2021.05.26

【夜職から昼職への転職】システムエンジニアってあり?

夜職から昼職に転職して手に職をつけたい。
だけど、何をすればいいのかわからない…。

このような悩みを抱えている方はいませんか?
「夜職を続けることに限界を感じてきたから昼職に転職したい」「親に夜職を辞めるように言われたから昼職に転職する」「とりあえず昼職に転職して人生を変えたい」など、夜職をしている人の中には、将来に不安を感じて、昼職に転職しようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『システムエンジニア』についてご紹介したいと思います。
システムエンジニアは、プログラミング言語に関する知識に加え、コミュニケーション能力や交渉力が求められる仕事。
そのため、学習意欲の高い方でしたら未経験でもシステムエンジニアへの転職を成功させることができるでしょう。詳しくは、この記事を通して解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

それではいってみましょう!

【目次】
夜職から昼職への転職!システムエンジニアとは?
【システムエンジニアの仕事内容】
【システムエンジニアの仕事1】要件定義
【システムエンジニアの仕事2】基本設計
【システムエンジニアの仕事3】詳細設計
【システムエンジニアの仕事4】テスト
夜職から昼職への転職!未経験でもシステムエンジニアになれる理由3つ
【夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由1】人材不足
【夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由2】未経験歓迎
【夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由3】研修制度
夜職から昼職への転職!システムエンジニアに向いている人の特徴5つ
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴1】好奇心旺盛
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴2】コミュ力が高い
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴3】学習意欲が高い
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴4】ITに興味がある
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴5】論理的に考える
夜職から昼職への転職!システムエンジニアのメリット3つ
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット1】給料が高い
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット2】社会貢献
【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット3】市場価値アップ
まとめ

夜職から昼職への転職!システムエンジニアとは?

はじめにシステムエンジニアの仕事内容についてご紹介していきます。
夜職の方にはイメージがつきにくいかと思いますが、簡単にご説明しますのでご安心ください。

【システムエンジニアの仕事内容】
システムエンジニアの仕事内容は、簡単に説明すると『クライアントが要求したシステムの大枠を作ること』。主にパソコンを使っての作業が中心になります。といってもずっと画面にへばりついているわけではありません。「顧客との打ち合わせ」や「全体のスケジュール管理」など色々と仕事があります。システムエンジニアの仕事を大きく分けると以下の通りです。
【システムエンジニアの仕事1】要件定義
顧客の話を聞き、どのようなシステムを望んでいるのかをはっきりさせる段階。尚、ここでシステムの開発にかかる費用や期間、その要求の実現方法まで決定します。

【システムエンジニアの仕事2】基本設計
要件定義で入手した情報をもとに、実装する機能や操作方法、表示方法などといったシステムの基本的な仕様設計を行なっていきます。

【システムエンジニアの仕事3】詳細設計
基本設計の段階で決定したシステム設計を、どのような技術や仕組みを用いて実現するか、プログラマーがプログラミングする際に必要になる詳細設計を行います。

【システムエンジニアの仕事4】テスト
プログラマーがプログラミングしたのち、システムが仕様書通りに動いているかをチェックします。

【システムエンジニアの仕事5】運用・保守
システムを運用していく中で起こる障害への対処や日常的なシステムのメンテナンスを行います。

以上がシステムエンジニアの仕事内容です。
昼職への転職でシステムエンジニアを検討されている方は、システムエンジニアの仕事内容を紹介しているサイトにもっと詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。

システムエンジニアとは?仕事内容・年収・資格について

夜職から昼職への転職!未経験でもシステムエンジニアになれる理由3つ

夜職から昼職への転職を考えている方の中にはパソコンがまったく使えない人もいるはず。きっと、そういう方にとっては、システムエンジニアへの転職が夢物語に思えるでしょう。
しかしご安心ください。システムエンジニアはパソコン音痴の方でも転職できる可能性があります。というわけで、ここでは未経験でもシステムエンジニアに転職できるますよ、という理由をお伝えしていきたいと思います。

【夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由1】人材不足
夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由の1つ目は『人材不足』です。
夜職の皆さんも聞いたことあると思いますが、現在、IT人材が不足しております。そのため、未経験でも20代であれば転職できる可能性は十分にあるでしょう。実際に昼ジョブの求人サイトを見てみるとシステムエンジニアの求人がたくさんありますよ。

システムエンジニアの昼職求人一覧

【夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由2】未経験歓迎
夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由の2つ目は『未経験歓迎』の求人が増えたことです。
これまでIT企業では未経験者を積極的に採用してきませんでした。しかし上記の理由により、企業も採用について考えるようになり、現在は未経験の人材を採用して、現場で一から育てようと考える企業が増えております。

【夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由3】研修制度
夜職から昼職への転職で未経験でもシステムエンジニアになれる理由の3つ目は『研修制度』です。
最近は多くの企業で研修制度を設けております。そのため、ポテンシャルがあれば、未経験でも採用される確率が高くなりました。夜職から昼職への転職について紹介しているサイトでは、風俗の夜職からエンジニアになった人を紹介しておりますよ。
風俗の夜職からシステムエンジニアに転職されたU様にインタビュー

夜職から昼職への転職!システムエンジニアに向いている人の特徴5つ

続きましてはシステムエンジニアに向いている人の特徴についてご紹介していきます。夜職から昼職への転職を考えている方は、自分に当てはまる項目がないか、ぜひチェックしてみてください。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴1】好奇心旺盛
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴1つ目は『好奇心旺盛』です。システムエンジニアは初対面のクライアントと打ち合わせをして、クライアントが求めているものを聞き取る必要がある。
そのため、何事にも好奇心が旺盛で、初めて知るものに興味が持てる人の方が会話が弾み、楽しめると思います。ですので、好奇心旺盛な方は昼職に転職する際にシステムエンジニアを選択肢に入れてみることをオススメします。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴2】コミュ力が高い
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴2つ目は『コミュ力が高い』です。上述した通りシステムエンジニアはクライアントから要件のヒアリングを行う。その際、システムに詳しくないクライアントから要望を引き出すためには、高いコミュ力(コミュニケーションスキル)が必要となるでしょう。
以上のことから、コミュ力が高い方は、ぜひ夜職から昼職に転職する際にシステムエンジニアを選択肢に入れてみてください。昼職の転職サイトでシステムエンジニアについて検索してみると、コミュニケーション能力が高い人を歓迎していますよ。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴3】学習意欲が高い
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴3つ目は『学習意欲が高い』です。
システムエンジニアに転職すると、はじめはシステムのテストやプログラミングが中心。その後、徐々に要件定義を行ったり、仕様書を書いたりとあらゆる業務に携わっていくようになります。そのため必然的に覚えることが多くなり、転職して数年は学習漬けの日々が続くでしょう。以上のことから学習意欲が高くないとシステムエンジニアは務まりません。
逆に、学習意欲が高い人には非常に適性がある仕事。ですので、そういう方はぜひ昼職に転職する際にシステムエンジニアを選ぶといいでしょう。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴4】ITに興味がある
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴4つ目は『ITに興味がある』です。
システムエンジニアが関わるIT業界はもの凄い速度でアップデートが行われ常に技術を追う必要があります。そのため、ITに興味があり、IT分野の知識を吸収していくことを楽しめる人にとっては、最高の環境だと言えるでしょう。
もしITに興味があるって方がいれば、昼職に転職する際はシステムエンジニアをオススメします。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴5】論理的に考える
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアに向いている人の特徴5つ目は『論理的に考える』です。
システムエンジニアの主な仕事はシステムの設計。そのため、システムの構造を理解し、効率的な実行フローを構築するためには、論理的に考える能力が求められます。ですので、普段から論理的に物事を考えられる人にとっては適性があると言えるでしょう。
もちろん、これは転職後に伸ばしていける力でもありますので、論理的思考力が低いからといって、システムエンジニアへの転職を諦める必要はないですよ。

夜職から昼職への転職!システムエンジニアのメリット3つ

最後にシステムエンジニアに転職した場合のメリットをご紹介して終わりにしたいと思います。
いつくかあるので、代表的なものだけにしますね。ぜひ夜職から昼職への転職を考えている方は、これを参考にシステムエンジニアを目指すか検討してみてください。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット1】給料が高い
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット1つ目は『給料が高い』です。システムエンジニアの仕事は給料が高いことが多いです。もちろん、医師や弁護士に比べると劣りますが、昼職の中では高い方。
大手企業に勤めるシステムエンジニアであれば年収1000万円を超えることもあります。気になる方は昼職の転職サイトでシステムエンジニアについて検索してみてください。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット2】社会貢献
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット2つ目は『社会貢献』です。システムエンジニアは、官公庁や電力会社といった社会的インフラを担うクライアントからの案件を担当するケースがあります。
そのため、その手のクライアントからの案件を担当することは仕事を通じて社会貢献ができるといっても過言ではないでしょう。

【夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット3】市場価値アップ
夜職から昼職への転職でシステムエンジニアになった場合のメリット3つ目は『市場価値アップ』です。
システムエンジニアの仕事は基本的なITスキルとしてデータベースの知識やサーバーの知識、加えてクライアントと関わることでコミュニケーションスキルを培うことができます。
そのため汎用性のあるスキルを身につけることが可能となり、転職市場における市場価値が高まるといっていいでしょう。

まとめ

さて、これまでの内容をまとめると 1夜職から昼職への転職!システムエンジニアとは? 2夜職から昼職への転職!未経験でもシステムエンジニアになれる理由3つ 3夜職から昼職への転職!システムエンジニアに向いている人の特徴5つ 4夜職から昼職への転職!システムエンジニアのメリット3つ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 皆さんの転職活動を応援しております。 頑張ってくださいね。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center