2021.06.04

夜職から昼職に転職するデメリットとは?

夜職から昼職に転職したい。
だけど、転職を考えると不安になり行動できない…。

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「夜職から昼職に転職したら失敗しそう…」「夜職から昼職に転職してもやっていく自信がない…」「夜職から昼職に転職したらストレスが溜まりそう…」など夜職をしている人の中には昼職への転職を考えているけど、不安要素があるため行動できない人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『夜職から昼職に転職するデメリット』についてご紹介していきたいと思います。
事前にデメリットを知っておけば、昼職に転職した際に困ることを把握でき、失敗する可能性が下がります。
この記事では夜職から昼職に転職するデメリットと併せて、コロナ禍における転職事情も解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

それではいってみましょう!

【目次】
夜職から昼職に転職するデメリットを語る前に
【夜職から昼職に転職して変わること1】勤務時間
【夜職から昼職に転職して変わること2】雇用形態
【夜職から昼職に転職して変わること3】福利厚生
夜職から昼職への転職!コロナ禍のデメリット4つ
【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット1】求人数が少ない
【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット2】競争率が高い
【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット3】面接方法の変化
【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット4】業界が限定されてしまう
夜職から昼職に転職するデメリット7つ
【夜職から昼職に転職するデメリット1】収入が下がる
【夜職から昼職に転職するデメリット2】髪色や服装に制約がある
【夜職から昼職に転職するデメリット3】生活リズムに慣れるまで時間が掛かる
【夜職から昼職に転職するデメリット4】新たな人間関係の構築に苦労する
【夜職から昼職に転職するデメリット5】勤務時間が長い
【夜職から昼職に転職するデメリット6】堅苦しい社風かもしれない
【夜職から昼職に転職するデメリット7】思った仕事と違う可能性がある
まとめ

夜職から昼職に転職するデメリットを語る前に

転職をためらう人の不安を解消するため、夜職と昼職の相違点を教えてください!
大まかに言うと違いは3つだけしかないので、深刻に考えすぎないようにしてくださいね。

【夜職から昼職に転職して変わること1】勤務時間
夜職から昼職に転職して変わることの1つ目は『勤務時間』です。
夜職の場合は主に19時~翌日2時くらいが勤務時間。一方、昼職の場合は9時〜18時くらいが勤務時間になります。つまり、昼職から夜職に転職しても働く時間が変わるだけってことです。

【夜職から昼職に転職して変わること2】雇用形態
夜職から昼職に転職して変わることの2つ目は『雇用形態』です。
夜職の場合、働いている女性のほとんどがアルバイトなどの非正規雇用になります。なぜなら夜職では正社員の枠がほとんどないからです。
これは男性も同じ。ボーイやマネージャーとして勤務するくらいしかなく、正職員の枠がないのが実情です。そう考えると昼職は正社員の求人がたくさんあるため、夜職から昼職に転職すると高い確率で正社員になれると考えていいでしょう。

【夜職から昼職に転職して変わること3】福利厚生
夜職から昼職に転職して変わることの3つ目は『福利厚生』です。
というのも上述した通り、夜職では非正規雇用がほとんどのため、社会保険や住宅手当、退職金制度などがない。その一方、昼職ではこれらの制度が充実しており、安心して働けるようになっております。

夜職から昼職への転職!コロナ禍のデメリット4つ

コロナ禍に転職するデメリットとしてはどのようなものがありますか?
コロナによる影響は転職市場全体に言えること。ですので、夜職から昼職への転職にも当然します。事前にコロナ禍のデメリットを把握しておくと、転職活動への取り組み方が変わってくると思いますので、ぜひ目を通してくださいね。

【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット1】求人数が少ない
コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリットの1つ目は『求人数が少ない』です。
こちらに関しては言うまでもないと思いますが、コロナの影響により景気が悪化しました。そのため、大幅に求人数が減少しており、簡単に転職できないというのが実情です。実際に厚生労働省の発表によると、企業から全国のハローワークに提出された3月の新規求人数は、前年同月と比べて12.1%減少したとなっております。

国内統計:有効求人倍率|新型コロナが雇用・就業・失業に ... https://www.jil.go.jp › kokunai › statistics › covid-19 【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット2】競争率が高い
コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリットの2つ目は『競争率が高い』です。
上述した通り、求人数が減少したため、コロナ禍での転職は競争率が高くなっております。そのため、夜職から昼職への転職が難しくなっているというのが実情です。もちろん、何かしらのスキルや経験があれば、問題なく夜職から昼職に転職できると思いますよ。

