2021.11.17

ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること

志望動機を伝えるときに…。
気をつけることってある?

このような疑問を抱えている方はいませんか?

「志望動機って長くても大丈夫?」「それとも短いほうがいいの?」など、転職活動をしているラウンジ嬢のなかには、志望動機の伝え方がわからず、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなラウンジ嬢に向けて『志望動機を伝える際に気をつけること』をご紹介していきたいと思います。

この記事では「志望動機を伝える際に気をつけること」と併せて「アピールするべきポイント」や「志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉」もご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それでは、いってみましょう!

【目次】
ラウンジ嬢の転職面接!志望動機とは?
ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること4つ
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること1】結論から述べる
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること2】言葉の語尾を曖昧にしない
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること3】ロジカルに話す
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること4】簡潔に話す
ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際にアピールするべきポイント4つ
【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント1】その企業を選んだ理由を伝える
【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント2】ビジョンまで伝える
【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント3】商品やサービスに共感する
【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント4】自分の経験をどう活かせるのかを伝える
ラウンジの転職面接!志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉4つ
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉1】御社で勉強したい
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉2】独立を目指している
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉3】通いやすい
【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉4】給料が高い
まとめ

ラウンジ嬢の転職面接!志望動機とは?

はじめに、志望動機について解説します。

志望動機とは応募した企業で「なぜ働きたいのか」を伝えること。面接官は応募者から志望動機を聞き、確認することによって「自社への理解度」や「入社意欲の高さ」を見ようとしています。

ですから、志望動機で大切なことは面接官に「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかどうか。これがポイントになります。

転職面接に臨む際は、このポイントを意識して志望動機を伝えましょう。

ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること4つ

それでは、志望動機を伝える際に気をつけることを4つご紹介します。

ラウンジ嬢から転職する際は、このポイントを意識して転職面接に臨んでくださいね。

【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること1】結論から述べる
ラウンジ嬢が転職面接で志望動機を伝える際に気をつけることの1つ目は『結論から述べる』です。

結論から述べるとは「なぜ志望するのか」に対して答えること。つまり、「私が貴社を志望する理由は、○○だからです」と言うことです。

志望動機に限らず、ビジネスの場では結論ファーストのコミュニケーションが大切。

結論が後回しになっていると、話の意図が相手に伝わりにくい。これは志望動機も同じです。なので、面接官に志望動機を伝える際は、結論から話すようにしましょう。


【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること2】言葉の語尾を曖昧にしない
ラウンジ嬢が転職面接で志望動機を伝える際に気をつけることの2つ目は『言葉の語尾を曖昧にしない』です。

志望動機を伝える際、言葉の語尾を曖昧な言葉にしてしまうと、自信がないように聞こえます。ですから、志望動機を伝える際は自信を持って言い切りましょう。くれぐれも「〜だと思います」などの曖昧な表現は使わないようにしてくださいね。

なお、これは志望動機に限ったことではなく、面接全体を通して言えることですよ。


【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること3】ロジカルに話す
ラウンジ嬢が転職面接で志望動機を伝える際に気をつけることの3つ目は『ロジカルに話す』です。

というのも、志望動機は事前に決めていること。急に聞かれた質問ではありません。

なので、ロジカルに話せないと「物事をしっかりと伝えられない人」。もしくは「準備をしていない怠け者」と判断され、それだけで不採用になる可能性があります。志望動機は論理的に話せるようになるまで、事前に訓練しておきましょう。


【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること4】簡潔に話す
ラウンジ嬢が転職面接で志望動機を伝える際に気をつけることの4つ目は『簡潔に話す』です。

志望動機を伝える際はシンプルに話すのがベスト。だらだら話すと、何が言いたいのか曖昧になり、志望動機が伝わりません。

ですから、面接の志望動機は時間を意識しましょう。理想は「1~3分」に収めることですよ。


ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際にアピールするべきポイント4つ

続きましては、志望動機を伝える際にアピールするべきポイントを4つご紹介します。

志望動機を伝える際は、このポイントのどれか一つは話してくださいね。

【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント1】その企業を選んだ理由を伝える
ラウンジ嬢が志望動機を伝える際にアピールするべきポイントの1つ目は『その企業を選んだ理由を伝える』です。

