ガールズバーから昼職に就職 キャバクラから昼職に就職 デリヘルから昼職に就職 ラウンジから昼職に就職 未分類 風俗から昼職に就職
2024.03.27

キャバ嬢を辞める理由や辞める連絡をする際の注意点について解説!

キャバ嬢は中心となる年齢層が低いため、年齢を重ねるにつれて仕事を辞める方の割合が増える傾向があります。
キャバ嬢を辞める際にはどのように連絡をしたら良いのでしょうか。
辞めることを伝える時期や辞める理由について悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回の記事では、キャバ嬢を辞めたいと感じる理由やキャバ嬢を辞める連絡をする際の注意点について解説します。

キャバ嬢はいつ辞める?

キャバ嬢は若い年齢のキャストが中心となって活躍する職業のため、昼職と比較すると仕事を引退する年齢が非常に若い傾向にあります。

キャバ嬢を辞める年齢の基準は設けられていませんが、一般的には30歳前後でキャバ嬢を辞める方が多いです。

30歳を超えると他の仕事に転職する方が多く、年齢層の高いキャストが求められるスナックなどの夜職に転職する方や、昼職に転職をする方がいます。

キャバ嬢から昼職に転職をする方は、キャバ嬢時代に培ったスキルや経験を活かして昼職に転職することができます。
以下の記事では、キャバ嬢経験者の強みを活かしたおすすめの昼職について紹介しているため、興味のある方は併せてご確認ください。
▶キャバクラから昼職に就職!キャバクラ経験者の強みやおすすめの昼職を紹介

キャバ嬢が辞める連絡をする理由

キャバ嬢はどのような理由で辞めたいと感じるのでしょうか。
キャバ嬢を辞めたいと感じている方は、お店に辞める理由を上手く伝えるためにも辞めたいと感じる理由を整理するようにしましょう。

この項目では、キャバ嬢を辞めたいと感じる理由として多く挙げられる例をご紹介します。

人間関係のトラブル

キャバ嬢を辞めたいと感じる理由として特に多い理由は、キャバクラでの人間関係が上手くいかないことです。

キャバクラは売上を競う競争社会の職場であるため、緊張感が高く人間関係のトラブルが起こりやすいです。

自分のお客様を他のキャストに取られてしまうことや、反対に他のキャストのお客様を自分が取ってしまうことで人間関係にトラブルが生じます。
また、売上を上げることで他のキャストから妬まれ、仲間外れにされてしまったという事例もあります。

このような人間関係のトラブルからキャバ嬢を続けることが難しくなり、キャバ嬢を辞めたいと感じてしまう方が多いです。

給料が上がらない

キャバクラは昼職と比較して給料が高いという魅力があります。
しかし、給料を上げるためには指名を獲得して売上を上げる必要があります。
そのため、特に新人のキャバ嬢は中々給料を上げることができず、キャバ嬢を辞めたいと感じてしまいやすいです。

また、自分の努力が必ずしも給料に繋がる訳ではないため、努力が中々実らない方は挫折してしまうことが多く、キャバ嬢を辞めたくなる思いが大きくなります。

さらに、お客様は年齢の若いキャストを好む傾向があるため、年齢を重ねるにつれて給料を上げることが難しくなり、後輩のキャバ嬢に売上を抜かされてしまったなどの理由でキャバ嬢の引退を検討する方も多いです。

生活リズムがキツイ

キャバ嬢は一般的に夜から翌日の深夜にかけて勤務時間が設けられています。
そのため、夜型の生活リズムに慣れていない方や抵抗がある方は、今までの生活リズムとキャバ嬢の生活リズムの違いに苦労しやすいです。

また、夜型の生活リズムは日光を浴びる機会が少なくなることから、免疫力が低下して風邪を引きやすくなる、うつ病になりやすくなるなどのさまざまな弊害が予想されます。

連日の飲酒がキツイ

キャバ嬢はお酒を飲む機会が非常に多く、連日のように大量のお酒を飲むことは珍しくありません。
そのため、元々お酒が得意でない方は勤務中や勤務後に体調を崩してしまうことが多いです。

また、お酒を得意としていた方も年齢を重ねるにつれて連日の飲酒がきつくなり、体調面の問題からキャバ嬢を辞めたいと感じてしまうことがあります。

キャバ嬢を辞める連絡をする際の注意点

キャバ嬢を辞める際は引き止められたり、給料の未払いが起きたりと、さまざまなトラブルが生じる可能性があります。

この項目では、そういったトラブルを起こさないようにキャバ嬢を辞める連絡をする際の注意点についてご紹介します。

辞める1ヶ月前にはお店に連絡する

キャバ嬢を辞める連絡は、お店を辞める1ヵ月以上前にするようにしましょう。

労働基準法では2週間前に辞める意思を伝えることで、必ず退職することができると定められています。
しかし、キャバ嬢は個人事業主として店舗と契約していることが多く、労働基準法が適応されない場合もあるため、お店のシフトの埋め合わせなども考慮して1ヵ月前以上に連絡をしておくことをおすすめします。

円満退職をするためにも、突然退職を伝えるのではなくあらかじめ期限を設けて連絡をするようにしましょう。

引き止めにくい理由を伝える

キャバ嬢を辞める連絡をする際には、引き止められにくい理由を用意するようにしましょう。

仕事に飽きたことや面倒になったことなどをそのまま伝えてしまうと、引き止められるだけではなくお店に悪い印象を与える可能性があります。
就職が決まったことや引っ越すことなど、やむを得ない理由を持っておくと安心です。

円満に退店をする

黙って辞めたり、お店に対する不満を伝えて辞めたりと、お店を敵に回すような言動には注意しましょう。

お店を敵に回すと、給料の未払いや損害賠償の請求などのさまざまなトラブルが起きる可能性もあります。
円満に退店をするためにも辞める際には必ずお店と相談をして、どうしても辞められない場合には弁護士や退職代行を利用することも選択肢の1つです。

キャバ嬢は辞めた後にお客様と連絡を取る?

