2021.05.25

【夜職から昼職への転職】飲食業界に向いている人の特徴

夜職から卒業して食に関わる仕事がしたい。
だけど、自分に飲食業界が向いているのか不安…

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「飲食業界は離職率が高いから…」「飲食業界は厳しいそう…」「飲食業界は休みが少なそう…」など、飲食業界に転職したい方の中には、食に関わる仕事をしたいけど、なんとなく不安を感じ、転職を躊躇っているという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『飲食業に向いている人の特徴』についてご紹介していきたいと思います。
この記事を読めば、自分が飲食業界に向いている人材なのかを知ることができると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

それではいってみましょう!

【目次】
夜職から昼職への転職!飲食業界について調べる
【夜職から昼職への転職を考える人に伝えたい飲食業界の現状】
【夜職から昼職への転職を考える人に伝えたい飲食業界の現実】
【夜職から昼職への転職を考える人に伝えたい飲食業界のこれから】
夜職から昼職への転職!飲食業界に向いている人の特徴9つ
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴1】食べることが好き
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴2】研究熱心
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴3】人と接することが好き
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴4】素早く丁寧な対応ができる
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴5】毅然とした態度を取れる
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴6】体力がある
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴7】責任感が強い
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴8】協調性がある
【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴9】飲食店経営の夢がある

夜職から昼職への転職!飲食業界について調べる

飲食系の仕事についてご紹介する前に、まずは飲食業界の現状について教えてください!
どの職種でもそうですが、転職する前にその業界について調べることは大切。夜職から転職する際には必ず確認するようにしましょう。
調べる前にとりあえず、飲食系の昼職を紹介している求人サイトを見てみるのもアリだと思いますよ。

飲食の昼職求人一覧を見る!

【夜職から昼職への転職を考える人に伝えたい飲食業界の現状】
コロナ前(2019年)までの飲食業界は全体的に見ると緩やかですが上昇傾向にありました。
なかでも、ファストフード、ファミリーレストラン、大手のチェーン店などの伸び率は大きかったと思います。
しかし2020年に新型コロナウイルスが蔓延してからは状況が一変。外出禁止が余儀なくされたことから飲食業界は大きな打撃を受けました。そのため、現在は飲食業界全体で見ると、非常に厳しい状況だと言えるでしょう。

【夜職から昼職への転職を考える人に伝えたい飲食業界の現実】
上記で新型コロナウイルスの影響により厳しい状況だとお伝えしましたが、なかには好調な業績を残しているお店が存在します。
例えば、デリバリー中心のお店。こちらに関しては新型コロナウイルスの影響で売り上げが伸びたというお店もあるくらいです。
また、回転寿司やファースト・フード店など、子供連れが訪れる店舗に関しても、家族との時間が増えたおかげなのか、売り上げを伸ばしている傾向が強いです。
以上のことから、新型コロナウイルスは飲食業界に大きな影を落としているが、決して希望が絶たれたわけではないというのが実情だと思います。気になる方は実際に飲食系の昼職を紹介しているサイトをご覧ください。昨年に比べると格段に増えておりますよ。

飲食店の求人・転職・就職なら「ジョブ・レストラン」

【夜職から昼職への転職を考える人に伝えたい飲食業界のこれから】
新型コロナウイルスの影響もあり、今後はお店で食事を楽しむという形態よりも、デリバリーサービスのほうに力を入れる飲食店や企業が増えてくるのではないかと予想されています。
また、コロナ前に問題になっていた慢性的な人手不足を解消するために、ロボットを導入するケースも多くなるかもしれません。
さらにAIの導入によって、お客様のお好みに合った最適なメニューを自動で提案したりなどもできるようになり、飲食業界のIT化が加速していく可能性があるでしょう。

