昼職コラム column

昼職・夜職掛け持ち

やっぱり急に夜職から昼職に転職するとなると厳しいのが経済面。
せっかく夜職から昼職に転職しても、給与のギャップでストレスを感じてしまって辞めてしまう方が多くいらっしゃいます。
しかし少しの間だけ昼職に転職したあとも夜職を掛け持ちをすれば経済面ギャップを埋めることができちゃいます。
夜職と掛け持ちしてもいい昼職がある?!
副業が認められている昼職なんて、大手企業くらいしかないのでは?と思われる方も多いかと思います。
しかし昼ジョブは大手企業ではなくても副業OKな昼職求人をご用意しています♪

副業や掛け持ちOKな昼職は職種で言えば事務職が多く、残業も他の昼職に比べれば少なめなので計画的に夜職に出勤することができちゃいます。
いくら「掛け持ちOK」でも残業が多すぎたら夜職の方に出勤できないですもんね。

もし夜職から昼職に転職したい気持ちはあるけど経済面がとにかく不安!とい方は、掛け持ちや副業OKな昼職に転職を考えてみてくださいね☆
掛け持ちOKな昼職に転職する際の注意点は?
掛け持ちOKな昼職に転職するメリットはもちろん金銭面ですよね。
例え週に1日出勤するだけでもだいぶ余裕が生まれるかと思います。

しかし、いくら掛け持ちOKな昼職に転職して実際に昼職と夜職を両立させることは結構ハード。
注意点としては週に数日しか出勤しないこと。
まだ昼職に慣れて仕事を覚えるまでは、夜職に出勤するのはせめて休日の前日や休日に押さえておきましょう♪
夜職の掛け持ちが原因で朝起きれなくなってしまったら困り物です。
他にもキャバクラでの勤務経験がある方はわかると思いますが、お酒の飲み過ぎにも注意です!
お酒を飲むのが仕事でもあるので「飲みすぎない」のは無理があるかもしれませんが、なるべく気をつけて欲しいところです。

以上 、この2点を皆さんも心得て、昼職・夜職の掛け持ちに臨んで下さいね♪