2021.05.23

【夜職から昼職への転職】営業の仕事ってどうなの?

夜卒して昼職に転職したい。
でも、何をしていいかわからない…。

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「昼職についてよくわかっていない…」「夜職経験者に向いている昼職ってあるの?」など、夜職から昼職に転職しようと考えている人は色々と悩むことが多く、不安を抱えていることと思います。

今回はそんな昼職に転職したい方に向けて『営業の仕事』についてご紹介していきたいと思います。営業は未経験でも応募できる求人がたくさんあり、夜職から昼職に転職したい方にとって非常にオススメの職種となっております。詳しくはこの記事で解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。
それではいってみましょう!

【目次】
夜職から昼職に転職する前にやっておくこと3つ
【昼職に転職する前にやっておくこと1】昼夜逆転生活を治しておくこと
【昼職に転職する前にやっておくこと2】パソコンの基本操作を習得しておくこと
【昼職に転職する前にやっておくこと3】転職理由を明確にしておくこと
夜職から昼職への転職を考えている人に営業について語る
【夜職から昼職への転職】営業ってなに?
夜職から昼職への転職を考えている人に営業をオススメする理由3つ
【夜職経験者が営業に向いている理由1】すでに営業力が培われているから
【夜職経験者が営業に向いている理由2】コミュニケーション能力があるから
【夜職経験者が営業に向いている理由3】成果主義に慣れているから
夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職5選
【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職1】コールセンター
【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職2】カウンターセールス
【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職3】法人営業
【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職4】個人営業
【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職5】海外営業

夜職から昼職に転職する前にやっておくこと3つ

夜職から昼職への転職を考えている人にやってほしいことはありますか?
どれも難しいことではありませんので、以下のことは昼職に転職する前に必ず行うようにしてください。
【昼職に転職する前にやっておくこと1】昼夜逆転生活を治しておくこと
昼職に転職する前にやっておくことの1つ目は『昼夜逆転生活を治しておくこと』です。
昼職は基本的に朝から仕事が始まります。そのため、夜職をしていた方が昼職に転職すると、いきなり昼夜逆転して働くことになり高確率で体調を崩します。
ですので、昼職に転職したい方は万全の体調で働けるよう、転職活動中から昼夜逆転生活を治しておきましょう。夜職から昼職への転職を考えている人向けのサイトでも、同様のことを語っているコラムが紹介されております。

昼職の営業職の求人はこちら

【昼職に転職する前にやっておくこと2】パソコンの基本操作を習得しておくこと
昼職に転職する前にやっておくことの2つ目は『パソコンの基本操作を習得しておくこと』です。
昼職の仕事は基本的にパソコンを使う仕事がほとんどです。はっきりいって今のご時世、パソコンをまったく使わない仕事はないと言えるでしょう。
そのため、パソコンの基本操作を身につけておくことは必須。一度も触ったことがない人は、昼職に転職する前に基本操作を学んでおきましょう。

【昼職に転職する前にやっておくこと3】転職理由を明確にしておくこと
昼職に転職する前にやっておくことの3つ目は『転職理由を明確にしておくこと』です。
というのも、曖昧な理由で昼職に転職すると嫌な目にあった場合、すぐに退職したくなり「1ヶ月後には夜職に逆戻りする」なんてことも…。
そうなると、せっかく昼職に転職できても、すべて台無しになってしまいます。ですので、昼職に転職する場合は「なぜ転職するのか」を明確にしておきましょう。
そうすれば、嫌な目にあっても勢いで退職することなく、「転職理由」を思い出し冷静に考えることができます。
もちろん、転職先が「パワハラ」「セクハラ」が当たり前のブラック企業だった場合は我慢する必要ないですけどね。

夜職から昼職への転職を考えている人に営業について語る

それでは本題の営業について解説していきたいと思います。

が、その前に…。
営業について軽く解説しますね。

【夜職から昼職への転職】営業ってなに?
営業とは、自社の商品やサービスを他の企業や個人に対して案内し、最終的に契約まで繋げる仕事のことです。
同じような職種に「販売職」というものがありますが、これは「初めから購入意思がある人」に対して物を売る仕事。ですので、両者は別物になります。
営業は購入意思を出させるところから始まりますので、販売職と最終地点は同じですがプロセスがまったく違う仕事。
そのため、販売より高いスキルが求められるでしょう。

夜職から昼職への転職を考えている人に営業をオススメする理由3つ

営業職への転職は大変そうですね…。
怖がることはありません。
なぜなら、夜職の方にとって営業は非常に向いている昼職だと言えるからです。ここではその理由について3つご紹介します。