夜職から昼職への転職!飲食業界に向いている人の特徴9選

上記で飲食業界についてネガティブなことを書きましたが、あまり深刻に考える必要はありません。というのも、飲食業界は店舗や業態によってかなり差が出るからです。
先ほどもお伝えした通り、コロナ禍で好調なところもあれば、コロナ前から不調なところもある。
ですので、もし食に関わるお仕事をしたいと考えているなら、飲食系の昼職への転職を躊躇う必要はないでしょう。夜職の経験を活かして、ファンを作り、人気店にすることだってできるのですから、と励ましたところで、ここからは飲食業界に向いている人の特徴ついて語っていきます。
夜職から飲食系の昼職に転職したい方は、自分に当てはまる要素があるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴1】食べることが好き
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴1つ目は『食べることが好き』です。
こういう人は、飲食系の昼職に転職すると大活躍できるでしょう。というのも、食べることが好きな人は自分の店で提供しているメニューにも興味を持つことができ、積極的に店の味を楽しみ、広めようとするからです。
そのため、知識がどんどん深まり、気づいた頃には上のポジションになっているでしょう。実際に飲食系の昼職求人サイトを見てみると、募集要項に『食べることが好きな方』と書いてある場合があります。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴2】研究熱心
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴2つ目は『研究熱心』です。
というのも、飲食業界は常に商品開発をする必要がある。そのため、普段から他のお店の味やサービスの仕方、メニューの名前の付け方などに気を配る必要があります。ですので、研究熱心な人は飲食系の昼職にとても適性があると言っていいでしょう。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴3】人と接することが好き
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴3つ目は『人と接することが好き』です。
夜職と同様に飲食系の昼職はお客様との距離が近い。そのため、良いことも悪いこともダイレクトに返ってきます。なので、人と接することが好きな人にとっては最高の職場になると思います。
きっと、そういう人が飲食系の昼職に転職すると固定のファンがいっぱいできると思いますよ。夜職の方向けに飲食系の昼職を紹介しているサイトでは、夜職で培ったコミュニケーション能力が活かせると言っております。

大阪にある飲食系の昼職求人一覧はこちら!

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴4】素早く丁寧な対応ができる
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴4つ目は『素早く丁寧な対応ができる』です。
上述したように飲食系の昼職はお客様との距離が近い。そのため、クレームを直接もらうことがあります。例えば「注文したメニューがこない」「グラスが汚れている」などがそうです。
こういう時、普段から素早く丁寧に対応できる人は好感を持たれ、他のスタッフや店長から頼りにされることでしょう。
以上のことから、素早く丁寧な対応をできる人は飲食系の昼職に転職しても活躍できると思います。ちなみに、飲食系の昼職求人サイトでは、夜職経験者歓迎という求人がいくつかあるので、気になる方は一度ご覧になってください。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴5】毅然とした態度を取れる
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴5つ目は『毅然とした態度を取れる』です。
残念ながら飲食店には理不尽な要求をするお客様が来ます。時には罵声を浴びせられることもあるかもしれません。
そんな時、飲食店のスタッフはお店や他のお客様を守るため、毅然とした態度での対応を求められます。まあ、夜職経験者の皆さんなら、たくさん理不尽な経験をしていると思いますので、心配ないと思いますが…。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴6】体力がある
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴6つ目は『体力がある』です。
飲食系の昼職はどの店舗も長時間労働が基本になると思いますので体力が必要。
また、サービス業なので笑顔と元気も求められます。以上のことから体力に自信があり、身体を動かして仕事をすることが好きな人は、飲食系の昼職が向いていると言えるでしょう。夜職から飲食系の昼職に転職された方の体験談をご覧になると、実際にどんな感じか仕事のイメージがつかめると思いますよ。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴7】責任感が強い
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴7つ目は『責任感が強い』です。
飲食店は食中毒に関して細心の注意を払わなくてはいけません。そのため、保健所の指導に基づいた衛生管理が求められます。
また、材料不足のために提供できないメニューが出ることのないよう、在庫や発注管理にも気を付けなくてはいけない。以上のことから、責任感が強い人は飲食の昼職に向いていると考えられるでしょう。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴8】協調性がある
夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴8つ目は『協調性がある』です。
基本的に飲食系の昼職に転職すると複数人でお店の運営をやります。なかにはアルバイトスタッフが数名いることもあるでしょう。
そんな時、より良い店舗運営をしていくためには、調理やホール担当のスタッフなど、みんなのチームワークが重要になってきます。
そう考えると協調性のある人は、きっと素敵な店舗運営ができると思いますので、飲食系の昼職に向いていると言えるでしょう。
実際に飲食系の昼職求人サイトをご覧になると、募集要項に「協調性がある人」と書いてある場合がありますよ。

【夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴9】飲食店経営の夢がある

夜職から昼職への転職で飲食業界に向いている人の特徴9つ目は『飲食店経営の夢がある』です。
これはわざわざ説明する必要もないと思いますが、将来飲食店を経営したいと思っている人は飲食系の昼職に向いています。
というのも、実際に働くことが1番の修行になるからです。何事も実践に勝るものはありません。ですから、夜卒して将来飲食店を経営したいと思っている人は迷うことなく飲食系の昼職に転職するべきでしょう。

まとめ

それでは、これまでの内容をまとめると

1. 夜職から昼職への転職!飲食業界について調べる
2. 夜職から昼職への転職!飲食業界に向いている人の特徴9選

以上になります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
皆さんの転職活動を心から応援しています。

頑張ってくださいね!

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center