2021.12.12

デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術

夜職の経験を隠したいけど…。
嘘はつきたくない。どうしよう。

このような悩みを抱えているデリヘル嬢はいませんか?

「デリヘル嬢は印象が悪いから履歴書に書きたくない…」「転職先にデリヘル嬢だとバレたくない…」など、転職を考えているデリヘル嬢のなかには、履歴書の作成方法に悩み、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなデリヘル嬢に向けて『夜職経験がバレない履歴書の作成方法』をご紹介していきたいと思います。

この記事では、夜職経験がバレない履歴書の作成方法とあわせて「デリヘル嬢におすすめの資格」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書の作成方法4つ
【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書1】社名・企業名を書く
【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書2】派遣スタッフと書く
【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書3】飲食業と書く
【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書4】サービス業と書く
<デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術の注意点>
デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント3つ
【デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント1】社風に合う人物かどうか
【デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント2】顔写真
【デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント3】資格の有無
デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう
【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう1】MOS
【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう2】日商簿記検定
【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう3】I Tパスポート
【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう4】秘書検定
まとめ

デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書の作成方法4つ

では早速、デリヘル嬢の経験がバレない履歴書の作成方法を4つご紹介します。

この方法で作成すれば、履歴書からデリヘル嬢の経験を読み取ることはできません。ですので、書類選考に通過しやすくなりますよ。


【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書1】社名・企業名を書く
デリヘル嬢が夜職経験を隠して履歴書を作成する方法の1つ目は『社名・企業名を書く』です。

一般的にデリヘルは会社形態をとっています。なので、履歴書には社名・企業名を書きましょう。

そうすれば、デリヘル嬢の経験を履歴書から判断することはできません。たとえば履歴書に「デリヘル◯◯○」と書くと、面接官は気づいてしまいます。

しかし「株式会社◯◯」や「〇〇グループ」と書けば、検索しない限り気づきません。

デリヘル嬢の経験を隠したい方は履歴書にデリヘル店ではなく、社名・企業名を書きましょう。


【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書2】派遣スタッフと書く
デリヘル嬢が夜職経験を隠して履歴書を作成する方法の2つ目は『派遣スタッフと書く』です。

もし、デリヘル嬢の雇用形態が「派遣」だったのであれば、あなたは「派遣スタッフ」になります。ですから、履歴書に派遣スタッフと書いてもOK。

なんの問題もありません。

デリヘル嬢の経験を伏せたい方は履歴書に派遣スタッフと書きましょう。


【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書3】飲食業と書く
デリヘル嬢が夜職経験を隠して履歴書を作成する方法の3つ目は『飲食業と書く』です。

もし、あなたの勤めるデリヘル店でアルコールの提供があるなら「飲食業」と考えることができます。(派遣先でアルコールを提供するなど)

ですから、履歴書に飲食業と書いても問題ありません。デリヘル嬢の経験を伏せたい方は履歴書に飲食業と書きましょう。


【デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書4】サービス業と書く
デリヘル嬢が夜職経験を隠して履歴書を作成する方法の4つ目は『サービス業と書く』です。

デリヘル嬢は拡大解釈すると「お客さんに喜んでもらうため」の仕事。つまりサービス業に分類することができます。

ですから、履歴書にサービス業と書いても問題ありません。デリヘル嬢の経験を伏せたい方は履歴書にサービス業と書きましょう


<デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術の注意点>
上述した方法で履歴書を作成すれば、夜職の経験はバレません。しかし、注意点が一つだけあります。

それは、面接官に仕事内容を質問されたら「答える必要がある」ということです。ここで嘘をついてはいけません。

面接で嘘がバレなくても入社後に発覚する可能性もあり得ます。ですから、面接官に仕事内容を聞かれたら、デリヘル嬢をしていたことを正直に言いましょう。


デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント3つ

続きましては、面接官が「履歴書で見ているポイント」を3つご紹介します。
履歴書を作成するときは、このポイントに気をつけましょう。

【デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント1】社風に合う人物かどうか
デリヘル嬢から転職する際の履歴書で面接官が見ているポイントの1つ目は『社風に合う人物かどうか』です。

