2022.01.10

デリヘル嬢の転職!昼職のメリットとデメリット

デリヘルを辞めて昼職に転職したいけど…。
なかなか決められない。

このような悩みを抱えているデリヘル嬢はいませんか?

「昼職は厳しそう…」「昼職は続かないかも…」など、デリヘル嬢の中には昼職への転職を不安に感じ、ためらっている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなデリヘル嬢に向けて『昼職のメリット』をご紹介したいと思います。

昼職のメリットを知れば、きっと転職したくなると思いますよ。なお、この記事では、昼職のメリットとあわせて「昼職のデメリット」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。(※昼職への転職は正社員を想定しております)


【目次】
デリヘル嬢の転職!昼職のメリット8つ
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット1】健康的な生活を送れる
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット2】福利厚生が充実している
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット3】賞与がある
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット4】世間体が良くなる
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット5】長く勤められる
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット6】新しい自分になれる
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット7】産休・育休を取得できる
【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット8】退職金制度がある
デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット8つ
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット1】収入が下がる
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット2】長期休暇をとりづらい
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット3】労働時間が長くなる
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット4】髪色や服装に制約がある
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット5】配置転換や転勤があるかもしれない
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット6】早起きしないといけない
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット7】想像した仕事と違う可能性がある
【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット8】残業がある
まとめ

デリヘル嬢の転職!昼職のメリット8つ

【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット1】健康的な生活を送れる
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの1つ目は『健康的な生活を送れる』です。

デリヘル嬢の勤務時間は主に夜。そのため、昼夜逆転の不規則な生活を強いられます。一方、昼職ではそのような心配はありません。

基本的に昼職は朝から夕方までが勤務時間。なので、夜寝て朝起きるという「規則正しい生活」を送ることができます。以上のことから、昼職に転職すると健康的な生活を送れると言えるでしょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット2】福利厚生が充実している
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの2つ目は『福利厚生が充実している』です。

昼職では従業員の健康面と経済面をサポートしてモチベーションを高めるため、様々な制度が用意されています。

たとえば、社会保険や交通費、住宅手当、家族手当などです。夜職では考えらないかと思いますが、昼職では福利厚生が充実しております。

福利厚生の恩恵を受けたい方は、デリヘル嬢から昼職への転職をご検討くださいね。なお、福利厚生とは「会社が社員に対して賃金の他に提供するサービス」のことですよ。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット3】賞与がある
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの3つ目は『賞与がある』です。

一般的に昼職では賞与が出ます。そのため、夜職から昼職に転職すると月収は下がるけれど「年収は上がる」ということもあり得るのです。

賞与があることは、夜職から昼職に転職するメリットの一つだと言えるでしょう。なお、賞与は一年に「1回から2回程度」支給されますよ。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット4】世間体が良くなる
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの4つ目は『世間体が良くなる』です。

残念ながらデリヘル嬢(夜職)は世間体が悪い。なんの理由もなく色眼鏡で見てくる人はたくさんいます。一方、昼職では理由もなく偏見をもたれることはありません。夜職から昼職に転職すると「世間体が良くなる!」と言えるでしょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット5】長く勤められる
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの5つ目は『長く勤められる』です。
デリヘルでは、年齢に制限があったり、一定の売り上げを求められたりします。そのため、長く勤めることがとても難しい。

それに引き換え、昼職では年齢や成績でクビになることはありません。基本的には定年退職するまで働けます。

また、体力的に辛くなってきたら、他の担当業務に変えてくれたりします。ですので、昼職はデリヘルより長く勤めることができると言えるでしょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット6】新しい自分になれる
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの6つ目は『新しい自分になれる』です。

昼職に転職すると、新たな経験が増えるためスキルを得ることができます。そのため、昼職への転職を機に「新しい自分に生まれ変わる」ことが可能なのです。

昼職ではたくさんの仕事を覚えることになるので、あっという間にスキルアップできますよ。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット7】産休・育休を取得できる
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの7つ目は『産休・育休を取得できる』です。
産休・育休の取得は「福利厚生」の一種。最近ではどの企業で導入しております。夜職では基本的に産休・育休制度はありません。