転職活動をしていると、同じような事業をする企業はたくさんあるはず。だからこそ、「なぜその企業でなければだめなのか」を具体的に伝える必要があるのです。志望度の高さをアピールするためにも、企業を選んだ理由を具体的に話しましょう。


【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント2】ビジョンまで伝える
ラウンジ嬢が志望動機を伝える際にアピールするべきポイントの2つ目は『ビジョンまで伝える』です。

入社後に取り組みたいことを伝えると「入社後に頑張ってくれそう!」というイメージを与えることができます。そのため、面接官に好印象を与えることができます。なお、取り組みたいことは、応募先が今後注力していきたい事業に絡めるといいでしょう。

そうすれば、企業の目指す方向性と「あなたの実現したいキャリア」の方向性が合致し、好印象を与えることができますよ。


【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント3】商品やサービスに共感する
ラウンジ嬢が志望動機を伝える際にアピールするべきポイントの3つ目は『商品やサービスに共感する』です。

応募先企業の商品やサービスに共感すると、企業に対する関心がよく伝わります。そのため、面接官は「自社のことを愛してくれている」と感じます。ですから、商品やサービスについて言及すると、面接官に与える印象が良くなりますよ。


【ラウンジの転職面接!志望動機のアピールポイント4】自分の経験をどう活かせるのかを伝える
ラウンジ嬢が志望動機を伝える際にアピールするべきポイントの4つ目は『自分の経験をどう活かせるのかを伝える』です。

自分の経験をどう活かせるのかを伝えると、面接官は「転職後の働き方もしっかりと考えている!」と感じます。そのため、あなたの熱意がよく伝わり「意欲の高い人物」という印象を与えることができますよ。


ラウンジの転職面接!志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉4つ

ここでは、志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉を4つご紹介します。

ラウンジ嬢から昼職への転職を考えている方は、このポイントを踏まえて転職面接に臨んでくださいね。

【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉1】御社で勉強したい
志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉の1つ目は『御社で勉強したい』です。

「勉強がしたい」という言葉には、前向きさがあり立派に聞こえます。しかし志望動機で言うのは危険。

なぜなら、会社は勉強をしに行くところではないからです。そのため、本人は前向きな姿勢をアピールしているつもりでも、「会社を学校と勘違いしている」と思われ、印象が悪くなる可能性があります。向学心をアピールすることは悪いことではありませんが、志望動機に含めることは避けましょう。


【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉2】独立を目指している
志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉の2つ目は『独立を目指している』です。

独立(フリーランス)を目指す精神は立派ですが、企業側はいい気持ちになりません。なぜなら、企業側は長く働いてくれる応募者を求めているからです。

なので、志望動機を伝える際に、独立をほのめかす言葉は避けるようにしてください。なお、面接官に質問された場合は正直に答えても構いませんよ。


【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉3】通いやすい
志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉の3つ目は『通いやすい』です。

仕事内容や企業そのものではなく、働く場所を志望動機に含めるのはNGです。たしかに「働く場所」は企業選びの重要なポイントの一つ。しかし、企業側から見ると「その企業で働きたい理由」にはなりません。

ですから、志望動機では「家から近い」「渋谷に憧れがありまして」など、働く場所を理由にするのは避けましょう。


【ラウンジ嬢の転職面接!志望動機で使ってはいけない言葉4】給料が高い
志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉の4つ目は『給料が高い』です。

給与の良さや残業の少なさを志望動機に含めると、待遇面にしか興味がないと思われ、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

給与や残業について気にしてしまうのは仕方ありませんが、志望動機に含めるのは避けましょう。


こちらの記事でもラウンジ嬢の面接に必要なノウハウを紹介しています。 ぜひ見てみて下さい。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

ラウンジ嬢の転職面接!志望動機とは?
ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際に気をつけること4つ
ラウンジ嬢の転職面接!志望動機を伝える際にアピールするべきポイント4つ
ラウンジの転職面接!志望動機を伝える際に使ってはいけない言葉4つ


以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center