2021.11.18

ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術

夜職の経験って…。
履歴書に書かなくてもいいの?

このような悩みを抱えているラウンジ嬢はいませんか?

「ラウンジ嬢は印象が悪いから隠したい…」「だけど嘘はつきたくない…」など、転職を考えているラウンジ嬢のなかには、履歴書の作成方法に悩み、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなラウンジ嬢に向けて『夜職経験がバレない履歴書作成術』をご紹介していきたいと思います。

この記事では、夜職経験がバレない履歴書作成術とあわせて「ラウンジ嬢がアピールするべきスキル」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

【目次】
ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術を紹介する前に
ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術!空欄の注意点
ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術4つ
【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書1】社名・企業名を書く
【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書2】飲食業と書く
【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書3】サービス業と書く
【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書4】派遣スタッフと書く
<ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術の注意点>
ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう
【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう1】営業力
【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう2】コミュニケーション力
【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう3】ヒアリング力
【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう4】タフな精神力
ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント3つ
【ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント1】資格の有無
【ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント2】顔写真
【ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント3】社風に合う人物かどうか
まとめ

ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術を紹介する前に

履歴書作成術をお伝えする前に、まずは大切なことをお伝えします。

それは履歴書に「ラウンジ嬢の経験を記入しなくてもいい!」ということです。というのも、履歴書や職務経歴書は任意記入。

すべての職歴を記入する必要はありません。ですので、ラウンジ嬢の経験を隠したければ、その期間の職歴を書かずに履歴書を作成しましょう。

ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術!空欄の注意点
「ラウンジ嬢の経験を記入しなくてもいい!」と言いましたが、正直に言うとあまりおすすめしません。

なぜなら、職歴に空白期間を作ると面接官に「この期間は何をしていたの?」と突っ込まれ、結局はバレます。

最悪の場合ラウンジ嬢だったことを隠したという印象を与えかねません。ですから、ラウンジ嬢の経験を隠すために空欄をつくることはやめておきましょう。どうしてもラウンジ嬢の経験を隠したいという方は、以下の方法をおすすめします。

ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術4つ

それでは、ラウンジ嬢の経験がバレない履歴書作成術を4つご紹介します。

この方法で作成すれば、履歴書からラウンジ嬢の経験を読み取ることはできません。ですので、書類選考に通過しやすくなりますよ。

【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書1】社名・企業名を書く
ラウンジ嬢が夜職経験を隠して履歴書作成する方法の1つ目は『社名・企業名を書く』です。

一般的にラウンジ店は会社形態をとっています。なので、履歴書には社名・企業名を書きましょう。そうすれば、ラウンジ嬢の経験を履歴書から判断することはできません。

例えば履歴書に「クラブ◯◯○」と書くと、面接官は気づいてしまいます。

しかし「株式会社◯◯」や「〇〇グループ」と書けば、検索しない限り気づきません。ラウンジ嬢の経験を伏せたい方は履歴書にラウンジ店ではなく、社名・企業名を書きましょう。

【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書2】飲食業と書く

ラウンジ嬢が夜職経験を隠して履歴書作成する方法の2つ目は『飲食業と書く』です。
もし、あなたの勤めるラウンジ店でアルコールの提供があるなら「飲食業」と考えることができます。

ですから、履歴書に飲食業と書いても問題ありません。ラウンジ嬢の経験を伏せたい方は履歴書に飲食業と書きましょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書3】サービス業と書く
ラウンジ嬢が夜職経験を隠して履歴書作成する方法の3つ目は『サービス業と書く』です。

ラウンジ嬢は拡大解釈すると「お客さんに喜んでもらうため」の仕事。つまりサービス業に分類することができます。ですから、履歴書にサービス業と書いても問題ありません。ラウンジ嬢の経験を伏せたい方は履歴書にサービス業と書きましょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書4】派遣スタッフと書く
ラウンジ嬢が夜職経験を隠して履歴書作成する方法の4つ目は『派遣スタッフと書く』です。

もし、ラウンジ嬢の雇用形態が「派遣」だったのであれば、あなたは「派遣スタッフ」になります。ですから、履歴書に派遣スタッフと書いてもOK。

なんの問題もありません。

ラウンジ嬢の経験を伏せたい方は履歴書に派遣スタッフと書きましょう。


<ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術の注意点>
上述した方法で履歴書を作成すれば、夜職の経験はバレません。しかし、注意点が一つだけあります。

