2021.10.19

ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種を一挙紹介

ラウンジ嬢から昼職に転職したいけど。

やりたい仕事が見つからない…。


このような悩みを抱えている方はいませんか?


「ラウンジの経験が活かせる職種がわからない…」「ラウンジ嬢が転職しやすい職種ってあるの?」など、転職を考えているラウンジ嬢のなかには、職種選びで迷い、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなラウンジ嬢に向けて『おすすめの職種』をご紹介していきたいと思います。この記事では、おすすめの職種とあわせて「自分に向いている職種の探し方」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


それではいってみましょう!

【目次】
ラウンジ嬢から昼職への転職!おすすめの職種9選
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種1】営業職
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種2】エステティシャン
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種3】介護職
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種4】保育補助
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種5】アパレルスタッフ
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種6】ネイリスト
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種7】コールスタッフ
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種8】Webライター
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種9】事務職
ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方5つ
【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方1】評価されたことを探す
【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方2】嫌いなことを探す
【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方3】よくお願いされることを探す
【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方4】長期間継続できたことを探す
【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方5】人に相談してみる
まとめ

ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種9選

では早速、おすすめの職種を9つご紹介していきます。ぜひ、この内容を参考にして転職活動に励んでくださいね。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種1】営業職
1つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『営業職』です。
営業職は、自社の商品やサービスなどを提案し、購入してもらうことで自社の売上に貢献する職種。非常に高いコミュニケーション力が求められます。しかし、ラウンジ嬢なら問題ありません。なぜなら営業職は、ラウンジ嬢で培った「自分を売り込む力」や「会話力」を活かせる職種だからです。営業職はラウンジ嬢にぴったりの職種だと言えるでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種2】エステティシャン
2つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『エステティシャン』です。エステティシャンは「フェイシャルエステ」「痩身」「脱毛」など、全身の美容に関わる職種。

ボディ専門など特定の分野に特化して技術を身につける人もいれば、幅広く学んで仕事をこなす人もいます。エステティシャンは一見すると難易度が高い職種ですが、特別な資格はいりません。未経験でも問題なく転職できます。尚、本格的にプロとして仕事をしていきたいなら、スクールに通って民間資格を取るといいでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種3】介護職
3つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『介護職』です。
介護職は老人ホームや介護施設で、利用者の入浴や排せつなど、身の周りの世話をするのが職種。力仕事が多いため、女性には辛い仕事かもしれません。

しかし、介護職はこれから超高齢化社会を迎える日本において、ますます需要が高まる職種。ですから、非常に将来性の高い職種ですよ。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種4】保育補助
4つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『保育補助』です。
保育補助とは、保育現場において保育士のサポート的な役割をする職種。保育士になるには「保育士免許」が必要ですが、保育補助はあくまでサポート。そのため「保育士免許」を取得する必要がありません。保育園は現在、どこも人手不足。

ですから、保育補助の仕事は狙い目です。最近は保育士免許取得のサポートをしてくれる保育園も増えています。ですから、まずは保育補助からスタートして、自分に適性があると感じらたら保育士を目指す、といった働き方でもいいと思いますよ。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種5】アパレルスタッフ
5つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『アパレルスタッフ』です。
アパレルスタッフは洋服を販売する職種。ファッションに関する知識に加え、コミュニケーション能力や社交性の高さが求められます。
ラウンジ嬢は普段からオシャレで美意識が高い人が多い。ですから、アパレルスタッフの適性があると思います。尚、この職種は未経験でも転職しやすいので、その点でもおすすめの職種となっておりますよ。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種6】ネイリスト
6つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『ネイリスト』です。ネイリストとは、ネイルケアやネイルアートなどを行う職種。基本的にネイルサロンでの勤務になります。
しかし、人によっては出張してネイルアートをしたり、自分でサロンを開くことも。ネイリストはエステティシャンと同じく特別な資格はいりません。ですので、ラウンジ嬢でも転職しやすい職種だと言えるでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種7】コールスタッフ
7つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『コールスタッフ』です。
コールスタッフは、電話を通じてお客と応対する職種。細かくは業種によって変わってきます。例えば、インバウンド業務だと商品の受注、宿泊・座席などの予約などを行います。そのため「コミュニケーション能力」と顧客の要望を聞き出す「ヒアリング力」が求められます。

