2021.04.01

キャバクラからweb系エンジニアに転職した話

こんにちは!昼ジョブ編集部の高橋です! いつも昼ジョブの昼職コラムをご覧いただき、ありがとうございます。 今回は夜職のキャバクラからwebエンジニアの昼職に転職したYさんにお話を聞いてきました! 夜職から昼職への転職を考えている方、エンジニア職に興味のある方、ぜひ参考にしてみてください! それでは!Let’s Start!

夜職のキャバクラからwebエンジニアの昼職に転職

(ライター:高橋) Yさん、昼ジョブ編集部の高橋です!
まずは、夜職から昼職へのご転職、おめでとうございます!
(Yさん)ありがとうございます!!!
Yさんはキャバクラからwebエンジニアに転職されたとのことですが、
実際に働いてみてどうですか?
大変なことも多いですけど、
精神的にすっごい楽でビックリしてます!!!
そうですか!
やっぱりキャバクラだと精神的な負担が大きいですよね。
そうなんです。
やっぱりキャバクラって、接客業だし
お客様に私を選んでいただかないといけないので精神的に大変でした。
お店でドレス着てキラキラしてるだけでは売り上げは上がらないですもんね
そうですね、
やっぱり日頃からお客様とこまめに連絡をとったり、気を遣うことが多いので、
今思うとキャバ嬢ってとっても大変なお仕事だったなって実感してます。笑
振り返ると気づくこともありますよね!
そんな精神的な疲労から昼職への転職を考えられたんですか?
はい。
正直に言うと、毎日更衣室に張り出される売り上げランキングに一喜一憂したり、
売上額に自分の精神が左右されるのが1番しんどかったです。
キャバクラは売り上げ至上主義ですもんね、、
お店も売れてる子と売れてない子への態度が全然違うんです。
あと、やっぱりやるからには上位を目指したいんでどうしても気になっちゃうんですよね。
1番取れたらめっちゃ嬉しいけど、そんな日ばかりではないので、、、
競争の毎日はしんどいですよね、、、
しんどかったですね、、、
5年くらいキャバ嬢やってたんですけど最後の方は疲れ切ってました。。
体力的には心配はなかったんですか?
けっこう体力には自信あるんですけど、
やっぱり売り上げをあげるために同伴とかアフターとか頑張ってたので
そうゆう日が続くとどうしても体力的にしんどいときはありました。
キャバクラはお客様次第で睡眠時間とかも変わりますもんね

どうやってキャバ嬢からエンジニアになったの?

Yさんは20歳から25歳までキャバクラで働いてたとのことですが、
エンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください!
たまたまお客さんにエンジニアの方がいて、
その方のお話を聞くうちに興味を持っていったって感じですかね。
なるほど!
エンジニアって技術職なのでそう簡単に転職できるイメージがないのですが、、
そうですね。転職する前に自己学習みたいなのが必要です。
自分でポートフォリオっていう疑似サイトを作ったり、
プログラミングスクールに通う方もいます。
未経験OKの求人もありますが、
全く知識がないと仕事になれるのが大変なのと、
自分が本当にエンジニアに合ってるのかわからないのでまず勉強するのがおすすめです!
Yさんの真面目な性格が出てますね!
そうですね、意外と根は真面目みたいです笑
Yさんはどうやってエンジニアの勉強をしたんですか?
まずは自分で調べながら勉強を始めました。
やってみると意外と楽しくてどんどん興味が湧いてきたんです。
そこでエンジニアのお客さんに相談したら研修をしてくださることになり、
そこでいろんな言語を勉強することになりました。
なるほどー!
知り合いにエンジニアがいない方でも自己学習で大丈夫ですか?
大丈夫だと思います!
私はとりあえずいろんな言語の知識がほしかったので研修に参加しましたが、
自分で作ったポートフォリオを持って転職すればいいと思います!
エンジニアになりたい方は
まず自分で調べながらポートフォリオを作成すればいいんですね!
そうですね!
キャバ嬢からエンジニアってあんまりイメージないですが、
調べてみるとちらほらいたりするので面白いですよ!
【自己紹介がてら】キャバ嬢がエンジニアになろうと思った経緯を話す

エンジニアとしてのやりがいと大変なこと

エンジニアとして働いている中で感じるやりがいはどんなことがありますか?
そうですね、やっぱり依頼内容通りの作品が完成した時ですかね。
どんなサイトや機能であっても
どうやって実現するか?
どういう風にするのが最前か?
と考えながら作っていくので、完成した時は達成感が大きいです。
なるほど〜!
では、エンジニアとして働いている中で1番大変なことはなんですか?
たくさんあります笑
思い通りに作業が進まないことももちろん大変ですが、
1番はコミュニケーションですかね。
エンジニアって無口で黙々と作業しているイメージが強いと思うんですけど、
コミュニケーションが意外と重要だったりするんです。
たしかに作業中は皆集中してやってますが、
どういう作品にするか?
役割分担など話し合いをする場面もあります。
そういったときにうまく意思疎通ができてないと
作品がうまくできあがらなかったり、
時間をかけてつくったものがやり直しになってしまったりするので大変です。
確かに静かに作業してるイメージは強かったのでコミュニケーションが大変っていうのは意外でした!
そうですね、
エンジニアにはいろんな人がいて、
コミュニケーションが得意な方ばかりではないので苦労することもあります。
なるほど!いろんな人がいるんですね!
そうですね、キャバクラ時代と比べるとそこが1番の違いかもしれないです笑
たしかに!キャバ嬢はコミュニケーションが得意な人が多いですもんね!
そうですね!
そういった意味ではキャバ嬢時代にさまざまな業種の方とお話してたのでいまの仕事にも活かされていると思います。
関連記事
FILE31 風俗嬢からIT会社のエンジニア職の昼職に就職!

エンジニアとして将来やりたいこと

Yさんが今後なりたい将来のビジョンはありますか?
はい、私は将来自分で事業をやりたいと思っています。
自分の興味のある分野のwebサービスを自分の力で作り上げたいんです。
事業!かっこいいですね!
そんなことないです笑
web業界は結構新しい会社が多くて、
サービスしだいでは急成長できるマーケットだと気づいたんです。
いまはまだまだエンジニアとして一人前になるために勉強が必要ですが、
将来の事業を考えながら仕事するのが楽しいんです!
なるほど!
ちなみに、どういう事業をやりたいんですか?
まだ明確には決まってないんですが、
旅行系の事業がいいな!と思っています。
私は旅行が大好きなので、
なにか旅行の時にユーザーに役立つサイトを作りたいです。
将来のビジョンまで見据えていてすごいですね!
最後に、夜職から昼職に転職したい人に向けてメッセージをお願いします。
エンジニアだけじゃなくて、昼職にはいろんな仕事があります。
自分の興味のある仕事の求人を調べてみるだけでも
将来のイメージが広がると思うのでまずは調べてみてください!
Yさん、本日はありがとうございました!
ありがとうございました!

昼ジョブドットコムは

  • キャバ・風俗などの夜職経験者大歓迎!あなたにあった昼職への転職をご紹介!

  • 初めての昼職転職でも安心♡無料で社会人研修が受けられます!

  • 昼職を知り尽くしたエージェントがあなたを最初から最後まで転職を全力でサポート!
    履歴書や写真も、一緒にご用意します。

求人例

無料

\今すぐ登録してLet’s昼職転職/

この求人を紹介してもらう
tokyo career center