2021.12.13

デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策

書類選考に通ったけど。
面接が苦手。どうしよう…。

このような悩みを抱えているデリヘル嬢はいませんか?

「昼職の面接は初めてだから不安…」「昼職の面接官は厳しそう…」など、デリヘル嬢のなかには転職面接に不安を抱き、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなデリヘル嬢に向けて『本番で慌てないための面接対策』をご紹介したいと思います。

この記事を読めば、転職面接で気をつけるポイントがわかりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策7つ
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策1】面接会場へのルートを確認しておく
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策2】質問を想定しておく
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策3】面接の練習をしておく
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策4】逆質問を考えておく
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策5】志望動機を2パターン用意しておく
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策7】面接の流れを調べておく
【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策6】持ち物チェックリストを作成する
デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策7つ
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策1】履歴書の内容を把握しておく
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策2】面接の服装について調べておく
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策3】正しい言葉遣いを確認しておく
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策4】ナチュラルメイクの練習をしておく
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策5】前職の不満を言わないように意識しておく
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策6】過剰なアピールは避ける
【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策7】NGワードを調べておく
まとめ

デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策7つ

では早速、本番で慌てないための面接対策を7つご紹介していきます。

ぜひこのポイントを参考にして転職面接に臨んでくださいね。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策1】面接会場へのルートを確認しておく
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの1つ目は『面接会場へのルートを確認しておく』です。

面接当日は交通事故や電車の大幅な遅延など、予期せぬトラブルが発生しやすい。

そのため、面接会場へのルートを事前に調べ、いつくか用意しておくことが大事。最低でも2つのルートは用意しておきましょう。

そうすれば、予期せぬトラブルが発生しても慌てないと思います。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策2】質問を想定しておく
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの2つ目は『質問を想定しておく』です。

というのも、転職面接には「定番の質問」がございます。

たとえば「大きな失敗をしたことはありますか?」「仕事をするうえで大切にしていることはありますか?」などです。この手の質問はその場で考えるのではなく、事前に考えておきましょう。

定番の質問を把握しておくと慌てることはありません。

よくある質問を想定しておくと精神的負担が減り、他の質問に集中することができますよ。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策3】面接の練習をしておく
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの3つ目は『面接の練習をしておく』です。

面接では多くの方が緊張します。そのため、いつも通りのパフォーマンスを発揮できず、苦い結果に終わることも珍しくありません。

なので、面接前に面接の練習をしておきましょう。

なお、面接の練習は転職エージェントを活用すれば無料でしてくれます。ぜひご活用ください。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策4】逆質問を考えておく
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの4つ目は『逆質問を考えておく』です。

逆質問とは、あなたが面接官にする質問のこと。多くの場合、面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。

逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。

なので、うまく答えれば自分をアピールできる絶好のチャンス。その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。

ですので、転職面接に臨む際は最低でも「5つの逆質問」を考えておきましょう。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策5】志望動機を2パターン用意しておく
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの5つ目は『志望動機を2パターン用意しておく』です。

というのも、面接では「1分程度でお願いします」といった感じで、志望動機の時間を指定される場合があります。

このとき、短いバージョンの志望動機を用意していないと大変。動揺して混乱すると思います。

ですので、転職面接に臨む際は「短いバージョン」「長いバージョン」の2パターンの志望動機を用意しておきましょう。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策6】面接の流れを調べておく
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの6つ目は『面接の流れを調べておく』です。

転職面接は一般的に同じ流れで行われます。

応募する業界が違ってもほとんど変わりません。ですので、本番前に面接の流れを把握しておきましょう。面接の流れを知っていると、次の展開が予想できるため慌てることはありません。落ち着いて面接に臨めますよ。


【デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策7】持ち物チェックリストを作成する
デリヘル嬢が転職面接で慌てないために対策しておくことの7つ目は『持ち物チェックリストを作成する』です。