【夜職経験者が営業に向いている理由1】すでに営業力が培われているから
夜職経験者が営業に向いている理由の1つ目は『すでに営業力が培われているから』です。夜職(キャバクラ)などでは基本的に『指名』があり、この数に応じて給料が多く貰える仕組みになっております。
つまり言い換えると、結果がすべての『完全成果主義』の世界と言えるでしょう。そのため、夜職経験者は昼職に転職する前から自然と営業力を身につけている方が多く、即戦力として活躍できるでしょう。

【夜職経験者が営業に向いている理由2】コミュニケーション能力があるから
夜職経験者が営業に向いている理由の2つ目は『コミュニケーション能力があるから』です。夜職は基本的に初対面の人を相手に仕事を行い仲良くなる仕事。そのため、夜職経験者は上記のスキルと同様に高いコミュニケーション能力を身につけていることがほとんどです。
営業はコミュニケーション能力がないと務まらない仕事なので、コミュ力の高い夜職経験者にとってオススメの仕事だと言えるでしょう。

【夜職経験者が営業に向いている理由3】成果主義に慣れているから
夜職経験者が営業に向いている理由の3つ目は『成果主義に慣れているから』です。上記で説明した通り夜職は『完全成果主義』の世界。頑張った分だけお給料が増える仕組みになっております。実はこれ、営業も同じなんです。
というものの、営業の仕事は『出来高制・インセンティブ制度』と呼ばれるものが導入されているケースがほとんど。そのため、売れば売るほど自分の給料に還元されるという仕組みになっているのです。
夜職経験者がこれまで「完全実力主義」の世界でやってきているので、この仕組みにすぐ順応できますし、成果を出すスピードも早い。以上のことから、夜職経験者は営業が向いていると言えるでしょう。夜職経験者向けに営業に仕事を紹介しているサイトでも、インセンティブ制度について述べております。

営業系昼職ってどんな仕事?仕事内容からメリット・デメリットまでを紹介♡

夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職5選

夜職経験者は営業職に向いているんですね。
オススメの営業職の種類と仕事内容についてもっと教えてください!
簡単にポイントだけご紹介していきますね。
ぜひ、自分の適性とすり合わせ、昼職選びの参考にしてみてください。

【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職1】コールセンター
夜職から昼職への転職を考えている人にオススメする1つ目の営業職は『コールセンター』です。コールセンターはその名の通り、電話を受け取って営業する仕事。大きく分けると、お客様をサポートするインバウンドの仕事と、電話で営業をかけるアウトバウンドの仕事があります。
電話がメインのお仕事なので、体力的にラクな昼職を探している方にオススメの転職先と言えるでしょう。

【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職2】カウンターセールス
夜職から昼職への転職を考えている人にオススメする2つ目の営業職は『カウンターセールス』です。カウンターセールスは自社のカウンターでセールス業務を行う仕事。一番わかりやすい例で言うと、携帯電話の店舗販売ですね。
この仕事は短い時間で顧客のニーズを把握し、ソリューションを提案する必要があるため、広範な商品知識が求められるでしょう。また顧客に不快感を与えない高いコミュニケーションも必要。自分のコミュ力に自信のある方にはもってこいの昼職だと思います。

【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職3】法人営業
夜職から昼職への転職を考えている人にオススメする3つ目の営業職は『法人営業』です。法人営業は企業に対して商品やサービスを進めていく営業です。特徴としては営業のスタイルが転職先によって大きく異なることですね。
例えば、新規顧客の開拓を狙って電話営業する会社、飛び込み営業を行う会社、既存顧客を相手にルート営業を行うなど、会社によって種類は様々です。この仕事は企業相手の営業なので基本的に長い付き合いになる。そのため、人に好かれやすい方にとって非常にオススメの昼職だと思います。

【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職4】個人営業
夜職から昼職への転職を考えている人にオススメする4つ目の営業職は『個人営業』です。
個人営業は個人に対して商品やサービスを進めていく仕事。基本的に訪問して販売するスタイルが多く、保険や不動産の販売などが代表的な業種です。個人営業は法人営業より個の力が必要なので、自分の力に自信のある方にオススメの昼職だと言えるでしょう。

【夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職5】海外営業
夜職から昼職への転職を考えている人にオススメする5つ目の営業職は『海外営業』です。海外営業はその名の通り、海外の会社に対して営業を行う仕事。国内から海外の代理店へ営業を行う場合と、現地に駐在して新たな市場を開拓する場合のどちらかになります。
海外営業職に未経験で転職することは難しいですが、海外留学の経験や語学力がある方は挑戦してみるといいでしょう。運が良ければ採用されるかもしれませんよ。
 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

1. 夜職から昼職に転職する前にやっておくこと3つ
2. 夜職から昼職への転職を考えている人に営業について語る
3. 夜職から昼職への転職を考えている人に営業をオススメする理由3つ
4. 夜職から昼職への転職を考えている人にオススメの営業職5選

以上です。
最後まで読んでくださりありがどうございました。

皆さんの転職活動を心から応援しております。

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center