こちらは書類で判断することが難しい項目。なので、実際に会ってから判断することが多いです。

しかし面接官の中には、これまでの経験やスキル・特技を見てある程度、人となりの予想をする方がいます。

ですから、履歴書の趣味や特技を記入する際は、応募先の社風に合うようなものを書くといいでしょう。


【デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント2】顔写真
デリヘル嬢から転職する際の履歴書で面接官が見ているポイントの2つ目は『顔写真』です。

顔写真は、あなたの第一印象を決める大事な要素。写真の表情から仕事の意欲や性格をイメージする面接官はたくさんいます。

ですので、履歴書用に写真を撮る際は、好印象を与える表情で撮りましょう。


【デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント3】資格の有無
デリヘル嬢から転職する際の履歴書で面接官が見ているポイントの3つ目は『資格の有無』です。

面接官は履歴書の資格を見てその人のスキルを判断します。なので、資格は積極的に書くようにしてください。

ただし、応募企業に関連性のない資格や免許が記入されていると、面接官は応募者の志向に疑問を持つことがあります。

ですから、資格を書く際は応募先で役に立つものだけを記入しましょう。なお、何も資格がないデリヘル嬢には以下の資格をおすすめします。

どの資格も幅広い職種で活かせるので、持っていて損はありません。ぜひ、転職前に挑戦してみてくださいね。

デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう

ここでは、転職を考えているデリヘル嬢に「おすすめの資格」4つをご紹介します。

履歴書の資格欄が埋まっていれば面接官に好印象を与えることができます。ぜひこの機会に資格の取得をご検討くださいね。

【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう1】MOS
転職を考えているデリヘル嬢におすすめの資格1つ目は『MOS』です。

MOSとはMicrosoft Office Specialistの略称で、ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフトオフィス製品の活用スキルを証明する資格。

MOSは、民間資格になりますが、基本的なパソコンスキルを証明できます。

なので、パソコン操作に不安を抱えているデリヘル嬢におすすめの資格となっております。なお、履歴書の資格欄にMOSの資格が書いてあると、営業職・事務職・技術職など、あらゆる職種への転職で役に立ちますよ。


【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう2】日商簿記検定
転職を考えているデリヘル嬢におすすめの資格2つ目は『日商簿記検定』です。

日商簿記検定は、日本商工会議所・各地商工会議所が実施する検定の中で、簿記に関する知識・技能を検定する資格。

「原価計算初級」「簿記初級」「1級」「2級」「3級」に分かれております。

日商簿記検定は公的資格になりますが、お金の動きを把握する力を証明できます。ですから、デリヘル嬢から昼職への転職を考えている方は、日商簿記検定を取得するといいでしょう。

なお、履歴書の資格欄に日商簿記検定の資格が書いてあると、経営職、財務職などへの転職で役に立ちますよ。


【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう3】I Tパスポート
転職を考えているデリヘル嬢におすすめの資格3つ目は『I Tパスポート』です。

ITパスポートとは、ITに関する基礎知識が証明できる国家資格。「経営戦略」「IT管理」「IT技術」の3分野から構成されております。

I Tパスポートは、ITに関する知識だけでなく、経営戦略やマーケティング、財務会計、法務など経営に関わる基礎知識も身につくため、非常におすすめです。

ITリテラシーが高いと、デリヘル嬢から昼職への転職がしやすくなりますので、取得することをおすすめします。なお、履歴書の資格欄にI Tパスポートの資格が書いてあると、営業職・事務職・技術職など、あらゆる職種への転職で役に立ちますよ。


【デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう4】秘書検定
転職を考えているデリヘル嬢におすすめの資格4つ目は『秘書検定』です。
秘書検定は、公益財団法人 実務技能検定協会が実施する民間資格。秘書のスキルに加えて、一般常識やビジネスマナーなど、社会で必要とされる問題も出題されます。

ですから、秘書として活躍することはもちろん、ビジネスマナーを身につけているという評価を得られるため、転職に役に立つ資格だと言えるでしょう。

なお、履歴書の資格欄に秘書検定の資格が書いてあると、秘書職・営業職・事務職などへの転職で役に立ちますよ。


まとめ

では、これまでの内容をまとめると

デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書の作成方法4つ
<デリヘル嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術の注意点>
デリヘル嬢の転職!面接官が履歴書で見ているポイント3つ
デリヘル嬢の転職!面接官に履歴書の資格欄でアピールしよう


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center