ラウンジ嬢はお客様をもてなすことに慣れており、基本的にコミュニケーション力が高い。ですので、コールスタッフは、ラウンジ嬢にぴったりの職種だと言えるでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種8】Webライター
8つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『Webライター』です。
Webライターとは、Webサイト上の文章を書く職種。基礎的な国語力さえあれば、「学歴」や「資格」は問われません。

ただし注意点がひとつ。それは、Webライターは雑誌や新聞などの紙媒体ではなく、Webサイト上の文章を書く職種。そのため、検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められます。ラウンジ嬢からWebライターへの転職を考える際は、この点に注意してくださいね。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの職種9】事務職
9つ目にご紹介するラウンジ嬢におすすめの職種は『事務職』です。

事務職は、企業内部における書類作成や管理、受付、電話対応などを担う職種。基本的なパソコンスキル、書類作成能力が求められます。
そのため、パソコンが使えないと転職は難しいでしょう。しかしごく稀に、スキルがなくてもコミュニケーション力が高ければ採用される可能性があります。ですから、コミュ力の高いラウンジ嬢は応募してみるといいでしょう。

ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方5つ

ここからは、自分に向いている「職種の探し方」を5つご紹介します。職種探しで困っている方はこの方法を参考にしてくださいね。


【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方1】評価されたことを探す
ラウンジ嬢が自分に向いている職種を探す方法の1つ目は『評価されたことを探す』です。
というのも、人から評価されたことは、あなたが得意なことかもしれません。得意なことをやると、成果が出る。その結果、仕事に喜びを感じるようになります。ですから、これまでに評価されたことを軸に職種探しをするといいでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方2】嫌いなことを探す
ラウンジ嬢が自分に向いている職種を探す方法の2つ目は『嫌いなことを探す』です。

嫌いなことを探すと、向いている職種が見えてくることがあります。例えば、人と接することが嫌だと感じる人は、接客や営業に向いていない。ということは「人との関わりが少ない」自分のペースで進められる職種に適性があるのかもしれません。
このように考えることで、自分の好き・嫌いがはっきりして、いつか自分に向いている職種が見つかるかもしれませんよ。


【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方3】よくお願いされることを探す
ラウンジ嬢が自分に向いている職種を探す方法の3つ目は『よくお願いされることを探す』です。

みなさんは、人からよくお願いされることはありますか?人からお願いされることは、あなたの得意なことである可能性が高い。そのため、よくお願いされることを軸に職種探しをするといいでしょう。そうすれば適職に出会えるかもしれませんよ。


【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方4】長期間継続できたことを探す
ラウンジ嬢が自分に向いている職種を探す方法の4つ目は『長期間継続できたことを探す』です。長期間継続できることは、あなたに適性があることです。

そのため、今まで継続してきたことを探すと、自分の適性がわかり、向いている職種に出会えるかもしれませんよ。尚、継続できたことは些細なことで構いません。「ゲーム」「日記」「動物の世話」など、何でもOKですよ。


【ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方5】人に相談してみる
ラウンジ嬢が自分に向いている職種を探す方法の5つ目は『人に相談してみる』です。人に相談することで「自分に何が向いているのか」。また、「どんな強みを持っているのか」が客観的にわかるかもしれません。

自分が思っている「私」と、周りから見えている「私」は意外と違うもの。人に相談することで、自分では気づかない強みを発見し、向いている職種に出会えるかもしれません。尚、相談相手がいない場合は、転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントは、就職の相談だけでなく、履歴書の作成や面接の練習など、様々なサポートを行ってくれますよ。


まとめ

では、これまでの内容をまとめると

ラウンジ嬢から昼職への転職!おすすめの職種9選
ラウンジ嬢の転職!自分に向いている職種の探し方5つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center