キャバ嬢を辞めた後に、お世話になったお客様と連絡を取るべきかどうか悩んでいる方も多いと思います。

この項目では、キャバ嬢を辞めた後にお客様と連絡を取る場合と取らない場合についてご紹介します。

連絡を取る理由

キャバ嬢を辞めた後に他の夜職の店舗に移籍をする場合は、辞めた後でもお客様と連絡を取っている方が多いです。
お世話になっているお客様に移籍先の店舗を伝えておくことで、移籍先の店舗でも指名をもらっている方は多くいます。

また、何度もお店で合っているお客様とは、仕事に関わらず友達感覚で連絡を取り続けている方もいます。

連絡を取らない理由

結婚や恋愛などの理由でキャバ嬢を辞めた方は、引退後にお客様との連絡を取っていない場合がほとんどです。

また、昼職に転職をする方は夜職の人間関係を断ち切るために連絡先を消去して、電話番号を変えてしまう方もいます。

キャバ嬢から昼職に転職をするなら「昼ジョブ」がおすすめ

キャバクラから昼職に転職を検討している方には「昼ジョブ」がおすすめです。

昼ジョブは、夜職から昼職への転職活動のサポートに特化した転職エージェントです。

所属しているエージェントは全員夜職経験者!

昼ジョブに所属しているエージェントは全員が夜職経験者です。

そのため、夜職と昼職の知識を持った経験豊富なエージェントに、夜職経験者ならではの転職活動の悩みを相談をすることができます。

夜職経験を前提とした全国の求人を多数掲載!

昼ジョブでは全国の数多くの求人を掲載しています。

夜職経験者の中には、夜職で働いていた経験が昼職への転職活動で不利になるのではないかと不安に感じている方も多いと思います。

しかし、昼ジョブに掲載されている全ての求人は夜職経験を前提としているため、そのような心配は必要ありません。
履歴書や面接で夜職経験を隠すことなく転職活動を行うことができます。

昼職の仕事向けの研修会や勉強会を無料で実施

夜職経験者の中には昼職を経験したことがなく、昼職での業務に不安を抱えている方も多いと思います。

そのような方に向けて、昼ジョブでは昼職に転職する前の準備としてパソコンや営業などの研修や勉強会を無料で行なっています。
全ての研修や勉強会は自由参加であるため、必要に応じてサポートを受けるかどうか選択できます。

この他にも昼ジョブでは履歴書の添削などのさまざまなサービスを行っています。
興味のある方は是非一度ホームページをご覧ください。
昼ジョブのご利用はこちらから

まとめ

今回の記事では、キャバ嬢を辞めたいと感じる理由やキャバ嬢を辞める連絡をする際の注意点について解説しました。

キャバ嬢を辞めたいと感じる理由の多くは人間関係のトラブルであり、キャスト同士の人間関係に悩んでキャバ嬢を辞める方は多くいます。
また、体調不良や売上の低迷などによって年齢的にキャバ嬢を辞めたいと感じる方も多いです。

キャバ嬢を辞める連絡をする場合には、1ヵ月前以上前に辞める旨を連絡し、円満に退店できるようにしましょう。
黙って辞めることやお店への不満を述べて辞めることは、お店に対して失礼にあたるため、控えるようにしましょう。

昼職転職コラムTOPに戻る

昼jobに無料で
昼職の求人について相談する

無料で相談する

昼職転職コラムタグ

無料で昼職への転職を相談する

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの昼職への転職をマンツーマンでサポートします。
元キャバ嬢・風俗嬢などナイトワーク経験者のキャリアコンサルタントが多数在籍していますので、
転職や昼職への不安・悩みについてもご相談可能です。

LINE@から相談する

会員登録は面倒だという方はLINE@からもご相談を受け付けています。
下記ボタンから昼ジョブを友達に追加して、相談事項をメッセージで送ってください。

夜職から昼職への転職なら昼job

昼ジョブは、キャバクラ嬢やラウンジ嬢、ガールズバー等の水商売・風俗などの夜職から昼職に転職したい方に特化した完全無料の転職サービスです。
ナイトワーク経験者の方を積極的に採用企業様の求人を豊富に取り揃えています。昼職未経験の方もご安心してご利用できます。
夜職と昼職の両方を知り尽くした担当スタッフが就職内定まで徹底的にサポートいたします。履歴書の作成、面接対策、お仕事の研修など、無料で受けられますので、昼職への転職に不安をお持ちの方でも気軽に転職することができます。
昼ジョブはおかげさまで昼職転職部門で「口コミ満足度」「理想の会社に出会えると思う」「サポート満足度」の3部門で満足度No,1を獲得いたしました。現在は東京都内を中心に大阪、福岡、名古屋などをはじめ日本各地で展開しており、今後もさらに拡大していく予定です。ぜひ、夜職から昼職への昼職転職なら昼ジョブにお任せください。