ですから、この制度はデリヘル嬢から昼職に転職するメリットだと言えるでしょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のメリット8】退職金制度がある
デリヘル嬢から昼職に転職するメリットの8つ目は『退職金制度がある』です。
退職金制度は「福利厚生」の一種。ほとんどの企業で導入されております。しかし、夜職では基本的に退職金制度はありません。

なので、この制度はデリヘル嬢から昼職に転職するメリットだと言えるでしょう。

なお、退職金は会社に貢献した年数(勤続年数)×任意の倍率という計算式で、支給額が設定されていますよ。

デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット8つ

続きましては、昼職のデメリットを8つご紹介します。

【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット1】収入が下がる
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの1つ目は『収入が下がる』です。

一般的にデリヘルのお給料は昼職より高水準。そのため、昼職に転職すると収入が下がってしまうかもしれません。

ですから、昼職への転職目的が「収入アップ」である場合は、やめておくほうがいいでしょう。なお、特別なスキルを持っていればデリヘル嬢から昼職に転職しても問題ありませんよ。(特別なスキルとは、デザイン・プログラミングなど)


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット2】長期休暇をとりづらい
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの2つ目は『長期休暇をとりづらい』です。
デリヘルでは歩合制や時給制が基本。一方、昼職では月給制が基本です。

そのため、自己都合によって休むことが難しい傾向にあります。もちろん、有給を使って長期休暇を取ることは可能です。しかし、実際には周りの目があるため、有給を取りづらいですよ。


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット3】労働時間が長くなる
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの3つ目は『労働時間が長くなる』です。
デリヘル嬢の場合、平均的な労働時間は5時間程度かと思います。それに比べて、昼職の労働時間は9時から18時(1時間のお昼休憩あり)が基本。

実働勤務時間は8時間程度となります。ですので、デリヘル嬢から昼職に転職すると労働時間が長くなると言えるでしょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット4】髪色や服装に制約がある
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの4つ目は『髪色や服装に制約がある』です。

一般的に昼職では、髪色や服装の指定があります。(髪色は黒。スーツの着用必須など)

そのため、デリヘル嬢から昼職に転職すると、髪色や服装を自由にできない可能性が高いでしょう。なお、求人の中には「髪色・服装自由」という企業もあります。

髪色や服装を自由にしたい方は、その条件で探しましょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット5】配置転換や転勤があるかもしれない
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの5つ目は『配置転換や転勤があるかもしれない』です。

昼職では、デリヘルと違って人事異動というものがあります。そのため、配置転換や転勤を命じられるかもしれません。

配置転換や転勤は新たに人間関係を構築する必要があり、精神的負担が大きい。ですので、昼職に転職するデメリットだと言えるでしょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット6】早起きしないといけない
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの6つ目は『早起きしないといけない』です。

一般的に昼職は朝から仕事が始まるため、早起きする必要があります。

そのため、必然的に朝型の生活になります。デリヘル嬢から昼職に転職する際は覚悟しておきましょう。


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット7】残業がある
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの7つ目は『残業がある』です。

残念ながら昼職では、ほとんどの企業で残業があります。残業ゼロを目標に掲げていても、実現できている企業はごく僅かです。

なので、昼職に転職する際は残業を覚悟しておきましょう。なお、残業に関しては求人情報に掲載していることもありますが、実際には違う可能性も高い。

ですので、十分に注意してくださいね。(転職エージェントを活用すれば「月に何時間残業があるのか」を具体的に教えてくれます)


【デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット8】想像した仕事と違う可能性がある
デリヘル嬢から昼職に転職するデメリットの8つ目は『想像した仕事と違う可能性がある』です。

昼職の経験がない場合、どうしても仕事へのイメージがつきにくいと思います。

そのため、デリヘル嬢から昼職に転職したけど、いざ働いてみたら「イメージしていた仕事内容と違った」ということも珍しくありません。

デリヘル嬢から昼職に転職する際はしっかりと業務内容を確認しましょう。なお、転職エージェントを活用すると「どんな職場か」「どんなスキルが必要か」など、細かいことまで丁寧に教えてくれますよ。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

デリヘル嬢の転職!昼職のメリット8つ
デリヘル嬢の転職!昼職のデメリット8つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center