というのも、面接当日は予期せぬアクシデントが起こりやすい。

時間に追われ「つい忘れ物をしてしまった!」なんてことも考えられます。ですので、そういった事態に備え、事前に「チェックリスト」を作成しておきましょう。そうすれば、いくら焦っていても大丈夫。必要な物を確認できるので、忘れ物をすることはありません。

企業によっては、提出書類を忘れたら「面接を受けられない」といったこともあり得ますので、必ず「チェックリスト」を作成しましょう。

デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策7つ

続きましては、本番で失敗しないための面接対策を7つご紹介していきます。

転職面接に臨む際は、以下のポイントに気をつけましょう。

【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策1】履歴書の内容を把握しておく
デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの1つ目は『履歴書の内容を把握しておく』です。

一般的に面接官は、あなたの作成した履歴書を見ながら面接を進めます。

ですので、履歴書に書いてある内容と話している内容に矛盾があってはいけません。面接に臨む際は再度「履歴書の内容」を確認しておきましょう。

履歴書の内容と話している内容が食い違っていると、面接官はあなたに不信感を抱くかもしれませんよ。


【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策2】面接の服装について調べておく
デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの2つ目は『面接の服装について調べておく』です。

というのも、基本的に昼職の面接はスーツスタイル。

「服装自由」と言われても、デリヘル嬢は普段着で行かないほうがいいでしょう。(夜職出身者は厳しい目で服装をチェックされます)

面接用のスーツスタイルには、いくつか気をつけるポイントがございます。ですから、面接前にしっかりと確認しておきましょう。


【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策3】正しい言葉遣いを確認しておく
デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの3つ目は『正しい言葉遣いを確認しておく』です。

面接官は想像以上に皆さんの話し方をよく見ております。なぜなら、面接での話し方は取引先とのやり取りに直結すると考えるからです。

転職面接に臨む際は丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

なお、面接まで時間のある方は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」を使い分けられるように練習しておくことをおすすめします。

そうすれば、転職面接はもちろんのこと、入社後に困ることもないでしょう。


【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策4】ナチュラルメイクの練習をしておく

デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの4つ目は『ナチュラルメイクの練習をしておく』です。

夜職の方は基本的にメイクが濃い傾向があります。

そのため、皆さんの「ナチュラルメイク」は昼職だと「やや濃い」と判断されてしまうかもしれません。

ですので、デリヘル嬢から昼職に転職する前に「ナチュラルメイク」の練習をしておきましょう。なお、メイクのポイントは自分が思っているより「薄いメイク」を心がけることですよ。


【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策5】前職の不満を言わないように意識しておく
デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの5つ目は『前職の不満を言わないように意識しておく』です。

当たり前のことですが、面接官に前職の不満を言うことはNG。絶対にいけません。

なぜなら、前職の不満を口にすると面接官は「うちの会社を辞めた後も同じことをするのでは?」と考えるからです。転職面接では、前職に対する不満を言わないようにしてくださいね。


【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策6】過剰なアピールは避ける
デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの6つ目は『過剰なアピールは避ける』です。

面接官に自分のことをアピールすることは大切。

しかし、度が過ぎると「自分を過大評価しすぎ」「自己分析があまい」など、マイナスのイメージを持たれる可能性があります。ですから、過剰なアピールは避けましょう。


【デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策7】NGワードを調べておく
デリヘル嬢が転職面接で失敗しないために対策しておくことの7つ目は『NGワードを調べておく』です。

昼職の面接にはNGワードがあります。たとえば、志望動機の場合は「御社で勉強がしたい」「いつかは独立を考えている」などです。

NGワードを言うと、それだけで面接官の心象を損ねることになり、内定から遠ざかります。ですので、転職面接に臨む前に確認しておきましょう。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

デリヘル嬢の転職!本番で慌てないための面接対策7つ
デリヘル嬢の転職!本番で失敗しないための面接対策7つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center