2021.08.10

キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント

志望動機を作成しているけど…。
なぜか、うまくできない…。

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「志望動機は短くてもいいの?」「志望動機はどの点に気をつければいいの?」「そもそも、志望動機ってなに?」など、転職を考えているキャバ嬢のなかには、志望動機をうまく作成できず、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『志望動機作成のポイント』をご紹介していきたいと思います。
この記事では志望動機作成のポイントと併せて「志望動機をうまく伝えるポイント」などもご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それでは、いってみましょう!

【目次】
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイントをご紹介する前に
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく作成するためのポイント3つ
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント1】企業研究に取り組むこと
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント2】自己分析に取り組むこと
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント3】結論から述べること
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ3つ
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ1】最初に結論を簡潔に述べる
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ2】具体的なエピソードを述べる
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ3】入社後に実現したいことを伝える
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント3つ
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント1】ハキハキと述べること
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント2】経験と結びつけて話すこと
【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント3】論理的に伝えること
キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント3つ
【キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント1】前向きさはあるか
【キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント2】すぐに辞めないかどうか
【キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント3】伸び代はあるか
まとめ

キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイントをご紹介する前に

キャバ嬢に志望動機作成のポイントをご紹介する前に、まずは「志望動機とは何か?」をお伝えします。
志望動機とは、応募した企業で「なぜ働きたいのか」を伝えること。採用担当者は応募者から志望動機を聞き、確認することによって、自社への理解度や入社意欲の高さを見極めたいと考えています。
ですので、志望動機は採用担当者が「なるほど、だからウチに応募したんですね!」と納得してくれるものを作らないといけません。志望動機を作成する際は、このことを念頭において作成しましょう。

キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく作成するためのポイント3つ

ここからは、キャバ嬢に向けて志望動機をうまく作成するためのポイントを3つご紹介します。志望動機を作成する際は、このポイントを意識して作成すると、うまくできますよ。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント1】企業研究に取り組むこと
キャバ嬢が志望動機をうまく作成するポイントの1つ目は『企業研究に取り組むこと』です。
というのも、志望動機では、自分が企業にマッチした人材であることをアピールする必要があります。
なので、事前に企業研究に取り組み、企業がどのような人材を求めているのかを把握しておきましょう。企業が求める人材に合った能力やスキルがあれば、採用担当者に良い印象を与えることができますよ。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント2】自己分析に取り組むこと
キャバ嬢が志望動機をうまく作成するポイントの2つ目は『自己分析に取り組むこと』です。というのも、自己分析をおこなうと、自分の能力やスキルを客観的に把握できます。
その結果、企業の求める人材にマッチした能力をみつけて、志望動機に盛り込めます。なので、自己分析をやると、採用担当者に良い印象を与えられる志望動機が作成できますよ。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイント3】結論から述べること
キャバ嬢が志望動機をうまく作成するポイントの3つ目は『結論から述べること』です。
というのも、結論を最初に述べることで、何が言いたいのかが読み手に伝わりやすい。逆に結論を後回しにすればするほど、何が言いたいのかが分かりづらくなります。以上のことから、志望動機を作成する際は結論から述べましょう。

キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ3つ

続きましては、志望動機の構成を考える際のコツを3つ解説します。この方法で構成を作れば、採用担当者を唸らせる志望動機ができると思いますよ。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ1】最初に結論を簡潔に述べる
1つ目にご紹介するキャバ嬢が志望動機の構成を考える際のコツは『最初に結論を簡潔に述べる』です。上記でご説明した通り、まずは結論から述べてください。
なぜなら、今から何について述べるのかを最初に提示すると、わかりやすい文章になります。なので、まずは結論から。「なぜその企業を志望するのか」という理由を簡潔に述べましょう。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ2】具体的なエピソードを述べる
2つ目にご紹介するキャバ嬢が志望動機の構成を考える際のコツは『具体的なエピソードを述べる』です。
結論を述べた後は、根拠となる具体的なエピソードを挙げていきます。というのも、具体的なエピソードを述べると志望動機の説得力がUPします。
ですので、結論を述べたら「なぜその企業を志望するのか」が伝わるエピソードを具体的に述べましょう。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ3】入社後に実現したいことを伝える
3つ目にご紹介するキャバ嬢が志望動機の構成を考える際のコツは『入社後に実現したいことを伝える』です。
というのも、最後に入社後の目標を述べることで、採用担当者に熱意を伝えることができます。その結果、とても印象の良い志望動機になるのです。
なので、志望動機を作成する際は、最後に自分が何を達成したいのか、どのように企業に貢献したいのかを必ず伝えましょう。

キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント3つ

ここからは、志望動機をうまく伝えるポイントを3つご紹介していきます。
面接に臨む際はこのポイントに注意して、志望動機を伝えてくださいね。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント1】ハキハキと述べること
キャバ嬢が転職する際に志望動機をうまく伝えるポイントの1つ目は『ハキハキと話すこと』です。
というのも、キャバクラではお客様との距離が近いため、小さな声で話すことが当たり前。大きなことでハキハキと話す必要などありません。そのため、自分でも知らないうちにボソボソと話すことが習慣化している可能性があります。
面接官は、志望動機の内容だけでなく、応募者の話し方もチェックしておりますので、大きな声でハキハキと述べましょう。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント2】経験と結びつけて話すこと
キャバ嬢が転職する際に志望動機をうまく伝えるポイントの2つ目は『経験と結びつけて話すこと』です。
というのも、自分の経験と結びつけて話すと熱を込めて話せます。そのため、志望動機に説得力が増し、面接官に入社にかける想いが伝わりやすい。以上のことから、志望動機を語る際は自らの経験と結びつけることをおすすめします。

【キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント3】論理的に伝えること
キャバ嬢が転職する際に志望動機をうまく伝えるポイントの3つ目は『論理的に伝えること』です。
というのも、志望動機は事前に決めていること。急に聞かれた質問ではありません。なので、論理的に話せないと「物事をしっかりと伝えられない人」。あるいは「事前に準備をしていない人」と判断され、最悪の場合それだけで不採用になります。
ですから、志望動機は、事前に練習して論理的に話せるようにしておきましょう。

キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント3つ
最後にキャバ嬢が志望動機を伝える際に、面接官が見ているポイントを3つご紹介します。これから面接に臨むキャバ嬢は、このポイントを意識して志望動機を伝えてくださいね。

【キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント1】前向きさはあるか
キャバ嬢が志望動機を伝える際に面接官が見ているポイントの1つ目は『前向きさはあるか』です。
キャバ嬢から昼職に転職する場合、ほとんどの職種が未経験になります。そのため、企業は即戦力とは考えず、スキルや技術は求めません。では、何を求めているのか?それは前向きに仕事をする意欲があるかどうかです。
つまり「やる気があるのか」という部分を見ています。志望動機は仕事への意欲が1番よくわかる要素なので、応募者のみなさんはそのことを意識して作成するようにしましょう。

【キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント2】すぐに辞めないかどうか
キャバ嬢が志望動機を伝える際に面接官が見ているポイントの2つ目は『すぐに辞めないかどうか』です。
というのも、キャバ嬢は離職率が高い職業。そのため、面接官は皆さんに対して「辞めクセがついているのでは?」と不安を感じております。なので、志望動機を通じて、本気度を確認し「すぐに辞めないかどうか」を判断しております。

【キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント3】伸び代はあるか
キャバ嬢が志望動機を伝える際に面接官が見ているポイントの3つ目は『伸び代はあるか』です。
というのも、キャバ嬢から昼職に転職する人のなかには、ごく稀に転職することが目標の人がいます。
そういう人は、入社した途端にやる気をなくし、成長意欲がありません。つまり「伸び代がない人材」ということです。面接官はそういう人材は避けるため、志望動機を通して「入社後に実現したいこと」や「意欲」を読み取ります。そして、成長が期待できる人材であるかを見極めているのです。
なので、皆さんが志望動機を伝える際は、このポイントを意識して伝えると、良い印象を与えられますよ。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

キャバ嬢から昼職への転職!志望動機作成のポイントをご紹介する前に
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく作成するためのポイント3つ
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機の構成を考える際のコツ3つ
キャバ嬢から昼職への転職!志望動機をうまく伝えるポイント3つ
キャバ嬢から昼職への転職!面接官が志望動機で見ているポイント3つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center