昼職転職コラム column

営業

営業の昼職って夜職経験のある方に向いている!とよく聞きますが、それって本当なんでしょうか?
営業職のメリット・デメリットなどを挙げていきます☆
営業の昼職の仕事内容
営業の昼職とは、自社の商品やサービスを売り込んで契約をしてもらうことが主な仕事内容です!
相手のニーズをよくヒアリングして、相手の望んでいるものを叶えられるように営業提案していくことが大切です!♪

営業の昼職の中には反響営業や新規開拓営業、電話・内勤営業、既存顧客営業など多岐に分類でき、それぞれ特徴があるので気になった方はぜひ昼ジョブのキャリコンサルタントに質問してみてください♪
営業の昼職のメリット
それでは営業の昼職のメリット・デメリットをご紹介していきます!

営業の昼職のメリットは、まず夜職の経験が活かせること。
そしてもう1つ、営業系の職種は頑張り次第でどんどん給与が上がること。

営業の昼職は先程も述べた通り、自社の商品を売り込むこと。
夜職の現場では売り込む商品が自分だっただけで、昼職ともなんらかわりはなかったんです♪
夜職経験のある方はコミュニケーション能力や営業力、ストレス耐性に優れている方が多いので、ぜひ昼職でも営業職にチャレンジしてみる価値はあると思います♪

更に営業の昼職は成績がいい社員にはインセンティブ(奨励金)を支払う会社も多いので、頑張れば頑張るほど給与が上がるんです♪
例えば営業成績が基本ノルマを1本超えるごとに3万円インセンティブを支払う会社であれば、1月の収入が10万円アップ!ということも可能です☆
昼ジョブから営業の昼職に転職した方の中でも初月からインセンティブをゲットされた方もいらっしゃいます。
営業の昼職のデメリット
そして次に営業の昼職のデメリットについて。

やはり夜職の経験のある方はわかると思いますが、営業の昼職の大変さはノルマの厳しさ。
夜職と違ってノルマをクリア出来ないと罰金や減給!があるわけではありませんが、多少はノルマをクリアできないと気持ちが落ち込んでしまうこともあるかと思います。
しかし営業の昼職でも「反響営業」という、例えば携帯電話のキャリア会社を思い浮かべていただくとわかりやすいのですが、お客さんが必要を感じて来店して、そこで初めて営業をする営業形態もあります。
こういった反響営業などではあまりノルマを設定していない会社も多いので、ノルマが不安な方はこちらも昼ジョブのキャリアコンサルタントと相談をして転職する昼職を決めてみるのをおすすめします♪
営業の昼職に関してはこちらにも詳しく掲載しているので、よかったらご覧になってみてくださいね。 営業の昼職の業種紹介|昼ジョブ

こちらは営業の昼職求人一覧です!あなたにあった昼職が見つかりますように。 営業の昼職求人一覧|昼ジョブ

営業の昼職転職求人