2021.10.23

ラウンジ嬢の転職!仕事選びに迷ったら業界研究をしよう

ラウンジ嬢から昼職に転職したいけど…。
やりたい仕事が見つからない。

このような悩みを抱えている方はいませんか?

「ラウンジ嬢をやめて人生を再スタートさせたい…」「ラウンジ嬢が嫌になった…」など、ラウンジ嬢のなかには、現状に嫌気がさし、何となく転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなラウンジ嬢に向けて『業界研究』について解説したいと思います。業界研究をすれば、自分の進むべき道が見つかるかもしれません。

なので、とってもおすすめですよ。この記事では業界研究と併せて「ラウンジ嬢におすすめの業界」もご紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

それではいってみましょう!

【目次】
ラウンジ嬢の転職!業界研究とは?
ラウンジ嬢の転職!業界研究の目的とは?
ラウンジ嬢の転職!業界を大きく分けると8つ
<ラウンジ嬢の転職!業界8つ
ラウンジ嬢の転職!業界研究のやり方3ステップ
【ラウンジ嬢の転職!業界研究のステップ1】8つのカテゴリーから選ぶ
【ラウンジ嬢の転職!業界研究のステップ2】カテゴリー内の業界を把握する
【ラウンジ嬢の転職!業界研究のステップ3】どんな企業があるかを把握する
ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること3つ
【ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること1】労働環境をチェックする
【ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること 2】未経験OKかチェックする
【ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること 3】離職率をチェックする
ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界5選
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界1】介護・福祉業界
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界2】美容業界
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界3】IT業界
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界4】エンタメ業界
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界5】サービス業界
まとめ

ラウンジ嬢の転職!業界研究とは?

はじめに、業界研究についてご説明します。業界研究とは文字通り業界について調べること。

世の中にある業界の種類や特徴を知り、自分が行きたいと思う業界を見つけるために行います。この作業は転職活動において、自己分析や企業研究と同様、とても重要な作業になります。ラウンジ嬢から昼職に転職するなら、まずは業界研究から始めるといいでしょう。

ラウンジ嬢の転職!業界研究の目的とは?

業界研究の目的とは、自分が働きたい業界を絞り込むことにあります。

ある業界を知っているつもりでも業界研究をしてみたら「想像と違っていた!」ということもあるかもしれません。ですから、業界研究をして、その業界を正しく認識し、具体的なイメージを持てるようにします。業界研究をしっかりやれば、正しい認識のもとで企業選びができ、現実と想像の乖離も起こりにくくなりますよ。

ラウンジ嬢の転職!業界を大きく分けると8つ
業界を役割別に分けると「メーカー」「商社」「小売」「金融」「サービス」「ソフトウエア・通信」「マスコミ」「官公庁・公社・団体」の8つに大別できます。

業界研究をする際は、この8つから深掘りして調べていきましょう。それぞれの業界がどのような役割を果たし、社会を構成しているのかは、下記の通りです。

<ラウンジ嬢の転職!業界8つ>

・メーカー          ものをつくる
・商社            ものを動かして利益を得る
・小売            ものを消費者に売る
・金融            お金を動かして利益を得る
・サービス          かたちのないものを売る
・マスコミ          情報を大勢の人に一度に伝達して利益を得る
・ソフトウエア・通信     情報に付加価値をつけて売る
・官公庁・公社・団体     国と地方公共団体の役所

ラウンジ嬢の転職!業界研究のやり方3ステップ

ここでは、業界研究のやり方を3ステップでご紹介します。

シンプルな方法になっておりますので、ぜひ試してみてくださいね。

【ラウンジ嬢の転職!業界研究のステップ1】8つのカテゴリーから選ぶ
ラウンジ嬢が業界研究で1番目にやることは『8つのカテゴリーから選ぶこと』です。
8つのカテゴリーとは上記で挙げたもの。ここでは深く考えず、役割をみて興味がひかれるものを選びましょう。


【ラウンジ嬢の転職!業界研究のステップ2】カテゴリー内の業界を把握する
ラウンジ嬢が業界研究で2番目にやることは『カテゴリー内の業界を把握する』です。

上記で挙げた8つの中には、様々な業界が存在します。2番目のステップでは、その中にどんな業界があるのかを把握していきましょう。たとえば、小売業界だと「百貨店」「コンビニ」「スーパー」などがありますよ。


【ラウンジ嬢の転職!業界研究のステップ3】どんな企業があるかを把握する
ラウンジ嬢が業界研究で3番目にやることは『どんな企業があるかを把握する』です。

業界内にはたくさんの企業が存在します。業界を絞ったら深く掘り下げ、どんな企業があるか調べましょう。そうすれば転職先がどんどん絞られていき、やがて応募したい企業が見つかると思います。


ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること3つ
続きましては、業界選びの際に気をつけることを3つご紹介します。
転職を考えているラウンジ嬢はこのポイントを意識して業界を選び、転職先を探しましょう。

【ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること1】労働環境をチェックする
ラウンジ嬢が業界選びの際に気をつけることの1つ目は『労働環境をチェックする』です。
業界の労働環境が悪い場合、転職に成功しても苦労することになります。ですから、転職先を選ぶときは労働環境がホワイトな業界にしましょう。業界の労働環境については、転職エージェントを利用すれば色々と教えてくれますよ。

尚、労働環境が劣悪な業界でも、ホワイト企業は存在します。逆にホワイトな業界でもブラック企業はありますので、ご注意ください。あくまで傾向として頭に入れておくといいでしょう。


【ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること 2】未経験OKかチェックする
ラウンジ嬢が業界選びの際に気をつけることの2つ目は『未経験OKかチェックする』です。

ラウンジ嬢から転職する場合、多くの方が未経験からのチャレンジになると思います。ですから、未経験者を広く受け入れている業界を選ぶといいでしょう。業界によっては、未経験者の転職が難しい場合もありますので、注意してくださいね。


【ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること 3】離職率をチェックする
ラウンジ嬢が業界選びの際に気をつけることの3つ目は『離職率をチェックする』です。離職率が高い会社や業界は「すぐに辞めてしまう人が多い」ということ。つまり、何かしらの問題がある業界だと推測できます。
(一概には言えませんが…)ですから、避けたほうがいいでしょう。尚、離職率は「四季報」に載っておりますよ。(すべての会社が公開しているわけではありません)


ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界5選

最後に、ラウンジ嬢に「おすすめの業界」を5つご紹介します。ぜひ、転職活動にお役立てくださいね。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界1】介護・福祉業界
ラウンジ嬢におすすめの業界1つ目は『介護・福祉業界』です。

介護・福祉業界は、高齢者や障害者など、生活のサポートが必要な人に対して多様なサービスを提供している業界。近年、深刻な人手不足に悩まされており、業界全体で採用枠を広げております。そのため、未経験者を歓迎している求人が多く、非常に転職しやすいです。

ラウンジ嬢は人の心を癒す能力に長けておりますので、介護・福祉業界に転職すると活躍できると思いますよ。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界2】美容業界
ラウンジ嬢におすすめの業界2つ目は『美容業界』です。美容業界とは文字通り美容に関する業界。

コスメ関連を除き、大きく分けると「美容室・理容室」「エステサロン・リラクゼーションサロン」「ネイルサロン・まつげエクステサロン」の3つが活躍の場所となります。美容業界は、技術力が評価される世界。

ですから、学歴や経験が問われることはありません。意欲と熱意さえあれば転職できます。美容業界は未経験採用を積極的に行なっておりますので、ぜひ、転職先の候補としてお考えくださいね。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界3】IT業界
ラウンジ嬢におすすめの業界3つ目は『IT業界』です。IT業界はエンジニアやプログラマー、Webデザイナーなど、特定のスキルを身につける専門職が多い業界。技術力さえあれば、学歴・職歴がなくても転職できます。近年、IT業界の人材不足が深刻化しており、未経験者を歓迎している企業が多く見られます。

ですので、運が良ければ、伸び代を評価して採用してもらえるかもしれません。ラウンジ嬢から昼職への転職を考えている方は、一度、挑戦してみるといいでしょう。
【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界4】エンタメ業界
ラウンジ嬢におすすめの業界4つ目は『エンタメ業界』です。エンタメ業界とは、作品やサービスを通じて、人を楽しませることを目的とする業界。音楽、演劇、映画、ゲームなど、多岐にわたる業態を抱え、関わる企業や職種も様々です。

エンタメ業界は、ここ数年、ゲーム事業や動画配信事業の市場規模が急激に拡大。そのため、コンテンツ事業を行う企業では深刻な人手不足となっております。

エンタメ業界は個性を重視する傾向が強いので、ラウンジ嬢は珍しがられて、重宝されるかもしれませんよ。


【ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界5】サービス業界

ラウンジ嬢におすすめの業界5つ目は『サービス業界』です。

サービス業界は宿泊や飲食サービス、医療、情報通信など、様々な種類がある業界。それぞれの分野によって多少の違いはあるものの、市場は拡大を続けています。

サービス業界は、学歴・職歴を問わず人材獲得に積極的な企業が多いため、ラウンジ嬢から転職しやすい業界と言えるでしょう。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

ラウンジ嬢の転職!業界研究とは?
ラウンジ嬢の転職!業界研究の目的とは?
ラウンジ嬢の転職!業界を大きく分けると8つ
ラウンジ嬢の転職!業界研究のやり方3ステップ
ラウンジ嬢の転職!業界選びの際に気をつけること3つ
ラウンジ嬢の転職!おすすめの業界5選

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center