それは、面接官に仕事内容を質問されたら「答える必要がある」ということです。ここで嘘をついてはいけません。

面接で嘘がバレなくても入社後に発覚する可能性もあり得ます。

ですから、面接官に仕事内容を聞かれたら、ラウンジ嬢をしていたことを正直に言いましょう。

ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう

続きましては、ラウンジ嬢がアピールできるスキルを4つご紹介します。

ぜひこの内容を参考にして、素敵な履歴書を作成してくださいね。

【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう1】営業力
ラウンジ嬢が履歴書に書くべきスキルの1つ目は『営業力』です。

というのも、ラウンジ嬢の中には、実績のある方がいると思います。例えば、「月に〇〇万円の売り上げを上げた」「何ヶ月間売り上げ〇〇円を達成した」とかですね。

このような実績のある方は営業力のアピールになりますので、履歴書に書くといいでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう2】コミュニケーション力
ラウンジ嬢が履歴書に書くべきスキルの2つ目は『コミュニケーション力』です。

ラウンジ嬢は一見すると印象の悪い仕事です。しかし実際には立派なサービス業。お客様を楽しませるプロ集団です。

そのため、ほとんどのラウンジ嬢は高いコミュニケーション力を兼ね備えております。

転職市場において、容姿端麗でコミュニケーション力があると、それだけで重宝されます。なので、コミュニケーション力に自信のある方は履歴書に書くといいでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう3】ヒアリング力
ラウンジ嬢が履歴書に書くべきスキルの3つ目は『ヒアリング力』です。ラウンジのメインの仕事はお客様の話を聞くこと。1日で数十人のお客さんと接し、様々なお話を耳にします。

そのため、多くのラウンジ嬢はお客様の会話を聞き取る能力(ヒアリング力)に長けていると言えるでしょう。ヒアリング力はビジネスの場でも役立つスキル。

特に営業には欠かせかません。なので、ヒアリング力に自信のある方は履歴書に書くといいでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう4】タフな精神力
ラウンジ嬢が履歴書に書くべきスキルの4つ目は『タフな精神力』です。

というのも、ラウンジ嬢が身を置いてきた夜の世界は激しい競争社会。毎夜、厳しい売り上げ争奪戦に晒されてきたと思います。

競争社会を生き抜いてきた「タフな精神力」はビジネスの場でも活用できるスキル。なので、精神力に自信のある方は履歴書に書いてアピールするといいでしょう。

ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント3つ

最後に面接官が履歴書で見るポイントを3つご紹介します。

履歴書を作成するときは、このポイントに気をつけてくださいね。

【ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント1】資格の有無
ラウンジ嬢から転職する際の履歴書で面接官が見るポイントの1つ目は『資格の有無』です。

面接官は履歴書の資格を見てその人のスキルを判断します。なので、資格は積極的に書くようにしてください。

ただし、応募企業に関連性のない資格や免許が記入されていると、面接官は応募者の志向に疑問を持つことがあります。ですから、資格を書く際は応募先で役立つものだけを記入しましょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント2】顔写真
ラウンジ嬢から転職する際の履歴書で面接官が見るポイントの2つ目は『顔写真』です。

顔写真は、あなたの第一印象を決める大事な要素。写真の表情から仕事の意欲や性格をイメージする面接官はたくさんいます。

ですので、履歴書用に写真を撮る際は、好印象を与える表情で撮りましょう。


【ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント3】社風に合う人物かどうか
ラウンジ嬢から転職する際の履歴書で面接官が見るポイントの3つ目は『社風に合う人物かどうか』です。

こちらは書類で判断することが難しい項目。なので、実際に会ってから判断することが多いです。

しかし面接官の中には、これまでの経験やスキル・特技を見てある程度、人となりの予想をする方がいます。

ですから、履歴書の趣味や特技を記入する際は、応募先の社風に合うようなものを書くといいでしょう。


その他のラウンジ嬢の面接のポイントについてはこちらの記事でも紹介しています。 ぜひ見てみて下さい。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術を紹介する前に
ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術!空欄の注意点
ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術4つ
<ラウンジ嬢の転職!面接官に夜職経験がバレない履歴書作成術の注意点>
ラウンジ嬢の転職!面接官にアピールしたいなら履歴書にスキルを書こう
ラウンジ嬢の転職!面接官が履歴書で見るポイント3つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center