【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット3】面接方法の変化
コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリットの3つ目は『面接方法の変化』です。コロナの影響により不必要な外出を避けることが当たり前となりました。そのため、現在、ほとんどの面接がオンラインになっております。
この方法は面接会場まで行く手間がなく、大変便利な方法に思えますが、オンライン面接に慣れてないとうまく話せません。そう考えると、「トーク力」や「コミュニケーション力」が強みの夜職の方は、持ち前の魅力を発揮しづらい環境なのではと感じます。
実際に筆者もZOOMでの面接をしたことがありますが、会話の途切れるタイミングが掴めず、やり取りに苦労しました。

【コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリット4】業界が限定されてしまう
コロナ禍に夜職から昼職に転職するデメリットの4つ目は『業界が限定されてしまう』です。
というのも、コロナの影響で業績が下がっている企業は基本的に求人募集を行っておりません。
そのため、転職できる業界が限定されてしまっているというのが実情です。具体例をあげると、アパレルや美容関係、観光業などは求人がなく、物流や配送、I T関係は求人があるという感じですね。

夜職から昼職に転職するデメリット7つ

夜職から昼職に転職するデメリットはどんなものがあるでしょうか?
デメリットはあくまでそういう傾向があるということなので、鵜呑みにせず参考程度にとどめておいてください。結局のところ会社や業界によって変わってきますので、一概には言えないのです。

【夜職から昼職に転職するデメリット1】収入が下がる
1つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『収入が下がる』です。というのも全体的に見て夜職は昼職より給料が高い求人が多いので、昼職に転職すると収入が下がってしまう可能性があります。
そのため、夜職から昼職へ転職する目的が「収入アップ」ならやめておくのが賢明でしょう。夜職の方に向けて昼職に転職するデメリットを解説しているサイトでも同様のことを言っております。

【夜職から昼職に転職するデメリット2】髪色や服装に制約がある
2つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『髪色や服装に制約がある』です。
残念ながら昼職はスーツや制服、オフィスカジュアルといった服装の指定がある企業が多いです。
そのため、夜職から昼職に転職するときは、髪色やネイルを変える必要があるでしょう。
もちろん、なかには求人募集には「服装・髪色自由」という企業もありますよ。

【夜職から昼職に転職するデメリット3】生活リズムに慣れるまで時間が掛かる
3つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『生活リズムに慣れるまで時間が掛かる』です。夜職では基本的に夕方出勤、朝方に帰宅という生活リズムだと思いますが、昼職では真逆になります。
そのため、夜職から昼職に転職した場合、なかなか朝型の生活に馴染めず、ストレスを感じる可能性があるでしょう。

【夜職から昼職に転職するデメリット4】新たな人間関係の構築に苦労する
4つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『新たな人間関係の構築に苦労する』です。
夜職から昼職の転職に限らず、職場を変えると人間関係を一から作り直さなければなりません。この時、相性のよい同僚や上司ならいいのですが、必ずしもそうとは限らない。昼職の経験がない方だと、もしかしたら考えの合わない人が多くて馴染めない可能性もあります。

【夜職から昼職に転職するデメリット5】勤務時間が長い
5つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『勤務時間が長い』です。
夜職の場合、平均的な営業時間は20時から深夜1時くらい。そのため5時間程度が基本的な労働時間でしょう。そう考えると昼職の営業時間は9時から18時(1時間のお昼休憩あり)が基本。実働勤務時間は8時間程度となりますので、夜職より勤務時間が長くなります。

【夜職から昼職に転職するデメリット6】堅苦しい社風かもしれない
6つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『堅苦しい社風かもしれない』です。これは古くから続く企業にあることですが、お茶出しは女性、朝礼で声出しがあるなど、堅苦しい社風が残っていることがあります。
きっと夜職の方は堅苦しい社風に苦手意識を持つ人が多いと思いますので、これはデメリットの一つと言えるでしょう。

【夜職から昼職に転職するデメリット7】思った仕事と違う可能性がある
7つ目にご紹介する夜職から昼職に転職するデメリットは『思った仕事と違う可能性がある』です。
というのも昼職の経験がないと、どうしても仕事へのイメージがつきにくい。そのため、夜職から昼職に転職したけど、いざ働いてみたら「イメージしていた仕事内容と違った」ということも珍しくありません。
ですので、これも夜職から昼職に転職する際のデメリットと考えていいでしょう。

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

1. 夜職から昼職に転職するデメリットを語る前に
2. 夜職から昼職への転職!コロナ禍のデメリット4つ
3. 夜職から昼職に転職するデメリット7つ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

これまでご紹介したデメリットを参考にぜひ転職を検討してください。
応援しております。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center