのも、昼職だけしている状態だと会社をクビにされたら生活していけません。つまり、会社に依存している状態だと言えます。
その点、夜職と昼職の両立は二箇所から収入を得ている状態。ですので、クビに昼職をクビになっても困ることはなく、会社に依存していないと言えるでしょう。

夜職と昼職を両立することのデメリット7つ

さて、ここからは夜職と昼職を両立することのデメリットをご紹介していきます。ぜひ掛け持ちを考えている方は参考にしてみてくださいね。

【夜職と昼職を両立することのデメリット1】収入の少ない昼職が嫌になること

1つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『収入の少ない昼職が嫌になること』です。
上記でご説明したように夜職は高収入を得ることができる。そのため、夜職と昼職の両立をしているうちに、段々と昼職が嫌になってくることも珍しくありません。

【夜職と昼職を両立することのデメリット2】休日でも客とのメール対応があること

2つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『休日でも客とのメール対応があること』です。
これに関してはお店によりますが、夜職のなかには休日でもメール対応を強いる会社があります。もちろん、その分お店に足を運んでくれる人が増えるので、収入UPにつながりますが、休日にゆっくりできないのは辛いですよね。

【夜職と昼職を両立することのデメリット3】昼職の人と合う可能性があること

3つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『昼職の人と合う可能性があること』です。夜職をしていると当然、色々なお客様が来ます。つまり、昼職の関係者が来ることも十分考えられるでしょう。
昼職で働く人のなかには夜職に対して偏見を持っている人もいる。最悪の場合、社内で悪い噂が立つことも考えられるでしょう。

【夜職と昼職を両立することのデメリット4】生活リズムが崩れやすいこと

4つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『生活リズムが崩れやすいこと』です。
というのも、夜職をすると早く眠れて午前3時が当たり前。同伴をすると5時、6時などになってしまうでしょう。

そのため、生活リズムが崩れ「肌が荒れる」「体重が増える」といった悩みを抱える可能性があるでしょう。

【夜職と昼職を両立することのデメリット5】金銭感覚がずれやすいこと

5つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『金銭感覚がずれやすいこと』です。

夜職を始めると高収入を得るようになり、金銭感覚がずれる可能性があります。たくさん稼いで、たくさん使うことは決して悪いことではないですが、一度崩れた金銭感覚をもとに戻すのは大変なので、気をつけるようにしてくださいね。

【夜職と昼職を両立することのデメリット6】出費が増えること

6つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『出費が増えること』です。
というのも、夜職は外見が何より大事。そのため美しさを保つための出費が増えてしまいます。
例えば、メイク用品代、エステ、ドレス代、ヘアセット代などがそうですね。夜職は稼ぎがいいけど出費も大きい。これが現実です。

【夜職と昼職を両立することのデメリット7】ストレスで病む可能性があること

7つ目にご紹介する夜職と昼職を両立することのデメリットは『ストレスで病む可能性があること』です。
これはどの夜職を選ぶかでストレスの度合いが変わって来ますので、一概には言えません。しかし夜職のなかには、難しいお客様の接客を強いられたり、厳しいノルマを課せられたりする職種もあります。
そのため、ストレスを抱えて精神的に病むことも珍しくありません。一見すると夜職は高収入で華やかな仕事ですが、このような負の側面があることを覚えておきましょう。夜職と昼職の両立について紹介しているサイトで、実際に働く人のスケジュールを見ると参考になると思いますよ。

さて、ここからは夜職と昼職を両立することのデメリットをご紹介していきます。ぜひ掛け持ちを考えている方は参考にしてみてくださいね。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

1夜職と昼職の両立って可能なの?
2夜職と昼職の両立で仕事選びのポイント
3夜職と昼職を両立することのメリット7つ
4夜職と昼職を両立することのデメリット7つ

以上になります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ぜひこの記事を参考に夜職と昼職の両立を検討してみてください。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料会員登録をして
昼職の求人について相談する

無料会員登録

昼職転職コラムタグ

無料会員登録をして昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記のQRコードから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

  • 首都圏の方(1都3県)はこちら

  • 関西の方(近畿)はこちら

  • 東海の方はこちら

  • 九州の方はこちら

  • その他の地域はこちら

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。